<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 裏稼業(Clevis)が忙しいぞ。 | main | どんどん変えちゃえばいいのです。 >>

皆さんに勧められて映画鑑賞。

普段は勧める側の人だと思っているのですが、この映画だけは

普段、映画を見ないような人から何度も勧められたのだ。

 

ようやく朝いちばんのロードショーを見ることができた。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

 

泣きましたね。

クイーンは知り合いの大念寺君が好きだという程度の

 

情報しか持っていませんでした。

クイーンが活躍したころは、田舎にいたころで私の周りには

 

ロックはなく、長渕剛とかチャゲ&飛鳥などを聞いていた気がします。

その後、大学でJAZZと出会い、必死にジャズマニアになろうとしていました。

 

ロックと出会うのは社会人になってからで、そのころにはフレディー・マーキュリーは

亡くなっていたのです。

 

映画のエンディングで涙が止まらなくなっているころ、隣のおばさんの電話が鳴り、

話し声が聞こえてきました。

 

5年前の私なら「いますぐ話をやめろ!」と叫んでいたでしょう。

今回は、ぐっとこらえました。

 

大人になったものです。

完結するはずだった感動を返してほしいものです。

 

アウトサイダーズ 大自然を旅して生きる

 

映画館に行く楽しみは本屋さんに行く楽しみにつながります。

未来書店という大きな書店があるのです。

 

アマゾンでも本が買えるし、安いユーズド品を探すこともできます。

しかし、本屋さんには、かえ難いものがあるのです。

 

知らない本との出会いはもちろんです。

それ以上に大きなものは、同じテーマの本を比較できることです。

 

オフザロード まだ見ぬ場所を探す旅。冒険、車、そして人生

 

同じテーマの本であっても説明の仕方が違います。

図やフォントの使い方が違います。

 

自分の好みと合わない本は結局、読みません。

読もうとする気持ちになる本を選ばないといけない。

 

アマゾンなどは、読んだ人の書評を見ることができます。

これが自分の判断を濁らせます。

 

事実を斜めからしか見ない人は多いのです。

自分の欲しいものを純粋に求めてほしいと思います。

 

ジャパンフィッシングショー

 

知らぬ間にジャパンフィッシングショーという名前に

なっていますね。

 

横浜フィッシングショーですが、私は18日の金曜日に

行くつもりです。

 

出展するわけではないのですが、あいさつ回りです。

 

ヘラブナ特別講座アリ。

 

仕事以外での楽しみは釣り道具が一杯見ることができること。

釣り道具屋さんでは場所の制限があるだけに多くのロッドや

 

リールを並べることができません。

フィッシングショーは、大きな会場ですから日本中の

 

釣り道具が見れる場所といってもいい。

行く価値はあると思います。

 

Fela Kuti - Water no get enemy

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store