<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< LIVER F-45が帰ってきます。 | main | 釣りって人を感動させるんですね。 >>

明日、ブライトリバーはお休みです。

毎日、銘木の話をしようと考えたのは

私なのです。

 

選ぶのはブライトリバーの新人、北井君。

最初は簡単だけど、つぎつぎ難しくなるよ、と

 

言っておきながら私がついていけません・・

 

 

シャム柿です。

ジリコテと呼んだりもします。

 

柿と名前にありますが、柿ではないそうです。

 

 

昔、黒柿が売れると考えた材木業者が

代用として売る目的で、シャム柿と名前を付けたという噂があります。

 

銘木や石などの天然素材は、こういうことがよくあります。

ライバル会社に生産地を知られないようにするため、わざと

 

紛らわしい名前を付けたりするんですね。

 

 

木目は、はっきりと出ています。

ちょっと日本人には濃すぎるかな?という感じもします。

 

ですので当社では色合いに深みが出るような仕上げにしています。

おがげで落ち着きが出ましたね。

 

グリップに使えるような太い材がなかなか流通しない素材です。

見つけたら買うようにしていますが、いまいちな柄もありますがら、

 

シャム柿なら何でもいいという訳ではありません。

 

ご利益、あったようで。

 

明日はレジェンドの釣りを見に行ってきます。

 

 

まだ、実際に釣りをされているとは知りませんでした。

関西のテンカラ釣りの第一人者。

 

ただ、KINEYAの奥居さんの話を聞いただけですから

人違いだったらどうしよう?

 

 

Susanna Hoffs - Eternal Flame

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store