<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 僕らは流れを登るアヒルちゃん。 | main | いいものは残したいのです。 >>

定休日は地元めぐり。

伊丹美術館で写真家のソール・ライター展を

やっているという。

 

この方は映画にもなった方で幻の写真家と

呼ばれている。

 

一度は見てみたいものだと思っていた。

それが地元の美術館に見ることが出来る!

 

伊丹美術館

 

開館時間のちょうど10時に訪れると締まっている。

実に私らしい。

 

開催期間が5月20日まででした。

気を取り直し、川西で行われている木型展を

 

見に行くことにしました。

 

川西郷土館

 

いつものことですが新聞で読んだだけの知識。

何も知らべずに訪れました。

 

結論を先に言いますと、一度は訪れた方がいい場所

だと思いました。

 

入場料300円で、川西市もやるやん!と思えます。

 

 

木型を見たかったのは、どうやって仕上げを

するのか知りたかったから。

 

彫刻刀のようなもので掘っていくのだろうけど、

最後の仕上げをどうするのか?

 

ペーパーで仕上げるのは、不可能だと思うから。

 

 

不覚にも川西に鉱山があったことを

知らなかった。

 

川西市郷土館は、銅の製錬を業としていた旧平安家住宅を

そのまま利用しており、100年前の住宅の様子がそのまま残されている。

 

 

川西市ゆかりの青木大乗(日本画家)・平通武男(洋画家)両画伯の

作品も間近で見ることができる。

 

ともに知らない方である。

しかし、絵を見ているとね。

 

最初は関心がないのです。

でも、画伯の経歴を読み、本院の写真を見たのち、

 

絵の前に立つと、少し関心が出るくる。

よくわからんなぁ、と、絵のタイルを確認し、書かれた年代を見ることによって

 

感情移入が一気に進んだりする。

この絵は私の生まれる前に書かれているんだ!、という感じ。

 

私のブログも、ブライトリバーのタックルに興味を持っていただける

キッカケになればいいなぁ、と思って書いております。

 

 

David Gilmour - "There's No Way Out Of Here"

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store