<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いいモノって誰が決めるのかな? | main | 一年が終わりました。 >>

時々、チェックの竿袋を作ります。

竿袋なんていらない、という方も多いでしょう。

 

大阪の方なら、いらないから安くしろ、という方も

いらっしゃるかもしれない。

 

☆ 琵琶湖にてガッ釣り 47cm ☆

 

でも、やめません。

竿袋を含めてロッドが完成するのです。

 

いつもブラウンの生地のロッド袋を用意しています。

以前にも書きましたが、日本製です。

 

機能的な意味では、日本製である必要はないでしょう。

しかし、目が届く範囲のなかで作られるものを提供したいのです。

 

 

たまにチェックの生地で作ることがあります。

私、シャツマニアな時代がありまして、チェックの生地が

 

大好きなのです。

こいうものは、カバン屋の井上君に縫っていただきます。

 

チェックなら何でもいいわけではありません。

井上君は好みが似ているので生地選びも安心できるのです。

 

カバンの裏地に使う生地でもあるため、張りがあります。

これがまた、普通にはない味わいがあって、いいのですね。

 

なかなか見る機会がないかもしれませんが、見ることがあれば

ぜひ、指で触ってみてください。

 

不機嫌は罪である (角川新書)

反省する気持ちを持って手にした本です。

仕事中の私は不機嫌です。

 

ブラックバスを釣るために生きているのに

仕事をしなければならない。

 

しかめっ面にもなります。

以前、漁協の組合長に言われました。

 

「上に立つものは、笑っていなければいけないよ」、と。

まだ、出来ていませんね。

 

 

なぜでしょう?

サイが好きです。

 

Aretha Franklin - Angel

ファンクを歌いだすまでのアレサ・フランクリンは

いいですね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store