<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 寝るだけでは疲れが取れないのだ! | main | くるくるハンドルを回すだけで楽しいんですよね。 >>

コングラ文を考えなくっちゃ!

リールのパーツリストには、コングラ文というものがある。

 

まぁ、書かなくてもいいんだけど、古いリールには

たいがい買っていただいたお礼から始まり、ちょっと

 

大げさすぎるような表現で「世界最高の技術を有するファクトリーで

究極のリールを製作しました」、というような文章が書かれている。

 

 

なんでも古いものが好きな私。

そういうマナーは、ぜひ引き継いでいきたい。

 

だから新しいリールを作るごとに、"Congratulation" 

から始まる文章を添えてきた。

 

 

今回製作するリールはLIVER FS-49である。

品番の意味は49歳になる藤原雄一(F)が製作する

 

小さなタイプ(S)のリールということ。

 

 

普通は藤原君が考えるものだと思うが、ひとつ前の

FSは私が文章を書いていた。

 

そのいきさつは忘れてしまったけれど、おそらく

藤原君が文章が苦手ということで、私が書くことになったのだろう。

 

 

文章が苦手なのは私も同じなのだ。

ただ、書きまくって自分の文章に対する恥じらいが

 

消えてしまったから、垂れ流しのように書くようになった。

 

さて、なにか、考えなくてはならない。

 

あっ、間もなくLIVER FS−49発売です。

 

Flor de lis Rita Payés & Joan Chamorro LUA AMARELA 

少し前にも紹介した彼女。

ベースを弾くチャモロさんが育てる若いミュージシャンは

どこ方も魅力的なんだけれど、私もトロンボーンを吹いていた

経験があるもので、どうしても彼女に目が行ってしまう。

 

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store