<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いつでもどこでも釣り道具。 | main | ソフトグリースを上手に使ってくださいね。 >>

終日、豚の悲鳴が・・

いかにも苦しそうな・・

死ぬ間際の雄叫びのような・・

 

ブタの鳴き声としか思えない音が、上の階から

聞こえてきます。

 

 

藤原君が硬い木に穴をあけているのです。

EyespotやChucker Classicを差し込むためには

 

直径で13.0mm程度の穴をあけなければなりません。

素人さんなら、ドリルであけたらいいやん、と

 

思いますよね。

 

今日は4本、サンプルを巻いたのだ!

 

はい、そのとおりボール盤(ドリル)で穴を

あけるのです。

 

しかし、言葉で言うほど簡単ではありません。

13mmのドリルというのは、そうとうに太い部類に入ります。

 

太いドリルで、硬い素材に穴をあけるのは大変なのです。

抵抗が大きいため、なかなか穴があきません。

 

 

急ぐと焼き付いて回らなくなります。

無理をすると素材にヒビが入ってしまいます。

 

焼きつく寸前で、休ませ休ませ作業を進めます。

焼き付く直前でブタの悲鳴が飛び出すのです。

 

Moss Bag ロシア軍ブランケットモデル。

Sサイズ

 

銘木のグリップは、素材ばかりが話題になるんのですが、

裏方で作業する藤原君たちの作業は、大変なもの。

 

素材によっては、削った途端、水を吹き出すものもあります。

削った瞬間、割れるなんて毎度のこと。

 

製品になるのは、ほんとに優秀な銘木さんなのです。

 

Moss Bag フランス軍ブランケットモデル。

Mサイズ

 

だから銘木を削る日はブタの悲鳴と火事?

と間違うほど焦げ臭いにおいが摂津ビルヂングに

 

充満するのです。

 

 

Al Green - Rainin' In My Heart

個人的な驚きで紹介しています。

アル・グリーンがギターを弾けるなんて

知りませんでした!

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store