<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日、私のバスはいなかった。 | main | みなさまのお役に立てますように。 >>

2019年のラリーチョッパー、明日、発売です。

平成最後のラリーチョッパー、

明日、SHOPさまに発送します。

 

お客さまが手に触れることが出来るのが、

明後日になります。

 

 

昨日、何とか魚の画像を発表したい、という

試みは無駄に終わりましたが、ラリーチョッパーの

 

品質が変わるわけではなく、皆様の手によって

いい魚の思い出を作っていただきたいと思います。

 

 

トップウォータールアーに必要な要素に

視認性というものがあります。

 

1oz程度のルアーが面白いのは、使っている感が

強く感じられること。

 

引き抵抗であったり、アクションがはっきりと目で確認できる

ところがいいのですね。

 

でも、ルアーが見えないと効果は少ないものになってしまいます。

藤原雄一は白が一番よく見える、といいます。

 

黄色とか赤とかが見やすいと思うのですが、夕方になり光量が減っていっても

白が一番よく見える。

 

だからブライトリバーの白が定番カラーに入っているのですね。

 

 

昔から黒は、釣れるカラーとして人気があります。

しかし、視認性という部分では劣っています。

 

淀川ブラックは、魚からみれば、真っ黒。

人から見れば、はっきりルアーの居場所がわかるようにしているのです。

 

ブラックバスは色盲だから、色は何でもいい、という方もいらっしゃいます。

ものつくりは何でもいいからは生まれない。

 

ラリーチョッパーは何度も作ってきたルアーです。

一番、カラーを考えたルアーであるといえますね。

 

 

Renée Diggs - If You Still Want Me 1993

ソウルミュージック系の女性歌手は、歌の合間の

ウーとか、アーとかのセンスで好みがはっきりと

分かれるんですね。アレサ・フランクリンは私には

きつすぎる。いい悪いではなくて好みなのです。

スターポイントというグループで頑張っておられたこの方は

相当に私好みなのです。アルバムが一枚しかないのです。

もっと発売してほしい方です。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store