<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明日は60up! | main | Satori、間もなく。 >>

泣きたいほど会いたくて。

私にとってバス釣りは特別なもの。

釣り場につくまで、いつも泣きたいような気持になります。

 

もう、会いたくて、会いたくて。

 

だから釣り場についても、走るようにカヤックを運び、

タックルを積み込みます。

 

今日は急流のポイントです。

10回パドルを漕いで、一回キャストが出来る程度です。

 

朝6時から午後2時過ぎまで漕ぎ続けました。

 

 

一匹目をばらしてしまいます。

ブログ写真が欲しくて、ランディングを急ぎ過ぎたんですね。

 

その後、バイトがあっても、のらない状況が続きます。

腕はつかれ、心が折れそうになりますが、

 

私、心の在庫はたっぷりありますから、1本や2本、

折れても大丈夫。

 

12時25分。

木の根っこの下からボッカーンと出てくれました。

 

 

今日はサトリの1604を使ったのですが、パワーのある

グラスロッドは、今日のフィールドにぴったりでしたね。

 

皆さん、重いタックルは疲れると思われるでしょう。

使い方なんですね。

 

フルスウィングしなくても十分に飛んでくれるから

楽なんです。

 

今日のような急流ポイントは、早く、そして小さなモーションで

キャストしたい。

 

この早くが、パワーのあるグラスだと余裕が出るのです。

早くてもコントロールできる速さでロッドが反発するから

 

ピンスポットキャストも簡単です。

ルアーアクションもリールのハンドルを巻くだけです。

 

ロッドはルアーに向けてまっすぐです。ちょっとティップを水面に近づけるだけ。

楽ちんですし、急なバイトにも、対応しやすいのです。

 

そして、ランディングです。

6ftの長さはロッドを立てるだけでフッキングしますし、ロッドを立てておけば

 

バスがジャンプしても余裕をもって対処できるのです。

さらにグラスは長時間使っても疲れません。

 

今日は8時間投げ続けました。

いつもはBORONの6ftロッドを持ち込んでいたのですが、

 

途中で疲れてしまっておりました。

ロッド選びは適材適所ですから、どこでもグラスのパワーロッドが

 

いいわけでは、ないのですが、今日はぴったりだったのですね。

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

ビジネス書を読みまくっても、自分の成長を

感じられなくなって最近は読むのをやめていました。

あまりにも評価が高いので、読んでみたのです。

最近のビジネス書は読みやすいですね。

そして参考になります。

毎日、ブログを書くことが肯定的に書かれていて

嬉しかったのです。

 

10月28日 「磐梯山で登山客死亡」との

記事がありました。

 

28日午後2時15分ごろ、磐梯山の登山道で「男性が倒れた」と、

発見した女性登山客から119番通報があった。

倒れた男性(60)は心肺停止状態で会津若松市の病院に運ばれ、

死亡が確認された。猪苗代署によると病死とみられる。(記事より抜粋)

 

 

本山博之さんが亡くなられました。

釣りがうまい人はいくらでもいますが、新しいもの、

 

新しい概念を生み出す人は貴重です。

その貴重な人材が失われてしまいました。

 

釣り業界は大きなものを失ったのかもしれません。

ご冥福を祈ります。

 

 

CYNDI LAUPER City Hall Park WALK ON BY

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store