<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< トラウトグリップ、一気に入荷しました。 | main | トリガーが気になります。 >>

小物もブライトリバー。

釣り道具にかかわらず小物、大好きです。

ルアーメーカーだし、人数少ないし、

 

限られた時間しかないのだから価格の

高いものを作るべきなのです。

 

でも、楽しい方へ流れてしまう。

小物作り、めんどくさくて楽しいのです。

 

 

今日は、ランヤードを作っていました。

パラシュートに使われるパラシュートコードは、

 

太くもないのですが、中に4本、ないしは8本の

強い糸が内蔵されています。

 

私が二人ぶら下がっても大丈夫なほど強いものなのですが、

切るとそこからばらけてしまう。

 

業者さんは、熱を持ったカッターで切ると同時に溶かすことが

出来る道具を持っています。

 

当然、持っていませんから、1か所ずつバーナーであぶって

先端を丸くします。

 

角が立った状態で固まると、時々、痛く感じるときがある。

だから、丸くするのです。

 

 

小物を作った場合、問題になるのがブランド名をどこに

入れるか?ということ。

 

シールは剥がれるし、印刷はコストが高い。

注文が入った時しか作らない場合が多いのである。

 

私が努力すれば何とかなる方法を見つけたい。

探し出したのがBRIGHTLIVERのハンコを不滅インキで

 

スタンプする方法である。

 

これがね、失敗するんですよ。

失敗すれば消せばいいのだが、さすがは不滅インキ。

 

キレイに消えてくれない。

また、丸いパーツには上下があって、方向を間違ってはいけないのであるが

 

黒いし、丸いし、で結構、間違うのだ。

気がつくのはインキが乾いてから・・。

 

落ち込むのである。

 

 

五十鈴工業さんの倉庫で見つけた真鍮製のケースも

有効活用です。

 

五十鈴工業さんが、開発したリール整備用ドライバーも

ブライトリバー仕様に改造して発売しています。

 

完成品を買って、わざわざ分解してノブを鏡面仕上げしています。

200円ほど、高く売っておりますが、収支を計算しては

 

いけない商品になっています。

 

Hectorで小物!

 

ブライトリバーば、ブラックバスのルアーと

そのルアーを使う道具だけ売っていればいいのよ、と

 

言われます。

まったくその通りで、その通りにしているつもりなんだけど

 

私の性格ですね。

寄り道が好きなんでしょう。

 

 

そして、寄り道したって振り返りたくはない。

抜け出して解決したいのですね。

 

だから、寄り道も真剣なのです。

 

夜の海_桑名晴子

前奏のギターですが、2本の弦を一度に弾く

オクターブ奏法で演奏されています。

ジャズギタリストが良く使うテクニックなのですが、

この曲に、うまく合っていますね。

いろいろなバージョンが存在しているのですが、

このバージョンが一番好きですね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store