<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 無茶苦茶、手つくりです。 | main | 旗がない・・ >>

追いかける姿勢が、欲しいよね。

近くにブライトリバー取扱い店がない皆様は

ブライトリバーのネットショップをうまく使ってください。

 

全商品をネットショップにアップできているわけではないので、

ないものは問い合わせください。

 

特別な商品を要求される方が増えてきております。

実現できそうなものは、なんとか対応しようと思うのですが、

 

私に対応能力がないのですね。

何とかしなくちゃ、と考えているうちに、一月が経ち、

 

半年が経ち、忘れてしまいます。

はっきりと出来ないと言ってしまえばいいのですが、

 

私の甘さですね。

 

ブロンズブッシュ・セット

在庫完備しました。

 

下の画像はパーセプション社のインパルスという

カヤックの画像です。

 

このカヤック、サウンド10.5とほぼ同じサイズなのです。

お客様は、結構、大柄なお客様(私ぐらいか?)。

 

余裕、あるでしょ?

 

サウンド10.5 2018年度モデル 予約受付中。

 

サウンド9.5もサウンド10.5も在庫があります。

今、幸せを実感できない方。

 

カヤックに乗れば、幸せを実感できますよ。

 

 

ここから、訳の分からないブログタイトルの話になります。

最近、古い釣り雑誌ばかりを読んでいます。

 

内容は古いし、写真もイラストもカッコ悪いんですよね。

でも、なんとか新しい世界を作り上げようとする姿勢が

 

感じられるのです。

 

 

いまでも、そういう雰囲気を作れないかなぁ、と

思っているのですね。

 

バスのフライロッドを作ったり、トラウトグリップを

作るのは、キッカケが生まれないかなぁ、という意図があるのです。

 

 

自分が率先してスタイルを作っていけばいいのですが、

私はものつくりの喜びを知ってしまった人なので、

 

道具を作る方がパワーが出るのですね。

 

ものは出尽くした、とよく言われます。

でも、使い方とか解釈の仕方で新しい楽しさが生まれると思います。

 

Neil Youngs Midnight On The Bay

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store