<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 僕らには水が必要なのだ。 | main | 裏稼業(Clevis)が忙しいぞ。 >>

昔話は、とっても美味しいのです。

昨日に続き、酔っ払ってのブログです。

 

 

吉田幸二さんが、来られるというので

お昼の3時から「きよみ」で待機です。

 

 

吉田幸二さんほどの大物が来られると

適度な言い訳になるのですね。

 

連休最終日にも関わらず、古い仲間が集まりました。

 

 

吉田さんとは24年ほどのお付き合いになると

思うのですが、釣りよりも飲み屋での付き合いのほうが長い気がしますね。

 

集まったメンバーも同じぐらいからの付き合いです。

だから、昔話がリンクするのです。

 

だから、笑いが絶えません。

もう、だれが何をしゃべっても面白い。

 

吉田幸二さんの魅力ですよね。

釣りから入った付き合いですが、それだけじゃない。

 

さらに終わりもない。

次は神戸で集まろう、と。

 

きよみのソバメシ、うまい!

 

吉田さん一行は、武田栄くんのライブに行きました。

私は仕事が残っているので事務所に帰るつもりでしたが

 

すでに酔っぱらってしまって仕事ができると思えません。

「とり達」さんに寄りました。

 

 

とり達さんを営む西尾さんは、とり平さんで修業をした

料理人さんです。

 

先代の時代の右腕であった方。

同じ材料であるのに、西尾さんの焼き鳥はパンチのあるもので、

 

西尾さんの立つ店にいくファンは多かったのです。

久しぶりの西尾さんの焼き鳥は、以前のパンチに加えて

 

深みが増しているように感じました。

これが本当の西尾さんの味なんだ、と。

 

次は酔っぱらう前に訪れようと思いました。

 

Snowy White - Bird of Paradise

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store