<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< シングルウッドって、いいですね。 | main | 母がぼけたか、それともオレか? >>

ちいさなイベントがいいかもしれません。

今日、Meetup Fly Fishing Fans OSAKAという

イベントが行われました。

 

ブライトリバーから10分という場所ですし、

知り合いも多く参加されるため、朝から遊びに行きました。

 

 

大阪水道記念館という会場で行われたのですが、

灯台下暗しといいますか、田舎から大阪に出てきて30年以上が

 

経つのに、知らない施設でした。

それが会社から10分もかからないのです。

 

 

Flyのことを書いても興味を持つ人が少ないと思いますので、

印象に残ったことを少しだけ書きます。

 

Winstonというメーカーの、おそらく40年ぐらい前に作られたのであろう、

グラスロッドを振ったのです。6.5ftの#3でした。

 

もう、これでいいやん、という完成度でした。

釣り道具の歴史は道具を発展させてきたのだろうか?と。

 

 

そのうえで現在のメジャーブランドのグラスロッドを振ったのですが、

発展してしまいた。

 

もう、これでいいやん、と。

 

バンブーロッドビルダーの話が印象的でした。

渓流では、ここで振った印象より硬く感じる、というのです。

 

実際にフライを投げる距離は、結構、近いらしく、その距離を想定して

ロッドを試さなければならないと。

 

もう一つ。

手間をいっぱいかけたとか、作り上げるのに時間がかかった、という話と

 

ロッドの値段を決める要素に関係はない、というのです。

すごいよなぁ、と感心してしまいました。

 

ちょうどいいサイズのスペースだったのでしょうね。

ビルダーさんと十分に時間をかけて話を聞くことが出来ました。

 

私もイベントに出ることがありますが、その時は説明する側ですので

他のブースに行って、いろいろと聞いて回ることが出来ません。

 

午前中で変えるつもりが3時を過ぎても変えることが出来ず、

またも、仕事が先送り・・

 

まずいなぁ・・・

 

Rick Bowles - Mr. Right (1982)

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store