<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 声が森進一で。 | main | ダーターは顔で選ぶ。 >>

カバーナットの取り外し方。

真鍮製のLIVER用パーツを発売したのです。

これが意外に売れておりまして、ちょっと焦りました。

 

カバーナットの取り扱いについての説明がいるだろう、とね。

 

LIVER用 カバー・ナット  真鍮むき出し

 

上の写真の矢印が示しているのがカバーナットです。

サイドカップをフレームを接続する3か所のネジです。

 

このネジは、サイドカップだけの状態になっても

落ちてしまわないようになっています。

 

そのシステムは、カバーナットの先端に

バリを意図的に作っているのです。

 

 

ですので、取り外すなら、そのバリを

ラジオペンチでおとなしくすればいい。

 

パイプと面を合わせるのですね。

下の写真の状態です。

 

 

携帯で見ている方は、ごめんなさいね。

見にくいかもしれません。

 

パイプの先端が、何も加工がされていないように

戻っています。

 

この状態にすれば、サイドカップからカバーナットを

取り外すことが出来ます。

 

 

次に取り付けです。

金槌と中型ドライバーを用意します。

 

 

カバーナットを垂直に立て、ネジ穴にドライバーの

先端を差し込みます。

 

カバーナットとドライバーが一直線になるように

準備します。

 

上の写真はダメな例。ドライバーとカバーナットが

曲がってしまっています。

 

カバーナットとドライバーが一直線になった状態で、

ドライバーのお尻側を金槌でたたきます。

 

 

カバーナットのバリが復活します。

これで、サイドカップから落ちることはありません。

 

金槌の力かげんは、何度か試して覚えてください。

 

 

Lee David Temptation Is Calling My Name  

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store