<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< つらーいお仕事。 | main | 淀川53up、11月18日に決まりました。 >>

専門家は決まった工程しか、しないでしょ?

熱意が出過ぎた文章ってウザいですよね。

いま、ディビノスの話をすれば、間違いなく

 

ウザくなります。

ちょっと息抜きです。

 

ロッドフェルールの加工先は現在、4社ほどあります。

その一つである橋本製作所さんとメッキの話をしておりました。

 

ギザギザ部分のメッキがかかりにくい、と言う話だったのですが、

その手順がすごかったのです。

 

 

フェルールを作って磨いた後の話です。

 

.僉璽張リーナーで洗う。

超音波洗浄機にかける。

6皀屮薀靴覗歃をする。

つ恐伺叛浄機にかける。

ゥ▲襯澆良縮未魴擇溶かす液体に入れる。

δ恐伺叛浄機にかける。

Д薀奪にフェルールをセットする。

╂剤で洗う。

 

これだけの下処理をしてからメッキ工程に入ります。

 

彼は、いまだに試行錯誤をしようとしています。

 

満足していないんですね。

 

メッキの専門業者に任せれば簡単じゃないの?

と思われるでしょう。

 

それは正しいかもしれない。

でもね。

 

お金を払って黒くしていただくだけなら、

何にも発展性がないじゃないと思うのです。

 

一緒に仕事をしている感もないですしね。

 

メッキは劇薬を使う必要があります。

 

ですから規制の緩い海外で作ったほうが、いいメッキが出来る可能性もある。

橋本製作所は、メッキ屋さんではないから、劇薬が使えないのです。

 

その制限の中で最大の効果が出るように工夫を繰り返しているのですね。

私は、かれの、遠回りのような作業の中から新しい発見が出てくるのではないか?

 

という可能性を感じるのです。

 

メッキ専門業者の確実な仕事の方が楽なんですよ。

 

でも、会話がないんだなぁ。

私は会話が欲しいのかもしれない。

 

BLショートハンドル アルミ(PO)ノブ 

 

もう何年も前からオーダーをかけているアルミノブの

ショートハンドルが出来上がりました。

 

まだ、数本だけですが・・。

橋本製作所は、いつも忙しいのです。

 

ディビノスStage2のウェイトです。

 

ディビノスは浮き角度を変えた2タイプを発表しました。

上の写真はたて浮きタイプのStage2のリア側に装着する

 

ウェイトです。

この形状に意味と目的があります。

 

使った人は、「へー」と思っていただきたいですね。

 

Secondline Stage3

 

ペンシルベイトこそ、ラインの違いがアクションに影響します。

いい、悪いではありません。

 

それぞれに違いが出るのです。

在庫切れしていたナイロンラインの14lbが入荷しました。

 

小さなメーカーのくせに、14lb、16lb、20lbのラインアップを

そろえています。

 

14lbをあえて販売しているのはペンシルベイトを扱うためです。

ぜひ、ループノットでペンシルベイトを扱ってほしいですね。

 

強制ではありませんよ。

新しい発見が欲しいと思う方へのアドバイスです。

 

Too many fish

The Marvelettesのヒット曲です。

人を感動させるのはプロだけじゃない、

という映像です。

感動は大げさかもしれませんが・・。

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store