<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パスポート#2572の発売を始めました。 | main | 『Rod and Reel』の出版社、地球丸が破産 >>

いい仕事『PRADCO CONCEPT BOOK 2019』

どなたが企画されたのかは、知らないのですが

いい仕事をされたと思います。

 

今年のフィッシングショーのスミスさんのブースで

『PRADCO CONCEPT BOOK 2019』が販売されました。

 

スミスさんのカタログとは別に販売されたのです。

 

『PRADCO CONCEPT BOOK 2019』

 

私の世代であれば、なじみ深いルアーメーカーであっても、

そのメーカーの成り立ちは知らないことが多いのです。

 

スミスウィック、コットン・コーデル、フレッド・アーボガストなど、

知らなかったストーリーが紹介されています。

 

珍しい写真なども紹介され、アメリカンルアーズ好きには

たまらないカタログとなっています。

 

元気、出ますよ。

 

 

アメリカにアル・フォスというルアーブランドがありました。

金属製のルアーを作っていたメーカーです。

 

このブランドも、いい仕事、しています。

金属加工のデパートと知っていいほど、多彩な技を使って

 

ルアーを作っています。

 

 

今の時代では、ありえないほど手間がかかったルアーです。

トラウトの世界では、ハンドメイドでスピナーを作る人も

 

現れていますが、ぜひ、アル・フォスを注目していただきたいですね。

 

 

メップスやルブレックスは、もちろんいいルアーです。

でも、スピナーの回転を抑える工夫ばかりで、それ以上に

 

発展したものがない気がします。

スピナーがアクションしてもいいはず。

 

出来ないから世の中にないんじゃないか!と言われるかもしれません。

でも、試したの?と聞きたい。

 

これは批判じゃない。

誰かにやってほしいのです。

 

お前がやれ?

 

私は、ブラックバスをトップウォーターで釣りたい!

 

 

Japanese Breakfast - Jane Cum (Official Video)

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store