<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 技術のレベルを下げたぶん、いのちのアンテナは逆に感度を増したか? | main | 追いかける姿勢が、欲しいよね。 >>

無茶苦茶、手つくりです。

何でも手つくりがいいと思わないんのですが、

ブライトリバーは何でも手つくりです。

 

 

昔、急に売れなくなった時がありまして、

考えを変えました。

 

それまで、ルアーだけは命がけで作っておりました。

他の釣り道具つくりは、モチはモチ屋ということで

 

専門の業者の方にまかせていたのです。

 

 

売れなくなった時の、情けない気持ちや

悔しい気持ちを、「仕方がないや」と笑えるところまで

 

持っていきたかったのですね。

だから、自分のブランドの名前をつけて売るものは

 

すべてルアーと同じ情熱を持って作ろうと決めたのです。

 

 

いまとなっては後悔もないわけでもないですが、

後戻りできない性格で、どの業者さんに対しても

 

ちょっかいを出さずにいられない。

嫌がられたり、断られたりすると全て自分たちで何とかしようとする。

 

 

少量多品種のため、専用の機械があるわけもなく、

手作業となってしまうわけですね。

 

私が常にバタバタしているのは、身から出たサビという訳です。

 

 

機械の方が失敗しませんからね。

トラブルも日常です。

 

でもね、自分たちの手で作っているから修理の仕方も

わかるのです。

 

いまどき、珍しいと思います。

珍しいものは価値が出るはずなんですが、手つくりは

 

見えませんからねぇ。

 

今日は定休日でしたが、明日も朝から手つくりです。

 

 

スペクトラム - LIVE/TIME BREAK

短命であったバンドなんですが、思い出深いバンドでもあります。

ブラスバンド部であったもので、気になったんですね。

田舎に住んでいましたのでシカゴなんていカッコいいグループは

知らなかったのです。

キャンディーズのバックで演奏しているのが、のちの
スペクトラムです。こいう例は多くて、井上陽水に対する
安全地帯。ボブ・ディランに対するTHE BANDなどなど、
テクニックは当たり前にお持ちの方々ですから、
私などは、楽しんで茎ことが出来るのですね。

 

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store