<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

針の話を。

来年になればブライトリバーを立ち上げて

10年。

 

だからですかね。

いまさら、の話をしたくなっています。

 

 

 

一目でブライトリバー製のフックと

分かるものにしたかったのです。

 

また、これは個人の感覚かもしれないけれど

Wフックで釣った魚は、損傷が激しかった。

 

その原因を取り除きたかった。

 

当時のルアー業界はフックの種類が少なかった。

エサ釣りやフライのフックはたくさんあるのだ。

 

出来ないはずがないと考えた。

多くのハンドメイドルアーメーカーがマスタッドや

 

オーナーさんのフックを使っていた。

選択肢がないから仕方がないのかもしれないが思考停止に

 

なっていないのだろうか、との思いもあった。

日本のフックの生産地域は兵庫県の加東市の東条エリアか

 

西脇市に集中している。

当社は西脇のフックメーカーで作ることに決めた。

 

生産現場で、出来ることと出来ないことを確かめる。

次に、作りたいフックの仕様を決めていくのであるが、

 

相当に自由度が多く、メリット、デメリットを確認しながら

決めていくことになった。

 

これが本当に勉強になった。

 

どの太さの針金を使うか。

 

シャンクの長さをどうするか?

針先の向きをどうするか(ストレート or ネムリ)

 

ゲイブの広さをどうするか。

カエシの大きさ、位置はどうするか。

 

Wフックの開き角度をどうするか。

アイの形状をどうするか。

 

そして、難しいのがメッキだ。

 

メッキというものは、先端に厚くつきやすい性質がある。

化学研磨とは、針先を溶かすことによって、とがらせるのであるが、

 

メッキをかけると、針先が(厳密に言えば)丸くなるようになってしまう。

メッキを必要としないステンレスにするか、塗りという仕上げ方法もある。

 

ブライトリバーのフックはメッキをかけている。

探して探して、先端が鈍くならないようなメッキを見つけたのだ。

 

それでは、ブライトリバーのWフックは世界最高か?

それは、わからない。

 

ブライトリバーのルアーのためだけに考え、作りだしたフックである

他の使い方を考えたこともない。

 

ただ、フックメーカーでなければ考えもしないような要素を学び

すべて私たちが判断して作り上げたフックである。

 

すべての形状に理由がある。

私は、このフックだけでもたっぷりとストーリーを

 

語ることができるというわけ。

 

もうすぐ完売ですよ。

 

Ruthie Foster - Ring of Fire

diary | permalink | - | -

Wrecking Ball F3 発売!

ルアーメーカーの私が、なぜフライリールを

発売するのか?

 

ここ数年、バスフライの問い合わせが増えています。

知る限りのことは、お伝えしているのですが、

 

お勧めするフライリールがない。

 

メインの仕事は

こっち。

頑張ってまっせ!
 

五十鈴工業の林社長に相談したのです。

バスフライロッドを発売するのであるが

 

合わせるリールがないのです、と。

私のフライロッドはルアーマンのために

 

発売するもの。

高すぎるリールは、困るのですが、自信をもって

 

お勧めできるリールが欲しいのです、と。

 

Wrecking Ball F3 #7/8

PFLUEGER

 

五十鈴工業は、60年以上の歴史の多くを海外ブランドの

リールつくりに費やしてきました。

 

PFLUEGER、SHAKESPEARE、ABU、Browning、

Eagle Craw etc..

 

日本のリールメーカーの製品も数多く手掛けてきました。

そのリールの中には、フライリールも多かったのです。

 

日本のリールメーカーでは、一番多くフライリールを作ってきた

メーカーと言ってもいいほどなのです。

 

というわけで、デッドストックのフライリールがあるんじゃないかな?

