<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 職人さんの覚醒、待ってます! | main | 味わい勝負ならベイクライト。 >>

磨けば光ります。

ブライトリバーのEYESPOTやCHUCKER CLASSICの

シルバーは、丁寧に磨くとこによってアルミ本来の

 

色合いを引き出しております。

10年もこの方法で販売しているため、当たり前のこととして

 

受け止めていただいているでしょう。

しかし、鏡面仕上げクラスにまで磨いて販売したメーカーは

 

無かったのではないでしょうか?

まぁ、それはともかく、この仕上げの良さの一つに

 

磨けば光るという当たり前の事実があります。

 

約10年前に作られたEYESPOT。

 

このたび、たまたま初期もののEYESPOTを

磨く機会がありました。

 

磨いてみました。

 

作られてから10年近くの時間が経っています。

表面は白っぽくなっています。

 

バフで磨くとすぐにアルミ本来のシルバー色が

顔を見せました。

 

左が10年物。

 

バフ設備を持たない一般の方でも、コンパウンドで磨くことで

買った当時の色合いが戻ってきます。

 

これは磨きましょう、と言っているのではありません。

可能性をお伝えしているんですね。

 

なんか、可能性があるって、いいじゃないですか。

 

古くなっていく様を楽しむ人がいていいし、

磨いて楽しむ人もいる。

 

それでいいと思います。

 

 

 

Mark Ronson - Feel Right ft. Mystikal

ネタが切れてきました・・・

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store