<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ロッドは何を選んだらいいの? | main | いよいよ明日! >>

すごいぞ、淡路夢舞台!

業務連絡

 

明日は午前中のみ営業となります。

明後日は終日留守にします。

 

淡路夢舞台

 

定休日、嫁さんがどこかへ連れて行けと言う。

よし、淡路島を一周しよう!

 

明石大橋を渡り最初にサービスエリアで情報収集する。

淡路バーガーという言葉に、これは食べなきゃ、と

 

一番近い店を探して知らず、大きなコンクリートの建物に

入ってしまった。

 

 

失礼ながら淡路で地下駐車場?と驚き、店を探すと

超近代的なコンクリート建築である。

 

安藤忠雄さんの建物みたいだよねぇ〜、といいながら

目的の店を見つけ、バーガーのあまりにもデカいボリュームに

 

恐れをなした私は、淡路ヌードルを食べるべく、中華料理屋に

入ったのです。

 

大変結構なお味の中華ヌードルを食べているとガイドブックに

「スイスオルゴールの世界」なる展示があることを見つけた。

 

時計で有名なスイスのビンテージオルゴールは絶対に見たい。

 

 

はい、ロココ調と言いますか、アールヌーヴォーというのでしょうか?

オルゴールの趣味は好きなものではありませんが、金属パーツや


木工の技術はさすがに素晴らしい。

おそらくお金に糸目をつけないお客様のオーダーなんでしょうね。

 

趣味の悪い?イエイエ、大変に手間がかかっております。

勉強になりました。

 

 

コンクリート造りの建物は迷路のようになっていて、

面白いような、めんどくさい造りである。

 

しかし、先へと進まざるを得ない魅力があって

たっぷりと歩かされるのである。

 

 

いまどき、これほどバブリーな建物は珍しい、と批判的な

言葉を吐いたとしても、私は結構、気に入ってしまったのだ。

 

(淡路一周は出来ませんでした)

 

 

Quincy Jones - Ai no corrida 1981

安藤さんは人を使うことが上手いんだろうな。

クインシー・ジョーンズみたい。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store