<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春が始まりました! | main | インフレータブルカヤックの新しい形。 >>

キャトル、増産中!

本日、キャトル2523 T-KWSGガイドモデルが

出来上がりました。

 

毎年のようにロゴやスレッドパターンを変えたイヤーモデルを

発売していたキャトルですが、ホワイトロゴが気に入っており、

 

しばらくこのままで作り続けることにしました。

 

QUATRE#2522,#2523,#2523plus ホワイトロゴ

 

欠品していたモデルや、在庫の薄くなったモデルを

追加生産中です。

 

 

キャトルボロンやラストボロンのような特別モデルに目が行きがちですが、

定番は作り続けてきたノーマルのキャトルなのです。

 

 

作り続けられているということは、評価されているということです。

問題と思える部分も出尽くしています。

 

安心して使っていただけるモデルとも言えるでしょう。

たくさんの種類があって迷うかもしれませんが、自分にぴったりのモデルと

 

出会えた時のうれしさは釣りのレベルを一気に高めてくれますよ。

 

 

私がトップウォーターにはまったのは、キャスティングの面白さに

目覚めたからでした。

 

ロッドによってキャストの精度がまったく違うのです。

それまでキャストが決まらないのは自分のせいだと思っていました。

 

この体験があるから執拗にロッドにこだわるし、グリップにこだわるのです。

 

 

タックルは好き嫌いだけで選んでください。

ブライトリバーの製品なら間違いがありません。

 

私や藤原雄一の顔が、どうしても嫌、という方は仕方がありません。

 

Arturo Sandoval and the United Nations Orchestra

いまこそ、パワーを!

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store