<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年こそ計画的に! | main | 3本爪は高級の証です。 >>

サウンド9.5 MOSS CAMO即納艇、有ります。

1艇だけなんですけどね。

ブライトリバー事務所で受け取り可能な方。

 

B品のものが出てしまって替りのカヤックが来たのが

昨年の11月ぐらいだったのです。

 

 

そのまま忘れておりました。

カード払いも可能です。

(VISA、JCB、MASTER、AMEX 一括払いのみ)

 

興味のある方、メールで連絡ください。

 

 

ルアーの後ろ姿って、そそられますね。

 

 

ルアーを手に入れたら全方向から眺めるのです。

いいもんですよ。

 

 

手で作るから、シェイプにクセが出る。

そこがいいんです。

 

 

プラスティックで作るなら手では実現できない

表現まで形にすることが出来るかもしれません。

 

出来ないことのなかで工夫するところにビルダーの

個性が出る。

 

普段の美意識が香るのです。

 

 

主人公は、釣り人です。

ルアーは、寄り添うもの。

 

目立ち過ぎてはいけないし、存在を感じるののでなければ

おもしろみがない。

 

そのさじ加減も、作家の個性です。

 

シンプルなルアーこそ、作家のこだわりが強烈に出ているものだ、

と思っています。

 

 

Khari Lemuel "Love Has Spoken"

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store