<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< やめろっと言われても! | main | 世の中にないものには理由があるのです。 >>

スーパーリバー、久しぶりに発売!

Rod:Chambo2562

Lure:Stomp!

 

スーパーリバーが3本だけ入荷しました。

これでしばらく入荷することはありません。

 

なんでそんなことになるのか?といえば

とにかく人が足りないのです。

 

ロッドを巻くという仕事は技術がいるのです。

特に当社のロッドは難しいらしく、職人の中でも

 

上手い人しか扱えないといいます。

だから、いつ出来上がるか分からない状況が続いております。

 

SUPER LIVER BL-55M/L 

 

 

 20128月で活動をやめてしまったロッドメーカーをしのぶ1本。

  同社が1980年代に発売していたロッドで5.5ftの素晴らしいグラスロッドが

  あった。そのロッドを現役で使いたくなった。ブライトリバーが初めて発売する

  トリビュートロッドである。当時を知る人は懐かしんでもらいたいし、知らない人は

  30年以上前に素晴らしいロッドがあったことを知ってほしい。

 

 

いまは普通のロッドになってしまったスーパーリバーですが、発売当初は

センセーショナルな事件でした。

 

UFMウエダさんのスーパーパルサー55M/Lを復活させた、という触れ込みで

販売したのですね。

 

上のグリー文字は広告に載せた文章です。

それまでは、復元させるといっても海外のずいぶん前のロッドを対象にしておりました。

 

日本の、数年前まで、現存していたブランドのロッドを復元するなんて、

大丈夫なの?というような関心の持たれ方もしたのかもしれませんね。

 

自信を持って言いますが、かつてのロッドをそのまま復活させることなんて

出来ません。素材が変わってしまっていますので、グラスファイバーといっても

 

当時と同じものはすでに作られていないからです。

ですのでトリビュートロッドをしました。

 

リスペクトする姿勢を持って、オリジナルのロッドの価値がアップするようなロッドを

作ることを心掛けました。

 

スーパーパルサー55 M/Lはグラスロッドとは思えないほど、素晴らしいキャストフィーリングでした。

力の抜け加減が素晴らしく、キャストするだけで快感になるロッドだったのです。

 

この感覚は復元できていると思っています。

スーパーリバーを使ってUFMウエダさんの素晴らしさを再確認していただけたら

 

嬉しいな、と思っています。

 

 

人手不足の解消方法はありません。

せめて、足しにならないか、と毎日、早起きしてロッドを

 

巻いております。

今日もキャトル2562のBLガイド仕様のオーダーが入りました。

 

今から私が作りますと答えると、不思議なものですね。

ほかの店からもオーダーが入り、数本作ることになりました。

 

1本だけならすぐと考えた私が甘かったのですね。

明日からも早起きは続きます・・

 

Spencer Davis Group - 'Gimme Some Lovin'

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store