<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 竿ばかり作っています。 | main | 商品情報 >>

レベルワインド分解のキモ。

リール整備のなかでも、飛びに直結するのが

レベルワインド部分です。

 

ブライトリバーのリールはスプールの回転に連動して

レベルワインドが動きます。

 

レベルワインド部分にゴミがたまるとルアーがスムーズに

飛ばなくなったり、飛距離が落ちたりするのです。

 

 

最初に、謝っておきます。

説明に使うための画像を集めたメディアを会社に忘れてきました。

 

お客様よりいただいた画像を使って説明します。

 

 

レベルワインドの分解で難しい部分は一つだけです。

左側のボールベアリングが外れないんですね。

 

いえ、外れるんですよ。

ただ、コツがいるのです。

 

この部分です。

 

No.63ウォームベアリングホルダーAというパーツから

ボールベアリングを外すのが難しく、はめ込むのも難しいのです。

 

私のやり方は、こう。

水平状態のボールベアリングの片側を爪楊枝などで押しながら

 

この状態に ​

 

傾けていきます。水平状態を基準として90度まで傾けます。

次に90度ひねって、ウォームベアリングホルダーAの

 

隙間から取り出します。

取り付ける際は、逆の手順となります。

 

#62 ウォームベアリングホルダー B

左が広がってしまった状態。

 

注意点は、決して無理な力を入れないこと。

真鍮を薄く削って作られたパーツです。

 

多少のバネ性がありますので、その伸びを利用しながら

ボールベアリングを外したり、取り付けたりするのです。

 

その際に無理な力を入れてしまうと、開いたままの

状態になり、使えなくなってしまいます。

 

キモ、なんて書いている私も何度も失敗しています。

ですから、このあたりのパーツは常に在庫しているようにしています。

 

書き忘れましたがレベルワインドを分解する際にプラスネジを一つ

外す必要があるのですが、このネジには当社が発売している整備用ドライバー

 

プラスを使っていただきたいですね。

このネジ、結構、きつく締めつけられています。

 

このネジをサイズの合わないドライバーで緩めようとすると一瞬で

ネジ穴をつぶしてしまいます。

 

このネジをつぶしてしまうと修理は申し訳ないほどの価格になってしまいます。

 

ここまで書いていながらですが、分解整備を怖がらず、どんどん挑戦していただきたいですね。

私は分解図を見ずに整備します。

 

ブライトリバーのリール程度なら、パーツを見るだけで次に、取り付ける場所が

予想できます。

 

パズルを楽しむのと同じですね。

気軽に分解すればいいといいですよ。

 

組み立てられなくなったら私が組み立てます。

 

 

Crystal Gayle - Don't it make my brown eyes blue

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store