<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小さなパーツがかわいいのです。 | main | あと、一匹、釣りたいなぁ。 >>

Hector,あとは発送するだけ。

何度もピンチがあったのですが、予定通り

明日、19日に発送できることになりました。

 

 

ヘクターは水面ぎりぎりの状態で浮くように

セッティングしたルアーです。

 

ボディーは揺れず、前後のプロペラが回るだけの

ルアーです。

 

 

前のプロペラが水面から出てしまうようだと

引くスピードが速すぎます。

 

前のプロペラが水中で回るスピードで引いてください。

この、あまり見ていても楽しくないアクション(?)は

 

すべて活性のさがったブラックバスを脅かせないためです。

プロペラを音もなく(小さく)回転させるのは、ブラックバスの

 

関心を引くためです。

これからの季節はブラックバスとの我慢比べ。

 

Hector、お役に立ちますよ!

 

 

クレビス用のフェルールができました。

アルミフェルールは、各サイズ、たっぷりと在庫を

 

持っています。

なぜ、わざわざ作るのか?

 

クレビスは、マス釣りに関係する道具に使う

ブランド名です。

 

ロッドつくりをしていて、いつも気になる部分が

アルミフェルールでした。

 

バットの太さが8mm以内ものであれば、インロッドフェルールが

使えます。これだと気になりません。

 

問題はバットの太さが8.3mm以上になるグラスロッドです。

これまで販売されてきたアルミフェルールは、バス基準なのでしょう。

 

肉厚は1mm以上あり、穴の深さも30mm以上あります。

日本の渓流で釣るイワナやヤマメなどを釣るロッドにそこまでの

 

強度がいるでしょうか?

ですので、肉厚を薄くし、穴の深さも浅くしました。

 

だからといって、現場で折れるようなことがあってはいけません。

少しだけの変更です。

 

少しの変更ですが、きゃしゃなイメージのトラウトグリップになどに合わせた時の

違和感がなくなります。

 

フェルールが目立ちすぎるという違和感が少なくなっています。

 

誰も気にしていませんよ、って?

私が気になるのです。

 

 

ビヴァークの井上君がサコッシュを

作りました。

 

鞄の専門家が作るのとこうなるんですね。

シンプルだけど、手が込んでいます。

 

ずいぶんと考えたんでしょうね。

 

 

みかんの美味しい季節になりました。

大好き、というわけではないのですが、

 

SSサイズは別です。

美味しいです。

 

なかなか流通しないのですが、毎年、くださる方がいて

ありがたいなぁ、とパクパク。

 

Odia Coates - I'll just keep on loving you

彼女は1枚しかオリジナルアルバムを出さなかったのです。

CD化されておらず、LPで聞くしかないのですが、

Youtubeで見つけて幸せです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store