<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「G20サミット」に伴う交通規制の影響によるお届けの遅延と一部サービスの中止について

大阪市内で「G20サミット」が開催されることに伴い、

大阪府内で大規模な交通規制が行われる影響で、

6月27日(木)から7月2日(火)頃まで、関西地方の一部地域が

お届け先または発送元となる荷物のお届けに遅れが生じる可能性があります。

この影響で、下記の地域で一部サービスを一時的に中止いたします。

 

 

なお、交通規制の状況等の影響によっては対象地域以外でも遅れが生じる可能性があります。

また、大阪での首脳会議に加え、各地で関係閣僚会合が開催されることに伴い、

一部の地域でお届けに遅れが生じる可能性があります。

お客さまにはご迷惑をおかけしますが、あらかじめご了承いただきますようお願い申しあげます。

 

  1. 対象地域

    大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)

  2. 全国から対象地域宛ての荷物
    1. (1)宅急便の「お届け日指定」ならびに「時間帯お届けサービス」の中止

      対象地域宛てで、お届け予定日が6月27日(木)から7月2日(火)までの荷物は、お届け日指定ならびにお届け時間帯の指定はお受けすることができません。

    2. (2)荷受けを中止するサービス

      全国から対象地域宛ての「クール宅急便」「宅急便タイムサービス」は、一時的に荷受けを中止します。対象となる期間は、発送する地域によって異なります。

      1. [1]東北地方(岩手県、山形県、宮城県、福島県)、関東地方、北信越地方、中部地方、関西地方、中国地方、四国地方、九州地方からの発送

        6月26日(水)から6月29日(土)まで、荷受けを中止します。

      2. [2]北海道、東北地方(青森県、秋田県)、沖縄県からの発送

        6月25日(火)から6月28日(金)まで、荷受けを中止します。

 

G3サミット開催!

 

While My Guitar Gently Weeps (Taken from Concert For George)

diary | permalink | - | -

初めてって素敵ですよね。

人生初のカヤックだそうです。

初めてのカヤックで大きなバスを

 

釣りあげてしまった。

 

 

最高ですね。

うらやましいですね。

 

 

この嬉しさを忘れないでほしいと思います。

 

 

初めての体験が無くなる一方の我々は

せめて若い方の初めてを補助する存在でありたいですね。

 

 

ブライトリバーが作る道具は高価なものばかりですから

若い方に使ってほしい、とは言いにくいのですが、

 

ぜひ、借りてでも触ってほしいと思います。

使いやすい道具は、ほんとうに使いやすいのです。

 

patagoniaの

ホームページからの

画像です。

センスいいですね。
 

トップウォーターの専用タックルがない時代から

無駄使いを繰り返し、使いやすい道具を探し続けてきました。

 

結局、自分たちで作ることになってしまいましたが、

ダメな道具といい道具の見極めは非常に難しいのです。

 

ブライトリバーの商品の中でブライトキャスタースティックや

ブライトキャスターグリップ。ビキニシリーズなどは、

 

トップウォーターに興味があるけど何を選べばいいか、わからない、

という方に向けて発売しているものです。

 

小さな会社で販売価格を低く抑える、というのは難しいことなのですが

工夫を凝らし、当社の中では手に入れやすい価格にしております。

 

私はトップウォーターのブラックバス釣りが一番面白いと

信じておりまして、この楽しさを多くの人に味わっていただきたいのです。

 

人生が変わるほど楽しいですから。

 

 

 

Bob Marley - Three Little Birds - #OverStyle

Overdriver Duoという方々のようですが、

良く知りません。

他の動画も見ていただきたいのですが、

二人ともいろいろな楽器を演奏するのです。

それも結構な腕前です。

世界は広いですね。

 

diary | permalink | - | -

大先輩は元気だ!

昨日、琵琶湖でご一緒した塩澤会長から

メールが届きました。

 

 

奥飛騨、楽しみました。

と。

 

ほんと、追いつきたいです!!

