<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しいことが出来るかなぁ? | main | 小さな会社がいろいろやるには手を使うしかないのです。 >>

キネヤのスピニンググリップ、間もなく発売です。

完全ハンドメイドのスピニンググリップが

入荷しました。

 

これから藤原雄一のチェックに入ります。

価格は税抜¥22,000円です。

 

 

キネヤさんの言によれば、見た瞬間に

欲しくなるグリップを目指した、とのことです。

 

キネヤのプレート

 

ですから何も言う必要はないのかもしれません。

しかし、おしゃべりな私は説明してしまうのですね。

 

全長20cm

重さは58グラム(個体差はあります)。

 

上下でリングの幅が違います。

 

金属部分が多く見えますが、実は軽いのです。

このあたりはキネヤ・マジックですね。

 

 

徹底的に無駄を排除したコネットシステム。

軽さにも貢献しています。

 

白いコネットは、ヘッドキャップの奥まで差し込みます。

パチンと安定するところがあるのです。

 

この構造によって、コネットがグリップ内部に押し込まれることを

ふせいでおります。

 

 

コルクは安いと思っている方。

大間違いなんですよ。

 

コルクは限りのある天然素材です。

ワインを飲む人が世界的に増えている現状があり、

 

コルクの価格は高くなるばかりの状況です。

キネヤさんのグリップつくりは、コルクリングを積み上げ、

 

接着したのち丸くシェイプする製造方法です。

これは手間と時間がとてもかかるのです。

 

このタイプのグリップには銘木を使う人が多いのですが

私はコルクが好きです。

 

コルクの優しい色合いと金属の硬質な風合いの組合せが

いいのですね。

 

10年前、キネヤさんに会いに行きました。

いつかは一緒に仕事をしたいと思ってのこと。

 

ようやくです。

始まったばかりです。

 

Sound

2019年度のカヤックの予約受付を開始しました。

確実に手に入れたい方。

 

まず、予約してください。

お金は手に入れる時まで、かかりません。

 

Gregory Porter performs It's Probably Me

いつも帽子をかぶってて不思議な風貌の彼ですが、

歌がうまいのです。

タメといいますか、間合いの取り方が絶妙に上手い。

味わい勝負の方ですね。

 

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store