<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 昔話は、とっても美味しいのです。 | main | 皆さんに勧められて映画鑑賞。 >>

裏稼業(Clevis)が忙しいぞ。

なんであれ真剣すぎると重くなる。

私はその傾向が強いため、バス釣りタックルの開発には、

 

とくに気をつけている。

それは商品説明においても同じことで、気持ちを込めずに

 

さらりと書きたいと考えている。

 

 

クレビスというのは、私が考えるトラウト用品を扱うブランドである。

まだ、ロッドしかないのであるが、他社が手掛けない、私がやらねば

 

商品化されないようなものを作りたいと思っている。

昨年の終わりごろに3ピースのベイトロッドを発売したのであるが、

 

なんと完売してしまった。

驚いたのは、私で一生かけて売ればいいや、と発売したのだ。

 

 

今日、追加生産したブランクが出来上がった。

白いUDグラスと4軸カーボンの組み合わせは、複雑な構造のため、

 

ウルトラライトロッドはできないだろうと考えていた。

しかし、天龍の開発チームが不可能を可能にしてしまった。

 

着色したわけではなく、素材色で特徴を出したロッドなのだ。

だから自然だらけの渓流で写真を撮っても違和感がない。

 

これは大切なことで、光りすぎたり派手すぎる釣り道具は、

自然の色合いとの調和が見られない。

 

また、魚よりもタックルが目立ってしまうことになる。

人それぞれでしょう。

 

でも、私は好きじゃないのだ。

 

 

クレビスも、なんのことはない。

私のロッド好きが生み出したものだ。

 

自分が経験する釣りに使う竿は自分で作りたいのだ。

渓流に入るときのロッドも他社のものを使っていたのであるが、

 

完全な満足に至らない。

ロッドアクションがよくても、色や質感やロゴのイメージが

 

好きになれないと満足できないのだ。

 

マス釣りの経験が少ないのじゃない?と聞く人もいますが、

ロッドつくりの経験では負けませんので問題ないのです。

 

Beth - Rain on me

最近の活動が見えない彼女。

どうしているのかなぁ?

新作を聞きたい。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store