 

富士NA-GAアダプター 純正品

 

興味のない方には全く関係ない話で恐縮です。

幻の富士グリップパーツ。

 

NA-GAコネットを発売します。

GAコネットにかぶせてNAコネットとして使える

 

コネットです。

いつかは、ブライトリバーのロッドに使おうと思っていたのですが、

 

その時は、作ればいいや、と。

貴重品ですよ。

 

 

水曜日、バス釣りに行こうとルアーを

改造しました。

 

見た目は変わりませんが、ウェイトの量や位置を

変えて、求めるアクションを実現しようとしたもの。

 

リグの下に穴が開いていて、その中にタングステンウェイトが

入っています。

 

そのウェイトを出したり、増やしたりしてアクションを

調整するのですね。

 

面白いですよ。

 

 

真鍮素材を使ったマイルドエッジのドラグが

売り切れてしばらくたつのです。

 

私が使っているリールのドラッグを変えたくて

サンプルを作ってみました。

 

大きすぎず小さすぎずのサイズだと思っているのですが

使い心地はどうでしょうね。

 

理論より自分の感覚を優先したいと思っています。

 

Allen Toussaint - Cruel way to go down

この人のメロディーセンスは、本当に

素晴らしいですね。

スローテンポの曲であっても、彼ならではの

フレーズに出会うと、のけぞりまくります。

diary | permalink | - | -

本日、ビワマスガイドのお勉強。

「琵琶湖、行くよ」と言われ、

ハイ、喜んでと。

 

株式会社天龍の塩澤会長です。

 

琵琶湖で一番の藤本ガイド艇で下働きスタッフです。

 

 

しかしねー。

琵琶湖で一番釣る藤本さんのテクニックは誰もが学びたいものなのです。

 

 

 

仕掛けを用意しながら、リーダーの長さをはかったり、

ボートを流すスピードを必死で覚えます。

 

だって、ビワマスの釣り方を紹介する本はなく、個々人が

自分の考えを発表しているだけの状況。

 

その方の実績もわからないし、どこまで信じていいか、

わからないのです。

 

このロッドは私が作っています。

 

藤本さんの船には何年も乗っていますが、

ミラクルを何度も見せていただきました。

 

テクニックを学ぶならこの人しかいないのです。

 

左側が榎戸くん。

 

途中、すれ違ったボートに

見たことがある人が乗っていました。

 

千葉に引っ越したと聞いていましたが、

なんで???

 

 

 

Jo Stafford - The Gentleman Is A Dope

ジョー・スタッフォードは30年以上聞いていますが、

動画を見るのは初めてです。

凄い時代になったものですね。

diary | permalink | - | -

最後のブライトキャスターグリップ、作ってますよ。

もうなくなってしまった、と思っていたブライトキャスターグリップ。

なんと、私の在庫確認ミスで、素材が出てきたのです。

 

やった!ということですぐにでも発売したいのですが、

本体の加工。コネットの作成。ヘッドキャップの製作、

 

そして最後に組み立て作業と、簡単にはいかないのです。

 

 

その作業のすべてを橋本製作所の橋本君が一人で

請け負ってくれております。

 

無理は言っていますが、無理強いは出来ないのです。

 

人気のあるグリップですから再生産すればいいのですが

金型の損傷が激しく捨てられてしまったとか。

 

やるなら新たに金型を作るしかないのです。

まぁ、作ってもいいのですが、ある程度価格を抑えたものに

 

出来るか、わからないのですね。

悩んだからチャレンジするのが私のやり方ですが、

 

うちの工房が対応できるのか?という問題もあるのですね。

今日は朝から北井部員がぎっくり腰です。

 

私は二日連続のボウズ。

うまくいかないくても進む道は前しかないんですね。

 

Marika Hackman - I’m Not Your Man

diary | permalink | - | -

僕らの釣りにはオールドフィーリングが必要なのだ。

ハンドメイドルアーを使ったブラックバス釣りには、

長く使い込まれた道具が似合うのだ。

 

それはオールドフィーリングを感じる釣り道具と言ってもいいのだけれど、

使いにくければ本末転倒ということになる。

 

実際、トップウォーター専用の道具がなかった時代があり、そのころは

ヴィンテージタックルで釣りをしていたのだ。

 

するといろいろな不都合が出てくる。

性能であることもあるし、気に入って誰かに勧めたくても

 

手に入れにくいことが多かった。

だから、自分で道具を作り始めたのだ。

 

性能は現代に通用するもの。

デザインは、オールドフィーリング。

 

新品であっても少し使えばヴィンテージロッドになるようなデザインを

求めたのである。

 

Liverkayak #1562S シルバーフットモデル

 

ロッドの素材はグラスファイバーが多くなった。

釣り竿の素材としては、竹が古いのだけれど、

 

誰にでも勧められてトップウォーターに適していると

考えたのがグラスファイバーであったのだ。

 

ただ、現在、トップウォーターブランドが発売するロッドで

グラス100%ロッドは少数派になってしまった。

 

短い言葉で説明するならカーボンロッドがいいですからね。

20グラムを超えるようなハンドメイドルアーで釣りをする

 

