<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グデブロッドってなに? | main | サクラ終わればコイの始まり。 >>

スピニングロッドは?

リールロックグリップを発売してから

良く聞かれるようになりました。

 

毎度のごとく、サンプルブランクは

出来上がっているのです。

 

今日、近くの川でテストを繰り返しました。

 

 

主に私が気になっているのがガイドの大きさや

数です。

 

富士工業のカタログを見ればガイド位置や

適したガイドの大きさが紹介されています。

 

でも、私はその通りにしたくないのです。

理由は単純、カッコ悪いと思ってしまう。

 

サイズが大きすぎるんですね。

5ft程度のウルトラライトロッドを考えているのですが、

 

ガイドを大きくしたくないのです。

渓流でロングキャストをする訳でもなく、適度に

 

気持ちよくルアーが飛んでいけばいい。

参考にしようと天龍の舟木君が企画したRaysという

 

ロッドを持っていったのですが。

面白かったですね。

 

グラスロッドは、ツイッチといロッドワークには

向かないと思っていたのですが、使いようだな、と

 

希望が見えました。

確かに細かなツイッチはカーボンにはかないません。

 

ただ、リズミカルなものなら十分に対応できるし、

素材の重さが反対に使いやすさにつながっています。

 

カーボンは軽く反発の速度も速いのですが、

ウルトラライトロッドは肉厚が薄いため、

 

強く引いた際に頼りなさを感じます。

グラスは比較的肉厚があり、素材の重さもあるため、

 

ミノーであればリップに十分な水圧をかけたうえでの

ツイッチが可能です。そして、このロッドワークは

 

充実感があるというか、嬉しくなります。

別にカーボンを否定しようと思っているわけでは

 

ありません。

ただ、グラスファイバーロッドの利点を説明する

 

新しい視点が見えました。

 

SEALLINE Discovery Dry Bag 5L

 

カヤックに乗れば、いままで気にも

止めなかったものが急に欲しくなります。

 

ドライバッグもなくてもいいけど

あれば、とっても便利なもの。

 

大きなものはいりません。

5リットルで十分。

 

満たすべき機能は、防水性のみ。

だったら可愛いほうがいい。

 

オレンジのチェックとオリーブのチェック。

こういうものは、ある時に買っとかないと

 

追加生産はないものですよ。

 

 

 

2017年度モデルのサウンドシリーズは

コクピットも前方に2か所の丸い穴が開いている。

 

なんですか?という質問が来るのですね。

 

ソロマウント1.5

 

上の写真のようなパーツを差し込むための穴です。

このパーツを取り付けるとRAMというブランドの

 

艤装パーツを取り付けられます。

ボディーの加工がいりませんから、とっても

 

発展性のあるパーツなんですね。

ちなみにまだ、入荷していません。

 

 

富士の古いパーツは相当無くなってしまったのだけれど

ネジだけは、少しですが残っています。

 

近く販売するようにします。

 

Mos Def & Aretha Franklin Blend

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store