<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 明日から北へ。 | main | ストレートタイプのグリップをテストしたりして、 >>

荒雄アングラーズミーティング、楽しんできました。

荒雄アングラーズミーティングを終え、戻ってまいりました。

片道11時間の運転を魚香ロッドのサコウ君がすべて

 

担当してくれました(強制したわけではありません)。

本当に感謝しています。

 

 

まずは、業務連絡です。

10月5日から7日にかけてメールをいただいた方へ。

 

現地からiPhoneで回答したのですが、届いているかどうか

不安があります。

 

ですので、本日、再送信しましたが、返事がないぞ!

という方はご面倒ですが、もう一度、メールを送ってください。

 

 

6年ぶりに参加したイベントですが、随分と

大きく、にぎやかになっていて驚きました。

 

にぎやかというのは熱気なわけでして、

東北の方々はすごいな、と圧倒されたのです。

 

 

6年前は野原が会場で、参加する方々は

フライ関係者のほうが多かったのです。

 

この場所ではフライの方もルアーの方も

関係が良好でとてもいい印象を抱きました。

 

 

今回の目的は、マツモトカズヨシのマス的な

世界をお見せしたいと考えました。

 

私のことを知らない人のほうが多いところで

試してみたかったのです。

 

 

釣りスタイルというものは、どうしても細分化

していくものですが、いい釣り道具というものは

 

共通するものがあると考えます。

いまの流行を知らない私でも道具として

 

必要とされる要素は理解しているつもりです。

 

 

そのあたりをお見せしたかった。

久しぶりにノドが痛くなるまで説明しました。

 

お客様が道具を手放せなくなり、顔が赤くなっていく・・

とても嬉しい時間でした。

 

イベントを準備してくださったスタッフの皆様に感謝します。

 

私の話を聞いてくださったお客様。

ありがとうございました。

 

Sergio Mendes & Brasil 66 - The Fool On The Hill 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store