<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オーバースペック! | main | いい仕事『PRADCO CONCEPT BOOK 2019』 >>

パスポート#2572の発売を始めました。

取扱店様向けの資料を作っていて、ふと思ったのです。

いったいパスポートはいつから発売しているのだろう?と。

 

ブランクメーカーに出した注文書が残っていて

2009年でした。

 

ブライトリバーの創業が2008年ですから翌年には作っていたんですね。

当時の広告資料も出てきました。

 

 

現在は藤原君や協力デザイナーに作ってもらうのですが、

当時は私も作っていたんですね。

 

恥ずかしい。

 

しかし、10年作り続けられているって幸せです。

求められなければ作りませんからね。

 

私自身、出張に持ってくのがパスポートなのです。

いつでも釣りができる、という状態でいたいのです。

 

遠慮なく使える耐久性も自慢です。

 

 

FS-50Aを作った際のパーツが残っておりました。

 

さーて、どう仕上げようかなぁ?

 

 

疲れたら古いルアーをみて勇気をもらうのです。

写真はBleeder Bait。

 

お腹から赤い血のような液体を流れば、

絶対釣れるやろ!というアイデアを実現化したルアーです。

 

 

フックには絶対外れないやろ!とツッコミをいれたくなるような

ウィードガードがついています。

 

実際に売られていたものですが、釣り人から文句が

出なかったのでしょうか?

 

 

疲れた時の逃避場所。

本業に関係のない釣り道具を作るのです。

 

今日はガイド位置を決めました。

おそらく伝統的なフライのあり方とは、遠いところに

 

あるフライロッドです。

私が気持ちよければ、それでいい、というコンセプトですから、

 

ガイドの大きさも、その位置も変わったものになっているかも

しれません。

 

ブラックバスから見たら、どうでもいいことでしょうし、

これでいいのだ!

 

I Want You Back / Let's Get It On - Sean Watson & Gabe Fleck

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store