と思っていました。

 

 

五十鈴工業から送られてきたリールは、偶然かもしれませんが、

私がメインで使っているISLANDER IR4と同じサイズでした。

 

これで決まりだな、と。

バスフライを始めたいけど、どんなリールがいいのか

 

わからない、という方。

このリールから始めてください。

 

 

7番および8番ライン用です。

129グラムのシングル(クリッカー)アクションタイプです。

 

このリールにはNew Tradという名前があるそうなのですが、

当社で発売するモノはレッキンボール F3という名前にします。

 

もちろん五十鈴工業の同意は得ておりませんが、

まぁ、私が嬉しくて名前を付けただけなので問題ないでしょう。

 

 

日本では、バス用のフライラインが手に入りにくいことが

気になっていました。

 

すると不思議とつながるものですね。

以前、京北のイベントでお会いした方が、バス用フライラインを

 

扱っておられるとか。

ひとつ頂きましたので、さっそくテストを始めます。

 

上手く行けば、当社でも売らせてもらいたいなぁ、と

これも勝手に思っております。

 

Feel Like Makin' Love / M. Brecker S. Gadd C. Dupree

 

Ts.Michael Brecker
G.Cornell Dupree/G.Eric Gale
Key.Will Boulware/Arthur Jenkins/Chris Hills
B.Gordon Edwards
Ds.Steve Gadd
Perc.Ralph McDonald

 

もう、このメンバーを見るだけで泣けてきますねぇ。

みなさん、リーダーとして活躍できる人ばかり。

凄いなぁ。

勝手に感動しちゃいますね。

 

 

 

diary | permalink | - | -

道具があるから楽しい。

私にも贅沢をしていた時期がありまして

フィットネスジムなどに通っておりました。

 

子供のころからメタボであった私。

運動会もマラソン大会も嫌いでした。

 

だからスポーツが嫌いだと自分で決めつけておりました。

 

 

それが、マシーンを使って体を動かすことは

楽しいんですね。

 

スポーツが嫌いじゃなかったんだ、と気がついて

嬉しかったものです。

 

 

釣り道具も似たところがあります。

釣具屋に行って、高い値段のカーボンロッドを

 

買ってきてもペンシルベイトすら動かせない、なんて

ことが起こります。

 

それは、道具選びが悪かっただけで、お客さんは

悪くないのですが、ペンシルベイトも動かせない自分に

 

がっかりしてしまったりする。

 

 

長くブログを続けていると基本の基を書く

機会を忘れがちなもの。

 

私がトップウォーターオンリーになった理由。

 

道具がカッコ良かったからです。

 

J/C2 ぞうきんワイパー200 413423

 

そういう私がお掃除の本を読み始めました。

 

はい、お約束です。

道具を集めるのです。

 

いままで床は手でぞうきん掛けしていたのですが、

いい道具があるみたい。

 

山崎産業のぞうきんワイパー。

立ったまま、ぞうきんがけが出来るみたい。

 

で、山崎産業を調べてみると、結構、こだわって

掃除道具を開発しているらしい。

 

ホームセンターで早速買ってみたのですが

なかなかよくできています。

 

消耗パーツがそろっていて、だれでも簡単に交換できる

構造になっている。

 

素晴らしい。

いつも思うのですが、家庭用品の開発は、相当に難しいはず。

 

何と言っても、価格が高くては買ってもらえない。

でも、掃除道具などは、頻繁に使われるものだから、耐久性も

 

必要である。

説明書や注意事項も読んでくれないと思わないといけない。

 

壊れにくい構造が必要となる。

難しいよ、これは。

 

La Salsa LLego - La Sonora Carruseles

暑いときは、こういう音楽もいいよね。

diary | permalink | - | -

VINTAGE GUITAR 手に入れちゃった!

嫁さんの実家で、ご詠歌をあげておりました。

その後、私が大正琴を見たことがない、といったもので

 

色々な大正琴を見せてもらたのです。

多趣味なお母さん、電子ピアノからウクレレまで持ち出しました。

 

そして、ギターもあるよ、と見せてもらったのが

見たことも無いような古いギターでした。

 

 

お母さんが女学生だったことに買ったものらしく、

単純に計算しても60年以上前のものになります。

 

 

サウンドホールの中のモデル名を確認すると

NIPPON GAKKI(YAMAHA) No.40とある。

 

現代のヤマハのギターです。

 

 

アメリカのマーチンやギブソンといった

メジャーブランドで60年前のものとなれば

 