喜びは、ルアーをアクションさせる実感が得られるとこにある。

ここちいい抵抗感がいいんですね。

 

そのつながりでグラスロッドはキャスティングという動作を

じっくりと味わえるのだ。

 

これが病みつきになるんですね。

 

スター(星型)ドラッグ ブライトリバー用 ブラック スモールタイプ

 

1980年ごろのスミスさんのいカタログには、フルーガー2600や

2800というベイトキャスティングリールの美しいすがたが

 

紹介されていました。

比較検討なんて出来ない田舎在住の私は、かっこいい!と

 

毎晩のように、ため息をついておりました。

 

 

50歳を越え、リールを作る立場になっている私。

 

あこがれたものの形を再現させる欲望に抵抗する

すべがないのである。

 

 

川越でプレスされた星形パーツを大阪で磨き、京都で

メッキをかけて、川越の五十鈴工業にハンドキャリーし、

 

目の前で組み立て作業をしてもらった。

たかが、ドラッグなんですけどね。

 

 

長く支払ってもらえない取引先があるのだ。

仲間だと思っていた男だけに辛い。

 

家まで取り立てに行けばいいのだけれど、

その時間があるなら釣りに行きたい私。

 

腹立たしく何度の出してきた請求書の封筒に

ハチの一刺し。

 

ま、効果はないと思うけど。

 

New Birth - Fallin' In Love

歌のテーマはいつもここにたどり着くんですね。

diary | permalink | - | -

一緒に考えたほうが楽しいのにね。

問屋さんのイベントでもあるのでしょうか?

ブライトリバーの販売協力ショップの方が突然、

 

来られたりします。

 

淀川ブラック!

 

やはり顔が見えると嬉しいもので

話がはずみます。

 

話が疲れ始めると、最近どう?となる。

そこからは、いつもの話です。

 

お客さんがないものばかりを求める。

だから、無いものを作って、と。

 

淀川ブラック!

 

作ってと言われても無いものは作れない。

こういう場合、一緒に考えたほうが楽しいと思うんですよね。

 

当社は3人しかいない会社。

やりたいことがあるなら説得するのも3人で済むのです。

 

私は社長ですが他のスタッフがやりたくないことを無理強いしたくない。

楽しいプロジェクトは、だれでも参加したいもの。

 

そういう状況にしてくれればいい。

 

白トラと黒トラ。

 

一緒に考えて、自分も動いて新しい商品を作っていくほうが

面白いストーリーが生まれます。

 

接客をする際にも楽しい話を加えて楽しんでいただけるはずです。

 

 

天龍の塩澤会長にビワマスを快適に簡単に釣っていただくため、

道具選びを続けています。

 

トローリングの世界ではクリッカー付きのベイトリールが絶対と

言われておりまして、いろいろなモデルを比較検討した結果、

 

ABU社のパーミングカップモデルがいい感じなのです。

いいと思ったら、その原因を徹底的に知りたい私。

 

たくさん買って次々とオーバーホールを繰り返しています。

パーミングカップモデルで、クリッカーがついていればコダワリなく

 

買っているのですが、分解すれば内部構造が違う。

その違いの理由を考えるのが楽しいのです。

 

パーミングカップモデルは1980年ごろに登場したのですが、

いまだに売られている長寿モデルですが、時代によって進化しているのですね。

 

市場からの要求にこたえるように開発してきたのでしょうが、基本的なベースは

決まっていますから、開発者の涙ぐましい努力が見えてきます。

 

これは五十鈴工業さんのリールでも同じことですね。

ベースとなる機構が決まっている中で改善していくことが開発に

 

なるのですね。

ABU社のリールを分解しまくっているのは、いつかはクリッカーシステムを

 

自社で作りたいと思うからですね。

クリッカーを欲しい人は限られているでしょう。

 

たくさん作っても売れないでしょう。

ですから、後付けで使えるシステムが現実的なところだと思うのですね。

 

自分の釣りで使う道具が全部作りたい、というのが私の考えかた。

いまは、ABUを使っていても見ているところは、もっと先なのですね。

 

 

伊万里焼は色がきつすぎて馴染めない気がしていました。

古いものなら色が落ち着いてきていい感じになるのでしょうか?

