<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ジレンマはともだち? | main | LIVER F-45のなにが難しいのか? >>

F-50はF-45Aでした。

今日は藤原君の誕生日。

50歳になったのです。

 

ブライトリバーのリールは担当者の年齢を

モデル名にしてきました。

 

 

ですので、今年のリールはF-50だと思い込んでいました。

サンプルのリールを見るとF−45Aと入っています。

 

冷や汗が出ました。

藤原君、失敗したんじゃないだろうか?と。

 

 

本人に確認したところ、継続モデルであるから

F−45Aでいいそうです。

 

ほっと、安心しました。

 

 

間もなくですが、今年発売するモデルを説明します。

 

まずは、F-45A。

そしてM-52オーガニック。

 

ここまでは、素材を磨きまくって仕上げる、シルバーベースの

リールとなります。

 

送れて10周年記念モデルが登場します。

こちらは、黒のアルマイトメッキと、本金メッキの組み合わせです。

 

F-50 Deluxeとなります。まぁ、ABUのCDLのようなイメージですね。

 

 

ABUといえば、ピアフィッシングが会社を

手放したとか。

 

次は、どこへ行くんでしょうね。

 

昔の広告です。

 

5月発売!と言っておりましたが、またうそつきになってしまいました。

6月にずれ込みます。

 

ただ、6月入ってすぐであることは、今日も確認することが

出来ました。

 

今度こそ、もうすぐです。

世界一、手間のかかったベイトキャスティングリールが

 

発売となります。

 

 

george benson- Jazz Fusion Night - Expo '92 Sevilla

1:20ぐらいまでは、聞かなくていいです。

何度も紹介しているジョージベンソンですが、

この演奏はいいですね。

ジャズギタリストと呼ばれますが、他の人は

だれもこんな演奏、出来ないでしょう。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store