大変な価格となるでしょう。

 

 

いただいたギターは弦が古すぎて使い物に

なりませんでした。

 

明日、弦を張り替えて試してみるつもり。

きっと、すごくいい音が鳴るはずなのだ。

 

楽しみ・・

 

Dynamic Guitar

diary | permalink | - | -

8月15日、16日 お盆休みをいただきます。

昨日のガイド位置の話ですが、富士工業の軽いガイドを

使えばいいんじゃないですか?という問い合わせがありました。

 

そうですね。

軽いガイドを使えば、いいと思いますよ。

 

でも、それは感じなくなるだけじゃないかなぁ?

ある程度、重いガイドでバイブレーションをとめる位置を

 

探し、その位置に軽いガイドを取り付ける方がいい気がします。

私は、そうしています。

 

左ばかり・

 

長いものを送るのが難しい状況になってきました。

ヤマト急便をメインで使っているのですが、ちょっと長くなると

 

ヤマト便という引っ越し用の荷物扱いになります。

まぁ、それはいいのですが、送料は倍になり、時間指定が出来ません。

 

じゃ、別の運送会社にすればいいじゃないか、ということなのですが、

どこも同じような状況なのです。

 

将来的には、ロッドを短くするか、2ピースロッドや3ピースといった

ロッドを増やしていくか等を考えて行かなくてはなりません。

 

大変だなぁ、と思うのですが、ロッド開発は楽しいので

嬉しいなぁ、という自分もいてね。

 

 

 

 

 

リンネル特別編集 心地いい毎日を作る私の掃除術 (e-MOOK)

 

私がかたずけられないのは学習してこなかったから。

これからは、大丈夫!

 

な、はず・・・・

 

 

Darlin'

彼女がすごいのはもちろんですが、

バックミュージシャンがすごい!

会場で聞きたかった!

 

diary | permalink | - | -

果てしないガイド位置の世界

朝からラインチューブのパッキングです。

一気に注文が集中してしまいました。

 

次にノーズマウスフックのバルクフックの用意です。

 

1本1本かぞえて50本。ブリキ缶に入れ、ビニールテープをかけ、

PP袋に入れてサイズシールを貼ります。

 

まぁ、こんなことで1日が終わろうとすると、何やってるんだろオレ、

と考えたりしますよね。

 

でも、そうはならないんですよね。

ずっと小さなことがしたかった。

 

雇われ社員だった頃は、利益を出なさければなりません。

 

 

ラインチューブもノーズマウスのブリキ缶入りも、利益が

出ているかは、怪しいものである。

 

居酒屋さんで最初に出る、突き出し(お通し?)のような

ものですね。

 

雇われの身分で、こんなことしたらクビ、間違いなしですね。

夜の8時を過ぎて、ロッドを触ることが出来ました。

 

5fのサトリ(サンプル)のガイド位置を決めます。

あらかじめマスキングテープを12枚、用意します。

 

以前に作った5ftロッドのガイドを位置を参考に

マスキングテープでガイドを仮止めします。

 

ロッドを手で持って振ります。

 

振ります。

 

振ります。

 

そこで違和感がなければOKです。

しかし、素材が違っていたり、曲がるポイントが違うロッドであれば

 

たいてい違和感が出てきます。

どういったものか、と言えば、先が重く感じる。

 

曲がってから真っ直ぐに戻る動作が鈍く感じる。

振り切った後に、ブルブルとバイブレーションが残る、などなど。

 

違和感の原因は、ブランクの性能と思いがちですが、私たちに

努力する部分も残されているのです。

 

それは、ガイド位置の調整です(ガイドの大きさも)。

では、どうするのか?

