<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 楽しみは釣果だけではないのだ。 | main | 着水前に、スプールを止める。 >>

毎日釣りモードに突入か?

この季節になると朝、早くに目が覚める。

淀川のゲートは9時に開く。

 

急げば間に合う。

車の外気温は26度を示している。

 

 

期待してもいいんじゃないか?

事務所により、2〜3オンスのルアーを投げるための

 

ロッドとして開発したグラスロッドを持ち出した。

 

 

水辺には糸状の藻が打ち寄せられていた。

沖合の杭にラリーチョッパーを投げた。

 

ゆっくり引くと小さなやる気のないバイト。

「まーだだよー」と言われているようで、

 

その後もそのようになった。

 

 

サンプルのロッドは黒のスレッドだけで巻くことが多い。

 

黒だけで手つくりのガイドは、かっこいいな、と

見とれました。

 

後ろ側からの写真です。

 

矢野シルクラインの矢野さんがお願いしていた

ハットを持ってきてくださいました。

 

頭がでかいものでXLサイズをお願いしていたのです。

嬉しいですね。

 

本当に手間のかかるシルクラインを作る人が考えた

ハットです。

 

ありものにタグをつけるだけで売るような行為をできるはずがありません。

疑問を持ち、歩き回って作ったに違いないのです。

 

その時間にお金を払うんですね。

製品が魅力的であることは当たり前です。

 

ハットは30枚か、40枚か、持っています。

今更買うなら気持ちのいい理由が欲しい。

 

矢野さんの話をたっぷり聞いて満腹でした。

 

 

あこがれ続けたトーマス&トーマスの

キャスティングロッドをついに手に入れました。

 

イラストで存在があるようだ、という知識は

ありました。

 

実際に存在するのかは確かめるすべがなかったのです。

トーマス&トーマスはフライロッドの名門ですからね。

 

ルアーロッドの情報は極端に少ないのです。

ようやく出会えました。

 

幸せ。

 

SILJE NERGAARD - Be Still My Heart

1990年ごろ日本名、セリアという名前で

デビューしたはずです。結構気に入って聞いていたことを

思い出しました。

今日、適当にituneを流していて再会したのです。

いまだにこういうのが好きなんですねー。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store