<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ふたたび、釣り針の聖地へ | main | なぜ、サトリだけ、次々と変えてしまうのか? >>

スケジュールが、やばい感じです。

なにか足りませんね。

そう、時間が足りません。

 

明日は実家で法事なのです。

 

秋の荒喰いシリーズ!

 

明後日の夜からは石川県へサケ釣りに行きます。

手取川に二日間、立ちこんで1本の杭になります。

 

電話は取れません。

 

 

仕事を再開できるのが11月の15日からとなります。

いろいろとご迷惑をおかけすることになると思いますが、

 

よろしくお願いいたします。

 

 

気になるのは、サトリです。

5ftのサトリの問い合わせが続いておりまして、

 

焦っております。15日に改めて情報公開をしますが、

待てないという方は、お近くの取扱店で予約を入れてください。

 

たくさん作る竿ではないののです。

そんなに売れる竿だと思っていないのですが、私が売れないと思うものは、

 

売れることが多いという恥ずべき実績があります。

 

スペクテイター〈30号〉 ホール・アース・カタログ〈後篇〉

良く知らないくせに「ホール・アース・カタログ」

あこがれていまして、何冊か持っているのですが、

 

英語ですし読むことはないのです。

だから、こういう解説本のようなものが出ると

手に入れるのです。前編と後編があるのですが、

後編では当時の編集に携わった人たちにインタビューしています。

これは貴重だと思いますね。

 

 

Arturo Sandoval and the United Nations Orchestra

キューバから亡命してアメリカに来たトランぺッターです。

テクニックが注目される方なのですが、この熱さがいいですよね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store