<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

網タイツロッドができるまで。

白いグラスと4軸カーボンの組み合わせは、

どうやって考えたのか?と質問されました。

 

何度か書いているのですが、改めて説明します。

女性の網タイツのイメージなのです。

 

CG by CostumeGarden 【ランジェリー ストッキング】レース付網タイツ ブラック

 

数年前の名古屋フィッシングショーでの出来事。

天龍の開発者がブースに来てくれました。

 

まだ修行中だと思っていたのですが、一人で設計できるようになったと

聞いたもので、わがままを言ってみたのです。

 

白いUDグラスに網目状の4軸カーボンをかぶせれば

網タイツのイメージになるよね?と。

 

 

二人で盛り上がった数日後、上の写真のブランクが届きました。

その早さに驚きました。

 

ブランクはまさしく網タイツ。

何としてでもロッドに仕上げようと考えました。

 

 

ノリだけで開発したブランクですが、実際に作るのは

大変に複雑な作業が必要でした。

 

試作を繰り返し、ついにサトリを完成させました。

当社でしかありえない、当社でしか手に入らないブランクを

 

作ることができた喜びに浸りました。

しかし、表面をツルツルには出来なかったのです。

 

数年後、また無理を言いました。

網タイツをはいた足はツルツルがいい!と。

 

正直、無理を言いすぎた、と思ったのですが、天龍さんの

開発チームはさらに工程を増やし、ツルツルブランクを作ってくれたのです。

 

その技法が現在のサトリやクレビスのブランクに生かされているのです。

 

QUATRE#2522,#2523,#2523plus ホワイトロゴ

 

キャトルに関しては4軸カーボンで覆っていることが目で見て

わかるように表面の凸凹を残しています。

 

何度も言うことですが、いくら開発者が高価な素材を使っている、

テーパーデザインが優れている、と主張しても我々は、

 

それを見ることができない。

でも共感したい、理解したいという気持ちを持っていて、

 

そのためには共感できるサインが必要なのですね。

キャトルの場合は、表面の網目状の凸凹がそのサインとなる。

 

ロッド全体を4軸カーボンで覆っている様子が目で見て、手で触れて

理解できるのです。

 

 

釣りフェスティバルの富士ブースにあった展示物です。

富士工業のカタログで見ていたのですが、実物は

 

やはりいいですね。

古いものに目が行ってしまうのは仕方がないですよね。

 

Luther Vandross  Ain't No Stoppin' Us Now

SOULの神様に愛された男。

美しく楽しい音楽が見えていて最短距離を

走り抜ける人。

いまは天国でコーラス隊を率いているでしょうね。

diary | permalink | - | -

18日土曜日は行商です。

朝、東横インを出ようとすると京都の

テンカラ関係者と出会ってびっくりです。

 

釣り人同士って話が弾むんですよね。

 

どんな人もストレスからは逃げられない。

ストレスから逃げる手段として釣りを提案できないだろうか?

 

なんて話しているとチェックアウト時間ぎりぎりになってしまいました。

 

山口屋釣漁具店

 

私にとっては東京の観光名所。

山口屋釣漁具店さんにご挨拶です。

 

あいさつしながらも目線は、店内のルアーや

釣り道具に向かいます。

 

関西におりますとトラウトルアーやタックルをそろえている店が

ないのです。

 

さらにこの店は、山口店長が選び抜いたタックルがそろえられているのです。

その理由を想像するだけでもドキドキしてきます。

 

 

そのうえ、そのルアーメーカーの成り立ちなんかを店長に聞くと

お腹いっぱい以上の答えが返ってきます。

 

これは自分で調べるより早いよなぁ、と嬉しくなります。

今回は特に、店長が店に置こうと考えるブランドの基準などを

 

聞くことが出来て非常に勉強になりました。

こんなに喋って疲れませんか、と聞いたところ、聞かれなかったら喋らないように

 

している、とか。

釣り道具とゆっくり語りたい人にも快適空間になるように心かけておられるようです。

 

釣り道具がいっぱいある空間に浸りたい方にお勧めします。

山口さんが選び抜いた釣り道具はここでしか見られないものも多く、

 

見てるだけで体温が上がってくる体験ができますよ。

 

バスポンド

 

東京に来れば、道の駅に寄るように来てしまうのが

バスポンドさんです。

 

釣り道具がいっぱいある空間であることは間違いありません。

私の事務所も混とんとした釣り道具、多すぎ! 空間なのですが、

 

売りものばかりで松井さんが小さく見える空間を作り上げているのは

圧巻です。

 

 

松井さんと話しながらもソワソワしてしまいます。

 

トップウォーターのハンドメイドプラグをここまでそろえている店は

思い当たりません。

 