 

はい、仮止めしたガイドを前にやったり、後ろにやったりで

調整します。

 

当然、変えたたびにロッドを振って確認するんです。

果てしないように思いますよね。

 

大丈夫。20年やれば、だいたい見当がついて、30分もあれば、

違和感を止めることが出来ます。

 

そのめんどくさい作業も楽しくなります。

 

コーヒー計量スプーン

 

きたのまりこ という作家さんの

コーヒー計量スプーンです。

 

計量スプーンはプラスティックのもので

役割は果たすことが出来るのです。

 

でもね。

丁寧にいれたいと思ったら、特別なものが

 

欲しくなりますよね。

真鍮製。鋳造製法で作られた計量スプーン。

 

使い込んで色の変化を楽しみたいと思っております。

 

 

 

Fire-KingのJADE-ITEも買っちゃいました。

Extra Heavyモデル。

 

このモデル、数が少ないのか、ヴィンテージ市場で

とっても高い。

 

だから日本製の復刻版を手に入れました。

まず、実物を手に入れて、必要かどうかを判断するんですね。

 

ものすごく持ちやすくて好印象。

コーヒーをすごく飲む私は、もう少しサイズが欲しいですね。

 

来客者用?

4つぐらいそろえるか?

 

Yutaka - DREAMLAND

この方のセンスの良さは特筆できますね。

しばらく作品を見ていないので、そろそろ

新作、出ないかなぁ・・

diary | permalink | - | -

シングルショートタイプのウッドグリップ発売!

私の足りないところなのですが、欲しい商品は

探してでも買ってくださるだろう、と思ってしまっているところ。

 

今のお客様は、そのうえで簡単に買えることが

必要なんですよね。

 

Chucker Classic/ Walnut wood / SSタイプ

 

シングルショート(SS)タイプのウッドハンドルは

これまでも作っていましたが、数が少なく

 

ご紹介する前に売れてしまっていた商品でした。

 

Eyespot / Walnut wood / SSタイプ

 

今回、藤原君が比較的多めに作ってくれたもので、

チャンスだと思ったのです。

 

あるうちに紹介してしまおうと。

最近は、私の動きが遅くて紹介しようと思っている商品が

 

売れてしまって紹介できずに終わってしまう例が多いのです。

 

 

シーズン中だというのに釣り業界の人は

今年もイマイチだねぇ(売り上げの話)という

 

話ばかり。

ノー天気な私は、新作ロッドばかり作っております。

 

今日入荷したロッドはサトリの5ftモデル。

もちろんサンプルでこれからテストしていくものです。

 

白いグラスに4軸カーボンをかぶせた製法なのですが

初めて色を塗ってみました。

 

サトリは6ftじゃないの、って?

前まではそう言っていましたが、開発は聖域なしで

 

行うのです。

 

 

20年来の懸案事項です。

なぜ、日本でかっこよく使えるフィッシング用プライヤーがないのか?

 

まぁ、性能がいいものはあるので、それでいいじゃない、ということなんですが

嫌なんです。

 

じゃ、お前、作れよ!という話なんですが、私がやる仕事じゃないよなぁ、と

思うのです。

 

カッコいいは個人の見方なので、不確実な話なんですが、

MADE IN JAPANでいいやつ、欲しいなぁ。

 

 

私が今後発売するフライリールはレッキンボール(Wrecking Ball)

という名前にします。

 

ビルの解体時に使う強大な鉄球のこと。

フライリールとの共通点は、横から見て丸いところだけなんですが、

 

なんとなく壊したいものがあって、そういう名前がいいな、

と思ったのです。

 

I Took My Strength from You - Stephanie Mills with Burt Bacharach

彼女は、歌がうまい。

抜群に。

diary | permalink | - | -

水鳥はいい場所を知っている!

8月11日は琵琶マスの関係者が集まり

バーべーキューを楽しんでおりました。

 

怒ってる?

 

楽しく充実した時間というものは疲れを

伴うものなのでしょうか?

 

ブログを書こうとして寝てしまいました。

 

ようやく手に入れた

サトリ1604での

初ヒット!

 

 

 

お客様からのメールをヒントに

言い訳のごとく、11日のつもりのブログを

 

お届けします。

 

待つ時間も楽しいと信じて

 

海の船釣りでは、鳥を探せ、と言われます。

鳥が集まっている下には、小魚が集まっており、

 

その下には、この魚を狙っているフィッシュイーターが

いるからです。

 

広すぎて魚の居場所が分かりにくい海だけの

話だと思ってしまいがちですよね。

 

フライでの初バス!

