<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< このリールに心当たりのある方、ご連絡をください。 | main | 本日、夕方より9月1日まで事務所を留守にします。 >>

キャトルボロン、予約受けを始めました。

ブライトリバー初のボロンロッドはキャトルと

なりました。

 

2522,2523.

2562、2563の4種類を発売します。

 

価格はすべて¥46,000円(税抜)。

各20本の限定販売となります。

 

 

ガイド仕様は2種類。

 

 

 

BLガイドは特別にクロのメッキをかけました。

スレッドは黒をメインに細く金色のスレッドを合わせています。

 

 

富士工業のチタンガイドですが、新たに開発されたリバースガイドを

採用しました。

 

このガイド、通常のガイドの向きと逆方向に取り付けるのです。

また、デザインも軽さを求めてのものでしょう。

 

本当にミニマムな構造をしています。

 

 

 

こういうユニークなガイドが大手の富士工業が発売したことを

嬉しく思います。

 

デザインだけでなく、実際にテストした結果も好印象なものでした。

私たちが初めて挑戦するボロンロッドにピッタリだと思ったのですね。

 

スレッドは黒をメインに銀色の細い飾り巻です。

 

 

実のところ昨年からの私は、ボロン祭りでした。

否定していたくせに、作り始めると面白くなって、サンプルブランクを

 

作りまくりました。

私の印象としては、グラスに近い特性を感じました。

 

その特性がグラスでは不可能な細いブランクで実現できるのです。

別の表現をすれば強烈なトルクが魅力なのです。

 

トルクとは、ねじられたものが、元に戻る力と私は理解していますが、

カーボンでボロンと同じトルクを実現したとしても、その戻るスピードが

 

違うのです。

ボロンは、ゆっくりと強烈な力で戻るのです。

 

 

キャトルボロンを手にする人は、意識してバットまで曲げてほしいですね。

見えないはずのボロンが感じられるはずです。

 

ボロンを意識しながらキャストもするもの楽しい。

 

 

今回、限定販売という形をとるのは、今後、ボロン素材の値上がりが

決まっており、将来的には釣竿用素材としてのボロンが手に

 

入らなくなるのではないか、という不安があるからです。

また、いまさらボロンロッドを発売してお客様に喜んでいただけるのか?

 

その不安も残ります。

ただ、事実として20年トップウォーターロッドを作ってきた

 

私が夢中になりました。

 

ノーマルのキャトルの価値が変わるわけではありません。

キャトルのトータルバランスの高さは不変のもの。

 

ボロンは私の世代の人間が一度は通りたい素材なんですね。

それが期待を満たして素晴らしかったから発売するしかなかったのです。

 

lee ritenour countdown captain fingers 1981

この曲が発表された翌年、Fenwickから

Boron Xが発売されます。

未来の素材が来た!と興奮したものです。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store