事務所で仕事ばかりしている私は他のブランドさんのルアーを見る機会が

少ないのですね。

 

バスポンドさんは、もう積み上げるぐらいそろっていますので、楽しくて仕方がない。

 

 

ネットで買うのは楽だし便利だしで、この流れが変わることはないでしょう。

でも実物を前にドキドキする釣り人の感覚も変わらないものだと思うのです。

 

好きな道具との出会いは、いいポイントにルアーが入ってバイトが得られた時の

ドキドキ感と変わりません。

 

東京に来てドキドキしたい人。

山口屋釣漁具店とバスポンドさんは寄ってみたほうがいいですよ。

 

もう観光名所ですからね。

 

Zapp & Roger - Summer Jam '98 

今日の東京は寒かったんですけどね。

diary | permalink | - | -

New SPEEDSTICK復活!

1月17日11時半ごろ「釣りフェスティバル」

会場に入りました。

 

真っ先に天龍ブースに行きます。

 

 

ありました。

New SPEED STICK。

 

子供のころ、あこがれたロゴを見ることが出来ました。

 

塩澤会長です。

 

世界で初めてスピードスティックを発売した

塩澤会長もいらっしゃいました。

 

舟木君です。

 

銘竿を復活させるという難しいプロジェクトを

まとめ上げた開発部の舟木君にも話を聞きました。

 

発売は秋頃になるようです。

新しい概念を加えたスピードスティックがどのような

 

ロッドに仕上がっているのか楽しみですね。

実際に投げてみたかったですね。

 

 

ちなみにグリップとロッドブランクは抜ける構造になっています。

BLストレートフェルールを取り付ければ、EYESPOTやCHUCKER CLASSICで

 

使えるようになります。

最初はそのまま使って、フェルールモデルに改造しちゃうんだろうな、と

 

思いました。

 

 

毎年、富士工業さんが粋な計らいをされております。

金曜日の終了間際になると、ビールやジュースを無料で配布されるのです。

 

そして、飲み物の缶には、FUJI TACKLE PLUS+と印刷された

レオプレーンカバーをつけてくださり、持ち帰ることができるのです。

 

富士工業さんが好きになっちゃいますよね。

 

EXPLORER'S

 

ショーが終われば宴会です。

難しいのは2次会の場所。

 

ヤマケンさんの提案で「エクスプローラー」さんへ。

釣り道具にあふれた空間でお酒を飲める。

 

誰もが一度は夢に見る空間を作り上げた石関さんはすごいですね。

お酒を片手に道具談義に花をさかせ、我慢できなくなったらその道具を

 

買うことができる。

私がやりたかったことの一つを実現している方にお会いできて感動でしたね。

 

とても気持ちのいい空間でした。

 

 

窓に明りがともる時 - 赤い鳥

山本潤子さんの歌がいいんですね。

彼女の歌は古くならない。

難しく歌わない。

それでも、心のどこかに残るのです。

diary | permalink | - | -

ネジには相性というものがありまして・・。

☆ 2020年1月12日(日) 四国・香川県にてガッ釣り 44cm ☆

 

関西では1月とは思えない日が続いておりまして、

誰かが釣ってくるのではないか?(私は釣れておりません・・)と

 

思っていましたが、やはりこの方。

素晴らしいですね!

 

 

少し前、設計図があっても同じものが出来るかは、

職人さんの技量にかかっている、というような話をしました。

 

ドラッグ(丸型) Brightliver用

 

今回は細かな話。

ネジです。

 

これは実際に苦労しました。

ネジというものは工業規格に則って作られます。

 

ですから、サイズを聞いて作れば合うはずなのです。

これが合わないときがある。

 

全く合わないわけじゃない。でも、回していくと一部で固くなったり、

ゆるゆるだったり、固すぎたり。

 

もう訳が分からない。

 

#1ハット型キャストコントロールキャップ 右 真鍮むき出し

 

当社はリールパーツをオリジナルで作っています。

基本的に五十鈴工業さんが加工したパーツに取り付けることになる。

 

ニッケルやクロームメッキを施されたパーツであれば、メッキの厚みだけの

調整が必要になる。

 

キャストコントロールキャップであれば、キャップの側で調整するのか、

差し込まれる側のネジで調整するのか?

 

どちらにせよ、五十鈴工業さんが行う加工の癖を知らなければ、工業規格通りに

作ったとしても上手くはいかないのです。

 

真鍮キャストコントロールキャップセット 左右共通

 

ちょっと話が変わりますが、素材の相性も常に

注意が必要です。

 

リールのハンドルで説明すれば、指でつかむノブは、

使っている間中、回転しております。

 

回転の中心となるハンドルシャフトの素材をどうするのか?

