<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 富士グリップのアレ、作ろうとしています。 | main | 前例のないことをすれば安心ね。 >>

ISUZU Royal Seaking 110 120

天龍の塩澤会長とビワマス釣りでした。

会長が使うロッドには、五十鈴工業のロイヤルシーキングが

 

取り付けられています。

これがクラシカルで、カッコいいのです。

 

Royal Seaking  120

 

このロイヤルシーキング。

ギア比 1対1 のムーチングリールです。

 

魚の引きがダイレクトに味わえて私も大好きなのです。

しかし、琵琶湖でもこのリールを使うアングラーは少数派です。

 

どこで売っているのか、わからない、というのが一番の

原因だと思いますね。

 

塩澤会長特別モデル。

 

このリール、海外向けのモデルなんですね。

カナダやニュージーランドのウルサ型のお客様から

 

要望があるそうです。

ダイワやシマノが有名ですが、五十鈴がいいというファンが

 

根強くいて、ロングセラーモデルとして、その歴史を毎年、更新しているとか。

 

ISUZU Royal Seaking 120

 

このロイヤルシーキング。もともとはABU社の商品として販売していたものです。

五十鈴工業は裏方で製造を担当しておりました。

 

ABU Diplomat 420

 

ABU社が製造を取りやめる際に、五十鈴さんが

譲り受けたそうです。

 

 

実際に使えばわかるのですが、とてもユーザーサイドに立った

商品です。

 

派手さはないですが、丈夫で壊れず、使いやすい。

そして、手に入れやすい価格(日本での販売価格は知りませんが)を実現しています。

 

隠れた名品ですね。

日本でも販売すればいのに、と思ってしまいます。

 

 

The Crusaders - Burnin' Up The Carnival

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store