 

近くで展示会会をしているようなのです。

行きたいなぁ。

 

でも、釣りはもっと行きたいし。

 

Jim Schmidt - Love Has Taken It All Away

diary | permalink | - | -

量産は、つまらないのですよね。

困ったことに量産に興味がない。

 

10年もやっているんだから、毎年売れるものや

数量は、調べればわかるはずなのである。

 

 

よく考えてアイテムをできるだけ少なくし、

宣伝を多くするほうが売り上げはあがるし、

 

仕事も減るはずなのである。

 

 

頭でわかっていても体が動かない。

ものを作り始めると、どうしてもマニアックな

 

傾向を無視できないのだ。

 

 

ただ、ある程度の数を作らなけば、品質が

安定しない。

 

また、生活も安定しない。

毎日、ジレンマの連続の中で生きているんですね。

 

 

マニアックな傾向は、仲間の人たちにも

伝染しています。

 

忙しいのに面倒な仕事ばかりを振られて

怒りそうなものですよね。

 

富士リップ用20mmスクリュー ブライトリバーオリジナル。

 

それでも、そういう仲間の手を借りないと何もできないのが

私という男。

 

毎日、感謝しているのです。

 

Marc Jordan - She Used To Be My World

diary | permalink | - | -

北井部員のブラックビューティー。

ブライトリバーの製作スタッフである北井部員が

新しい仕上げ方法を完成させました。

 

 

銘木は、タイガーメイプルです。

そのままでは、白っぽい素材です。

 

とてもきれいな木目の素材で、そのままでも

本当にきれいな素材です。

 

 

しかし、ブライトリバーのロッドやグリップは

黒っぽいものが多い。

 

カラー的なトータルバランスを考える方は

色合いの濃いグリップを選ぶ傾向が多いようなのです。

 

実際の販売数でも白い系より黒い系が売れているのですね。

 

 

当社で一番、品質にうるさい北井部員です。

表面に黒を塗るだけで満足するはずがないのですね。

 

釣り道具として使うのだから、傷やへこみは必ず起こってしまうもの。

万一、そうなってしまっても中身まで黒い色が達しているから

 

違和感は覚えないでしょう。

 

 

この仕上げが素晴らしいのは、通常の仕上げの流れの中で

少しの工夫でこの風合いを実現する方法を見つけたこと。

 

手間をかけすぎるとコストに反映してしまう。

時間をかけずに新しい表現方法を見つけたのですね。

 

 

古い富士グリップのパーツが欲しいという声が届きます。

さすがにオリジナルのパーツが無くなってきました。

 

このたび、関西金属工業の本山君にNGH-12やNGH-15に使う

ネジを削っていただきました。

 

素材は真鍮を使いました。

パーツだけで見ることがないから知らない方が多いですが、

 

とても難しい加工なのです。

普通なら、断られる加工ですね。

 

とても忙しい本山君の、空いた時間が出来たら削ってください、と

お願いしていたのです。

 

他所のメーカーのグリップですから私が作る必要もないんですが、

お願いされると弱いのですね。

 

Mayra Andrade - Dimocransa

最近、この人ばかりを聞いている。

欧米の人たちが作り上げた商業的な

匂いを感じないからいいのかな?

まぁ、気持ちいいから聞くだけなんですが。

diary | permalink | - | -

素顔のアンティークメタルフィニッシュ。

20年以上もオフセットグリップを作ってきたのだ。

より洗練されたものに育てていきたい。

 

しかし、逆にもっとガツンとくるものつくりも

してみたくなるものなのだ。

 

Chucker Classic A・Metal Finish

 

鋳造と呼ばれる製法で作られるチャッカークラッシックは、

その製法上、表面にしわのような表情が現れてしまう。

 

当社の定番の仕上げ方法であるポリッシュフィニッシュでは、

磨くことによって、しわのような模様を消しているのだ。

 

 

フラットブラックでも、同じく、表面をきれいに磨いてから

黒のアルマイトメッキをかけることによって模様が見えないようにしている。

 

 

アンティークメタルフィニッシュは、しわのような模様を隠すことなく

味わい深い表情として楽しんでもらおうと開発したものだ。

 

 

新品であるのに、どこかビンテージグリップのような

イメージを持たせることが出来るのだ。

 

 

釣りに行くとき、すべての道具が新品であると少し落ち着かない

気がするものだ。

 

アンティークメタルフィニッシュのチャッカークラッシックなら、

新品であっても、古さが同居しており、自然のなかでも溶け込むことが

 

出来ると思っている。

 

アンティークメタルフィニッシュは半年以上前に企画したのであるが、

定番商品つくりだけでも忙しくて作ることが出来なかったのだ。

 

すこしでも、いいな、と思ったら早めに判断してくださいね。

 

Toto-Africa-cover Zespół Interim Gimnazjum w Ślęzakach

若いっていいよね。

ちょっと若すぎる気がするけど、この演奏は

いいですよね。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store