<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 定休日は神戸へ。 | main | 大丈夫、嫌なことは必ず終わるから・・ >>

キャトル2563、作ってまっせ!

私のロッドつくりは信頼のおけるファクトリーの

皆さんと二人三脚で行ってきました。

 

3月末にキャトルが一気に出来上がってきました。

その中になぜか、2563だけが入っておりませんでした。

 

巻いたばかりの状態。

 

ロッドつくりは小さなトラブルの連続です。

今回もコーティングに小さな気泡でも入って修理をしているのだろうと

 

思っておりました。だから入荷がずれているのだろうと。

はい、忘れられておりました。

 

それほど現場は混乱しているのです。

何度もお伝えしておりますが、職人が減っているのです。

 

ここで怒っても何も解決しません。

何が出来るか・・・?

 

コーティングした状態。

 

はい、私が巻くことにしました。

目をショボショボさせながら巻いてます。

 

お待ちいただいているお客様。

すでに遅れているのですが、1秒でも早くお届けすべく

 

あがいております。

 

リール整備用ドライバー  ポリッシュノブ

 

すぐ在庫切れになってしまうリール整備用ドライバー。

追加で組み立てました。

 

五十鈴さんからパーツだけいただいて当社で組み立てるのです。

ノブはピカピカに磨いてからね。

 

OLD FLYROD LURES

 

アメリカって広いなぁ、と思うのはこういう古い本が

いまだに出てくるってこと。

 

新品です。

しかし、あちこちに移動させられたんでしょうね。

 

角が丸くなっているものもある。

 

 

スピニングリールが開発される前は、軽いルアーはフライロッドで

投げていたんですね。

 

そういうルアーを集めたハードカバーブックです。

入荷したのが奇跡ですね。

 

自分用に探していたら複数在庫があったので手に入れました。

ちょっと、高くなってしまいましたが、珍しいルアーを集めることを

 

考えたら安いものです。

 

Laura Mvula feat. Wretch 32 - People

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store