<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 年末年始は思い付き。 | main | 冬こそディビノス!? >>

ウッドグリップの手入れ方法について。

SSサイズのウッドグリップを買っていただいた

お客様からの問い合わせがありました。

 

メンテナンスは家具用メンテナンスオイルでいいの?

というもの。

 

長く使うとこすれる部分が白くなる。

 

そのまま製作部の二人に聞いた私が悪かった。

親切丁寧に教えてもらうのですが、丁寧で詳しすぎて

 

話が終わらない。

こうでなければならないと、私が叱られているような感じ。

 

いやぁ、勉強になりました。

しかし、お客様は専用の設備もないし、業務用のワックスが手に入る

 

わけでもない。

普通にホームエンターで手に入るものを探してもらいました。

 

大阪のターナー色彩さんのものと東京のニッペさんのものを

紹介します。

 

どちらも2千円程度のものです。

 

ターナー色彩 アンティークワックス Antique Wax ターナー クリア

 

もともと当社のウッドグリップは、樹脂をしみこませているので

傷が入った程度でそこから水が入るわけでもなければ腐食が始まるわけではない。

 

ただ、手入れをしたいという気持ちは十分に理解できます。

磨くとツヤが出て、グリップが喜んでいるように感じる。

 

嬉しい瞬間です。

 

ニッペホームプロダクツ:VINTAGE WAX 木部用ワックス塗料 クリヤー 160G

 

紹介したワックスは手に入りやすいほうを選んでいただければ結構です。

ワックスをクロスにつけてグリップに塗り込んでください。

 

オイルではなく、ワックスを選ぶのは、全体をコーティングさせたいからです。

オイルでは、すぐに流れてしまうのですね。

 

分厚く塗る必要はありません。

薄く塗り、磨いてください。

 

 

上のセミダブルグリップは10年ほど使っているものです。

一時は白っぽくなっていましたが、ワックスを塗り込み

 

復活させました。

 

新品。

 

天然素材のグリップは、きれいなままで使いたいという

気持ちは理解できます。

 

でも、使い込んで、少し、かさついてきたらワックスを

塗り込むことでツヤを復活させる。

 

この時のツヤは、買ったときのツヤとは違うもの。

そのグリップを使ってきた時間が蓄積しています。

 

より味わい深いツヤになるのです。

 

 

N'Kenge Sleep Alone  I Don't Want To Sleep Alone

日本では無名かもしれませんが彼女は

現役のブロードウェイスターです。

レコーディングは、まだ慣れていないようにも

感じますが、実力は本物です。

バックでDAVID T WAKERがギターを弾いており、

その部分も気になるところなのです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store