<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< こげ茶を追い求めて | main | スピニングロッドは? >>

グデブロッドってなに?

ラインメーカーの人が着て世間話。

最近の若い人は今江さんも知らないとか。

 

えぇ、私なんて大気圏外ですな、と。

 

 

ロッドの話ばかりする私に、グデブロッドって

何ですか?との質問。

 

そりゃ、わかりませんよね。

アメリカのロッドスレッドのメーカーです。

 

ロッドスレッドというのは、ロッドのガイドの足を

糸を巻いて固定するのですが、その糸のことをスレッドといいます。

 

グデブロッドは、会社としては残っていますが、

ロッドスレッドの生産からは撤退してしまいました。

 

では、なぜ私がこだわるか、と言えば、アメリカのビンテージロッドに

使われていたのがGudebrodだったからです。

 

別にミシンの糸でもいいんですよ。機能だけで言えばね。

でも、特別なロッドを作るんですから、ストーリーいっぱいの

 

ものにしたいのです。

ブライトリバーのロッドは常にヴィンテージロッドとの

 

つながりを大切にしています。

 

富士NGH-12用 ゴムスペーサー

 

富士NGH-12用のスペーサー、

少しだけ発売します。

 

FSタイプ ショートハンドル ベイクライトノブ 

 

左用が少しだけ入荷しました。

 

零細メーカーですからね。

常に少しだけ入荷するのです。

 

次はいつですか?と言われても即答できないのが

零細メーカーというもの。

 

あるうちに買ってもらうしかないのです。

 

 

なんか素材が出てきました。

どうしようかな?

 

リールハンドルばかり作ってるしな・・・

 

DVD「FANÁTICO」

「FANÁTICO」

 

釣りバカ(いい意味でね)二人がコロンビアまで

行って、ピーコックバスを釣りまくる映像です。

 

サカナも素人なら出演者も演技なし。

真剣に釣りにのめり込み、戦っております。

 

いまや若手と言ってもいいのかどまどう年齢になった

クローラーの井上君とコンクラーベの末廣くんが

 

ピーコックバスをパターンを見つけ、追い込んでいきます。

 

 

Corazon Partio (acustico) Alejandro Sanz

たしかコロンビアはスペイン語だったよな、と。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store