<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小さな伝統を守るのだ。 | main | オーバースペック! >>

春一番はディヴィノス兇如

嬉しい写真が届きました。

 

春一番は42センチ

信頼と実績のディビノス

こんどはステージ2

12年ぶりの2月バス

 

 

うれしさ爆発ですね。

ペンシル好きを突き通して引き寄せたナイスフィッシュ。

 

絶対に忘れない1匹ですね。

 

サトリ3603

 

こういう写真を見ると昔話をしたくなります。

下の写真が人生を変えた一匹です。

 

これは恥ずかしい!

素人時代の1月9日。
 

1994年1月9日。ギルモアで1匹。

この後、2月5日にもブラックバスをトップで釣りあげ

 

会社を辞めようと決めました。

まさしく常識をぶっ飛ばす2匹のブラックバスだったのです。

 

 

ショップのオーナーさんと欲しいもので、あーたらこーたら電話です。

いつもの釣りがもっと豊かな気持ちで楽しめるようなもの。

 

ワクワクする気持ちが高まるようなものを生み出したいのです。

それは釣り道具だけではなくて、ボートで使う椅子でもいいわけです。

 

こういう時、私は古いカタログを開きます。

今日は、LL BEANの1952年カタログです。

 

 

やはりヒントが出てくるのです。

古いものは、シンプルな方法で作られています。

 

だから出来そうな気がするのですね。

実際にやってみて大変さを知ることになる場合が多いのですが、

 

失敗しても、いい思い出にはなるんですね。

思い出は、いいもんですよ。

 

 

『かぞえきれない雨』 憂歌団

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store