<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今年はグラスファイバーに注目しています。 | main | 黒は黒だが求め続けた黒なのだ。 >>

ラリーチョッパーのプロペラのこと。

ロッドの話ばかりで、ルアーの話はないのか!

という方のために今は当たり前になってしまった

 

ラリーチョッパーのプロペラの話をします。

 

 

ブライトリバーとして初めてのWスウィッシャーでした。

力が入らないわけがないですよね。

 

やはり今まで、やったことがないことに挑戦したかった。

それはバスベイトのサウンドを出すプロペラ作りでした。

 

 

サウンドはもちろん、強度や耐久性も欲しかった。

そこで考えたのがボックス構造(勝手に呼んでいます)です。

 

それまでは一枚の板から抜いたものを曲げていました。

厚さやひねりで特徴を出していました。

 

ただ、使っていると曲がってくる。

仕方がないとしても、出来るだけ曲がりにくくしたかった。

 

だから、立体的な構造にして剛性を高めたのです。

 

 

素材も考え抜きました。

真鍮のポロポロするサンドも好きなのですが、

 

重くなるし、素材を薄くすれば弱くなる。

硬度の高いアルミ素材を選びました。

 

さらにアルマイトメッキをかけて補強したのです。

 

 

金型代が倍になってしまうのですが、フロント側と

リア側のプロペラのひねり方向を逆しました。

 

さらに金型代がかかるのですが、プロペラにブランド名を

入れました。

 

お金がないころで、ルアーが売れないとパーツ代を払えないという

綱渡り状態でのスタートだったのです。

 

でも、いいルアーに仕上げるためにはプロペラだけでは足りませんでした。

強度のあるヒートン。重さのあるワッシャーなどを作る必要がありました。

 

いいサウンドを響かせるためには、ルアーを引いているときの姿勢が大切なのです。

長く作っているルアーですが、ウッド素材を変えたり、ステンレス素材のリグを

 

アルミ素材に変えたり、ウェイトの素材を真鍮からアルミに変えたり見えないところで

次々と変えていっております。

 

次に出すラリーチョッパーはどう変わっているのでしょうか?

まぁ、見た目ではわからないと思いますが。

 

 

 

Jeff Bradshaw - "All Time Love"

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store