<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アルミフェルールのことって考えたこと、ありますか? | main | 明日は淀川53up! >>

ただいま電波の届かないところにおります・・

メールは届いているのですが、頭までの電波が飛ばないようです。

回答が遅れておりますが、そのうち元気になると思います。

 

 

Eyespotのポリッシュフィニッシュは、

北井君が必死に磨いてくれたおかげで、

 

在庫完備となりました。

 

 

LIVER F-50 DELUXEのパーツが

届き、サイドカップの組み立てに入りました。

 

 

今回の金メッキは五十鈴工業側で担当していただき、

黒いメッキは当社の契約先で処理を行いました。

 

 

高価なパーツは出来るだけ触りたくないという

五十鈴工業側の要望からサイドカップは当社で

 

組み立てることになったのです。

これは、理解できる話です。

 

金メッキのパーツを組み立てていて傷でも入ったら

責任問題になりますからね。

 

 

リールのようなものはベルトコンベアで流れてくるパーツを

パートさんが順番に組み立てて出来るようなイメージがあるかもしれません。

 

大手さんは知りませんが少なくとも五十鈴工業にベルトコンベアーは

ありません。

 

特にブライトリバーの商品は常にご迷惑をかける存在でして

リールが出来上がるまで製造責任者から何度も、何度も、何度も、

 

何度も電話が入ります。

(メッキ屋さんからも、たっぷり電話が入ります)

 

 

きれいなものを追求すると生産性とぶつかるのです。

まだ、付き合ってくれる業者さんがあることを幸せと

 

思わなければいけませんねぇ・・。

 

World's Prettiest Bassline (James Jamerson, 1970)

ジェームス・ジェマーソンはエレキベースの名手です。

モータウン社を底から支えた存在です。

随分とお酒が好きだったようで、酔っ払って

倒れたままベースを弾いていた、という逸話が

残っております。

プロですよね?

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store