<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 水鳥のスピードを参考に。 | main | 今日は記念日! >>

素材えらびの概念が変化しています。

アウトドア用品の世界ではステンレスが注目されています。

軽さからいえばアルミ素材の方が有利なはずです。

 

価格も安くできる。

では、なぜステンレスか?

 

エディステンレスボトル 0.7L

 

ステンレスは、メッキを必要としません。

結果、メッキ加工時に出てしまう廃液を出すことを

 

回避できる、という理由であるとか。

環境を守るという意識がステンレスを選ぶのですね。

 

ブランク:CHUCKER CLASSIC

 

釣り道具の世界でステンレスを使う例は少ないですね。

やはり重さが大きな理由でしょう。

 

また、硬い素材であるため、加工が難しい。

結果、高いものになるからです。

 

ブランク:EYESPOT

 

ただ、釣り業界のなかでもブライトリバーは

環境意識が高い会社です。

 

なんたって、アルミのシルバーカラーのものは、

ほぼすべてメッキをかけず、人の手で磨いてシルバーの輝きを

 

実現させています。

廃液なんて出しません。

 

でも、黒いメッキは廃液出すやん!と

思いますよね。

 

言い訳はいいません。

欲しいんだから仕方がない。

 

でも、長く使っても飽きないように作っています。

道具を使い捨てする流れが、一番環境に悪いと思うのです。

 

ブライトリバーの道具は、使い手が飽きないならば、いつまでも使えます。

 

もちろん、飽きてほしくないから、いろいろと考えて作っております。

 

Sona Jobarteh - GAMBIA (Official Video)

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store