<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< (ヒ)クマが出た! | main | 無茶苦茶、手つくりです。 >>

技術のレベルを下げたぶん、いのちのアンテナは逆に感度を増したか?

樹の花にて―装幀家の余白 (白水Uブックス―エッセイの小径)

 

SPレコードを古い蓄音機で聴くコンサートへ行こうと誘われた装幀家。

 

1926年製の蓄音機から流れてくる歌声が体の隅まで沁み込む。

幼い頃、家の応接室でこっそり聴くうち奇妙な体感が「ツーン」と走り抜けた時と同じく、

この日会場を後にする時も、遠くで蝉の声がした。

技術のレベルを下げたぶん、いのちのアンテナは逆に感度を増したか。

 

菊池信義『樹の花にて』から。

 

 

今日もまた、読んでもらえそうもないタイトルになってしまいました。

そう、ブログ用の写真を用意できなかったのですね。

 

 

で、朝日新聞で見つけた文章を題材にしました。

技術のレベルを下げた方が楽しめる世界があるという話だと

 

思うのですが、これは私たちの世界観とつながりますよね。

数値的に優れた道具って、すごいと思うけど、

 

その数値がどこまで私たちの喜びにつながっているか、

よくわからない。

 

私は、シンプルな道具との付き合い方の中で

喜びを見つけ出したい。

 

メーカーに与えられるものではなく、

一緒に探し出すことが面白い。

 

進歩が、即、満足につながるわけではない。

 

 

Supreme Jubilees - It 'll All Be Over 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store