<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サービス精神、旺盛です。 | main | 今度は、ちょっと短い。 >>

ブライトリバーはちょっと長い。

私、ガングリップが大好きなのですが、

ブライトリバーのガングリップは、ちょっと長いのです。

 

ガングリップはグーで握るのではなく、指でつかむ、

感覚を持って投げるのです。

 

そのためにはガングリップの下側の太くなっていく

始まりのポイントが大切になります。

 

 

その部分が近いと、ロッドにひねる動きが伝わって

しまうのです。

 

ロッドに不自然な力を加えず、まっすぐ上げて

まっすぐ降ろすことが、キャスティングの基本です。

 

この基本を守るために、ちょっと長いガングリップが

必要になるのです。

 

 

ラバーガングリップは、一般的(?)な長さにしております。

これは藤原君が一般的な意見に配慮したものです。

 

つまり、私がキャスティングの基本を語っても、聞かない人が

増えたんですね。

 

私の基本は、オーバーヘッドキャストで、どこまでも真っ直ぐ

ルアーが飛んでいく理論です。

 

おれ、近距離しか投げないし・・

おれ、バックハンドだし・・

 

という方が増えたんでしょうね。

世の中が、そうならそういう商品があって当然ですものね。

 

ついでに話すと、ブライトリバーのショートハンドルもちょっと長い。

これはオールドABUリールについていた華奢なツインハンドルと比べて、

 

ということです。

これも使い込む時間の中で、そうなりました。

 

私は強烈なABUですし、ショートツインハンドルが

大好きでした。

 

ただ、トップウォーターに目覚めてから、キャスト回数が強烈に増え、

アクションでリールをゆする機会も強烈に増えたんですね。

 

すると緩むことがあるのです。それでも好きで使っていました。

何のラッキーか、自分がリールを作るチャンスが得られたとき、

 

その部分を改善したいと思っていました。

長いパワーハンドルにしたら、と思われるでしょうが、

 

短いハンドルが丸型のリールに似合うと思い込んでいるもので、

今のショートハンドルになったのですね。

 

 

岡島君が自作のカヌーを見せてくれました。

ホームセンターで手に入る素材で作ったハンドメイドカヌーです。

 

もう、ただただ、すごいです。

素人さんですよ。

 

やろうと思えば出来るのですね!

ぜひ、フォロワーが現われてほしいものです。

 

 

 

 

 

Doobie Brothers - Long Train Running

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store