<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ウィードでピンスポットキャストもありかも? | main | キャトルボロン、送り出しましたよ。 >>

私に能力があればキャトルボロン、明日、発送!?

ようやく完成です。

 

ボロンロッドの開発は極秘で進めましたので

おしゃべりな私には大変なことでした。

 

 

ボロンは見えないからダメ、というのが

ロッドビルダーキャリアのほとんどの期間の

 

私の考えでした。

知り合いからの強烈なプッシュに根負けし、

 

サンプルロッドを作って初めて感じました。

ボロンは、見えるじゃないか!と。

 

 

実際には見えないんですよ。

でも、使えばわかるのです。

 

ボロンの存在を感じるのです。

カーボンではなく、グラスでもなく、

 

独自の存在感。

ボロンでしか感じられないものがあるのです。

 

 

釣り業界は、数値で良さを表現できないものを

排除し続けています。

 

グラスファイバーは、カーボンより重いということで

いったん、市場から消えました。

 

ボロンもカーボンより重く、コストも高いということで

排除されたのです。

 

 

いままでの釣り業界はボロンを言葉に出来なかったんですね。

私は、もう一度、問いかけたいと思います。

 

手に入れた方は、ロッドをグリップにセットし、ロッドを曲げていってください。

途中で、ボロンの存在を感じていただけるでしょう。

 

キャスティング時も、ティップ部分だけを使って投げるのではなく、

ロッド、全体を使って投げるとボロンを感じることが出来るでしょう。

 

 

ボロンを入れると硬くなるのですか?という質問が多いですね。

キャトルボロンの場合、硬くしておりません。

 

ためや粘りという部分で頼もしさが増す感覚です。

釣り人ならば、必ず好印象を持つ要素が増しています。

 

その要素をどう釣りに生かしていくか?

そこにお客様自身の個性が生かされる部分だと思います。

 

キャトルボロンが新しいワクワクを生み出すきっかけになってほしいと

思っております。

 

Marcus King Band - "Ain't Nothing Wrong With That" (Live at WFUV) 

ルックス的には不利な部分が多いと思われる彼ですが、

センスは、ものすごくイケメンですね。

ぜひ、ほかの曲も聞いていてください。

荒削りですが、素性の良さ、潜在能力の高さを

感じていただけるでしょう。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store