<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 青島でカンパイ! | main | ベーシックは常に意識すべきもの。 >>

ラストボロンの予約受付を終了しました。

青島に行っているうちにラストボロンの予約が

えらいことになってしまって、私の頭も

 

えらいことになってしまい、予約受付を終了しました。

やはり、一気に5機種発売は無理があったのでしょうか?

 

ロッドの組み立て工房さんとの打ち合わせも

何を優先していいのやら、大変な状況です。

 

 

でもでも、ロッドサンプルは次々と出来上がってきます。

昨日と今日で5種類届きました。

 

上の写真はビキニの2ピースモデル。

ジョイント方式が私の好きなオーバーフェルールジョイント方式。

 

現在で、このジョイント方法を採用するメーカーを思いつきません。

おそらく知らないのでしょうね。

 

いまは、技術があがり、どのジョイント方法を採用したからと言って

特に問題が起こるとは思えません。

 

しかし、私はロッドのテーマに沿って、使い分けたいのです。

また、私が依頼しないとブランクメーカーから、この技術が消えてしまうかも

 

しれない。

メーカーはそれでもいいのかもしれないが、私は困るのである。

 

だから、定期的にお願いすることにしている。

ビキニはクラシカルなイメージですからね。

 

伝統的なジョイント方式を採用するのです。

まぁ、テストは、これからですが・・。

 

 

クレビス1501-3用のロッドケースが一瞬で完売してしまいました。

追加をお願いしたのですが、ロッドケースを作ってもらっている

 

キネヤさんから5ピースのものは、いらんのか?と。

入らないと決めつけていた私。

 

製作者によると入るらしい。

試してみると確かに入りました。

 

スピニングモデルでも入れることが出来ました。

5ピース用も製作決定です。

 

ピッタリ!

 

携帯電話が鳴って質問があるんですけど・・・、と。

五十鈴のペスカトーレがロベルソンのレジオングリップに合わせることが

 

出来ますか?と。

なんでオレに聞くねん!

 

 

メンドクサイのかキネヤのトラウトグリップがパーツで

届き、藤原君に組み立てていただきました。

 

ずっと在庫がなかったので嬉しいですね。

 

 

白い雌ライオン (創元推理文庫)

ヘニング・マンケルはスウェーデンの推理小説作家です。

厳しい自然の地域の人だからでしょうか?

仕込みが広く深く多彩です。

半分ぐらいまで関係のないような物語が続き

退屈しそうななったころ一気に動き始めます。

もう息もつけないぐらい。

花粉症の私はやばいですわ。

 

Kovács Kati - Az eső és én feat. Szabó Gábor

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store