<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 西日本を中心とした大雨の影響による荷受けの停止が始まりました。 | main | ダメだ、くだらないことを言っていない! >>

なぜ、OEMをするのか?

ふと、聞かれたのです。

「なぜ、OEMをするのですか」と。

 

ブライトリバーというメーカーでありながら

OEMをする必要があるのか?という問いかけなのでしょう。

 

 

確かに、津波ルアーズも明石ブランドも,TeatもLifebaitも、

OEMをしないでしょう。

 

OEMって何?という方のために説明すると、

依頼を受けて他社ブランドの製品を作るということです。

 

始まりは、お金と、することがなかったからです。

いきなり会社を辞めてしまった私は、やることがなかった。

 

でも、お金がいる。

最初はタマタマルアーのロッドを作らせていただいた。

 

塩澤会長よりの依頼品

 

いまは、そういう必要が無くなっているので

OEMをやめてもいいのである。

 

でも、その気はない。

自分が面白いと思う仕事しか受けないから、

 

忙しくは、なるけどストレスではない。

なにより、私は、多種多様なものを作りたい人間である。

 

ロッドだけに限定しても、私の人生では売り切れないほどの

ロッドを開発してしまっている。

 

販売を終了しました。

最後の在庫はロボットさんへ。
 

 

それを製品化したとしても、お客様は迷うだけだし、

商品同士が競合して売れなくなってしまう。

 

いいものなのに世に出せないなんて、もったいない。

どこかのブランドで売ってもらえば世に出すことができる。

 

また、20年以上も同じ仕事をしてきました。

飽きる方が普通でしょう。

 

しかし、立場として飽きるわけにはいかない。

飽きないためのシステム作りが必要です。

 

他のブランドの商品は、刺激的です。

私からは絶対に出てこないアイデアやデザインで

 

商品作りが進むのです。

あきれながら、感心しながらの商品作りは

 

楽しい時間といってもいいでしょう。

おかげで飽きる暇がない。

 

自分のやりたいことをするためには必死に

時間を作り出す必要があるのです。

 

というわけで飲みにもいかず、毎日、深夜にブログを

書くことになるわけです。

 

 

Derrick Hodge - Holding Onto You (feat. Alan Hampton)

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store