<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< やり残したことは? | main | コルクと金属のバランスには気を使います。 >>

show the flag!

旗が見つかりました。

封筒に入っていたんですね。

 

訳あってビワマスガイドの資格をとった私。

今週末、ビワマスの体験トローリングイベントがあるのですが

 

この旗がないとロッドを出せないのですね。

 

 

体験トローリングでは、地上スタッフの私。

船の運転は、他の人に任せるのですが、やはりこの旗がないと

 

その方が困っちゃう。

だから焦って探していたのです。

 

ひと安心。

 

 

朝から母と畑です。

野菜を収穫して、ロッドの組立をお願いしている

 

職人さんに届けるのです。

 

 

職人さんは主婦ばかりですので、喜んでいただけるのですね。

その場で、おしゃべりをするのも大切なものつくりの一環なのです。

 

ロッドつくりって、手を抜くポイントがいっぱいあるのです。

さらには、手を抜かれても、ほとんどわからない。

 

 

ルアーは、ほとんどの作業を自分たちで

行うことが出来るのです。

 

だから、手を抜くことが出来ないのです。

リールやロッドは、人にお願いして作業をしていただくのです。

 

あいつ、ウザいし適当でいいや、と思われてしまえば、

最悪なのです。

 

お客様にまで影響が届いてしまいますからね。

 

いいものを作りたいなら、人付き合いから始めないとね。

 

レコード・コレクターズ 2018年 6月号

この雑誌の素材は以前から知っていましたが

ロック系の雑誌だと決めつけていまして買うことはなったのです。

今回のタイトルにやられました。

【特集】 セッション・ギタリストの名手たち

もう買うしかなかったのです。

今、幸せです。

セッションギタリストはジャズかフュージョン系の人だけだと

思い込んでいた私は、ロック系やカントリー系などもいらっしゃることを

学習し、視野の狭さを修正しつつあります。

 

レイズ・スペクトラ シリーズ紹介 Rayz Spectra

天龍さんが動画を公開していることを知りませんでした。

レイズを紹介しているのは開発部の舟木くんです。

彼のような若い人がバンバン、釣りに行き自社で

ロッド製作をするのです。

いいロッドが出来て当たり前ですよね。

 

 

タイラバ『早掛け』スピニング・テスト釣行

ジギングロッドヤ、タイラバロッドなど、

海系のロッドを開発するのが松本さんです。

もとJBプロ。

天龍さんでは営業もこなしながらの開発です。

テストに同行したこともあるのですが

名前も体型も一緒の松本さん。

親しみを感じます。

 

天龍会長釣行記

天龍さん関連の動画のカウント数をみると

上位に来るのが、塩澤会長の動画です。

こちらは天龍さんが制作したものではなく、

会長を囲む同志が作り上げたもの。

88歳で現役の渓流師。

男なら目指したい方です。

 

Ben Watt - Spring

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store