<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 淀川ゴミアップは6月2日(日) です。 | main | バスにカヤックを引かれる快感! >>

投げるだけでも楽しいのです。

バイクが好きな時代がありました。

仲間は走り屋さんが多かったのですが、私は

 

ツーリングでよかったのです。

バイクを走らせるだけでよかったのです。

 

同じ移動するだけなら車のほうが楽なのです。

でも、バイクだと移動している実感が得れるのです。

 

自分の体の下にエンジンがあり、その内部で起こる爆発するパワーが

チェーンを通じで後輪を回すのです。

 

 

トップウォーターの楽しさも同じなのですね。

バランスの取れたタックルでルアーを投げると、

 

気持ちいい。

ロッドが曲がって、その曲がりがまっすぐに戻ることによって

 

ルアーを放出させ、放出されたルアーがラインを引っ張り、

スプールを回すのです。

 

タイガースファンに

 

そのスプールが開店する様子が親指を通じて

感じられるのです。

 

品番が素敵!

 

そんな単純なことが楽しいの?と思われるかもしれません。

私、ゴルフをしていましたが、よく練習場に通いました。

 

みなさん、ボールを前に飛ばすだけに何時間を使い、

何千円も払うのです。

 

いま、はやりのトレッキングなんて、歩くだけです。

カヤックだって、こぐだけで十分に楽しいのです。

 

そう比較していくと、釣り人がずいぶんと贅沢な状況を

求める人たちであることがわかってきます。

 

まぁ、私は、釣り人であり、贅沢でいいと思っています。

静かな贅沢でしょうか?

 

 

トップウォータープラッガーの柴田 知佳子さんの

作品展が開催されます。

 

シリアスな作品ばかりなのですが、タイトルがたいてい、

硬いものを連想させるものがおおいのです。

 

釣り人だよなぁ、と勝手に思ってしまうのですね。

 

BOBBY HEBB - SUNNY.LIVE

 

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store