 

ブラックバス釣りでも鳥は大きなヒントになります。

自然界の生き物は無駄なことをしません。

 

魚を食べたいからその場所におり、彼ら(彼女?)の

狙う小魚は、ブラックバスも食べる小魚であるわけです。

 

おまけのフライで

 

つらい時、バスの居場所が分からなくなったとき、

水鳥は大きなヒントになりますよ。

 

ただし、水鳥が虫や水草を食べている場合は、

参考にならないカモしれません

 

jools holl& - Boring (With Ruby Turner)

ルビー・ターナーがイギリスの女性歌手です。

私、好きでして、本当に実力をもった歌い手だと

信じております。

しかし女性は年齢を重ねるとアルバムを発表する

チャンスが少なくなるのでしょうか?

活動が見えにくい状況が続きました。

ジュールズ・ホランドが彼女の可能性を

見つけてくれたみたい。

diary | permalink | - | -

一を聞いて十を知る!?

釣りを仕事にすれば、釣りに行く機会は

減るものだ。

 

当社のように、ものつくりに取りつかれた

ブランドは、さらにその傾向は強く、

 

釣りに行ったとしても、ルアーテストや

ロッドテストに明け暮れることになる。

 

 

それが、つらいわけではなのだ。

絶対に新し発見や気づきがある。

 

すると、なぜそう感じたのか?

なぜそういう結果になったのかを調べなければ

 

気が済まない。

仕事ではあるが、おもしろいからそうしてしまう、

 

といった方が正直かもしれない。

 

 

藤原君は新しいTONYの生産を決めた。

ブランクも削りあがってきた。

 

後戻りはないのだ。

楽しみであり、プレッシャーも同時に感じられてくる。

 

そのルアーで釣ることは大切なこと。

自分で釣ることが大切なのだ。

 

バスはエネルギーを与えてくれる。

 

 

岡田社長が亡くなり、いまは岡田社長を

支えてきた女性たちがブライトリバーの

 

ガイドを作ってくれている。

 

 

これがいい感じなのだ。

指示したトップガイドのパイプ径(通常は内径)を外径と

 

間違えて作ってしまう。

足の長いタイプのガイドを頼んだはずが短いタイプで

 

出来上がってくる。

そのたび、「これでいいでしょうか?」と長い手紙がついてくる。

 

一生懸命、やってくださっているんだ、と思う。

間違うのは私の指示の仕方に工夫がないのだ。

 

岡田社長とは、電話で使えるだけでなんでもやってもらうことが出来た。

そういう部分に慣れてしまっていたのだな。

 

彼女たちとの新しい関係つくりから始めようと思う。

 

 

希少というキーワードがないと興奮しない人には

無理かもしれないが、いま、藤原雄一が作るものは

 

買っておいた方がいいと思いますね。

 

 

Sonny Clark (Usa, 1962) - Leapin' and Lopin' 

diary | permalink | - | -

ウォンバットを見た!

ウォンバットが近くの動物園にいるらしい。

子どものころからいろいろな動物園には

 

行ったつもりであるが、その動物は見たことがない。

定休日の今日は、チャンスではないか。

 

 

大阪は池田市に五月山公園があり、その一角に

動物園が併設されている。

 

その動物園の一番人気がウォンバットであるらしい。

 

 

この動物園が入場料がなく、駐車場代

2時間300円を払えばウォンバットに合うことが出来るのだ。

 

 

嫁さんにはヌートリアみたいなもんだろ、と

言っていた。

 

実物を見てびっくり!

なんだ、こいつは???

 

 

嫁さんは、かわいいという。

 

オーストリアはライオンなどの強い動物が

いなかったため、ウォンバットのような

 

まず最初に食べられてしまいそうな動物も

生き残ることが出来たという。

 

 

定休日の暇つぶしとしては、いいものを見た。

 

Passport #2572

めったに作らないはずのパスポートを

また作りました。

 

まぁ、この前の数が少なすぎたんですね。

今回も少ない数しか作っていないのですが

 

手に入らなかった方、チャンスです。

 

John Stoddart - If You Really Need Me Now

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store