ノブの素材を真鍮にして、シャフトをアルミにした場合、

 

真鍮のほうが強いのでアルミが負けてしまう。

これでは意味がないですよね。

 

BLショートハンドル 茶ベイクノブ 右用

 

同じ素材同士になるのも避けた方がいいのです。

焼き付きの原因になりやすい。

 

ただ、こういった性質を知っておれば改善できる方法は

いくらでもあるのです。

 

ただ、工程が増えたり、部品点数が増えることになるため、

コストアップにつながってしまう。

 

当社が作るリールパーツは、シンプルなものばかりです。

そうした方が長く飽きずに使えるからです。

 

故障する可能性が少なくなるからです。

リールパーツはリールと調和する必要がある。

 

パーツだけが主張しても意味がないと思うのです。

 

 

 

Cota - Catch You On The Rebound

diary | permalink | - | -

貧乏性とは私のことを言う。

本日、定休日でした。

朝から、みやこう整骨院にて腰の治療を行い、

 

その後、事務所に入り通信販売の処理を7件行いました。

天龍さんよろブランクが入荷しておりましたので、ガイドとフェルールを

 

加え、職人さんに持ち込む準備をします。

 

エフペックアンティークス

 

奥さんも休みであったため、一度、家に帰り、

一緒に滋賀県へ向かいました。

 

美味しいパン屋さんとアンティークショップに向かうためです。

途中でロッドを組み立てていただいている職人さんと待ち合わせ、

 

出来上がったロッドを受け取り、次の仕事であるブランクとガイドなどを

手渡します。(この時点でスレッドを入れていなかったことに気がつきます)

 

わがし屋さんのあんぱん

 

アンティークショップでは我慢できず、椅子を一脚購入しました。

アンパンは、人にプレゼントする分を加え、たっぷりと買いました。

 

美味しいのです。

 

The Chambo #2562

素材:カーボン

 

ロッドの説明をする際に難しいのは、素材によってイメージが

大きく変わるからです。

 

私は、2パワーというクラスのロッドを大切にしています。

20グラム前後のルアーが快適に扱うことができるクラスですね。

 

もちろん1ozプラグも扱えますが、一番おいしいところが20g前後

なんですね。

 

Liverkayak #1562S シルバーフットモデル

素材:Sグラス

 

あまりロッドを硬くしたくないのです。

ハンドメイドでルアーを作っていくと必ず極端なものを

 

作りたくなるのです。

すると1ozを越えて2ozになったりもする。

 

それでもバスは、付き合ってくれるので、ついつい、

そっちの方向に行ってしまいそうになるのです。

 

実際、私も行っちゃった時期がありました。

でっかいルアーで釣った喜びは大きいのです。

 

まったく否定するものではありません。

しかし、ロッドは硬くなりランディングはウィンチで巻き上げる

 

ような感じになってしまう。

人間が強すぎる道具を持ってしまうとゲームとしての

 

面白さは減ってしまう気がするのです。

 

SUPER LIVER BL-55M/L 

素材:UDグラス

 

チャンボも2パワー。

リバーカヤックもパワー。

 

スーパーリバーも2パワー。

3本を振り比べれば、とても同じパワーのロッドとは

 

思えないはずです。

でも、ルアーを投げていただければわかっていただけるでしょう。

 

素材や調子のコントロールによってロッドは全く違った印象を与える

ものなのです。

 

その違いを私は面白いと考えています。

その違いが釣り人のイメージを広げるのです。

 

そのロッドをいかすルアーを考え、活躍するシーンを考え、

ポイントをイメージする。

 

釣竿選びは本当に面白い。

そう感じていただくお客様は一人でも増えてくださればいいなぁ、と

 

次々、ロッドを作っております。

 

Grant Green Trio (LIVE VIDEO 1969)

グラントグリーンの動画は少ないのです。

とても珍しい映像です。

ジャズギタリストなんですが、その範疇に収まり切れない

血が騒ぐサウンドをくださる方なのですね。

diary | permalink | - | -

遠心ブレーキの取り付け方。

買っていただいたばかりのリールには遠心ブレーキが

取り付けられていません。

 

これは五十鈴工業さんの方針にのっとったもので、

スプールの回転を確認していただくため、というものです。

 

もう一つの理由もあります。

買ったばかりなのにリールから音がする、と何度か言われたのですね。

 

遠心ブレーキがこすれる音が少し聞こえるのです。

私たちは知っているので問題にしませんが、買ったばかりの方は

 

びっくりする方もいるかもしれません。

というわけもあって、取り付けないことになりました。

 

遠心ブレーキ8個セット 

 

リールを取り出し、ハンドル側のサイドカップを取り外します。

ハンドル側のサイドカップについている3つの飛び出したネジを緩めると

 

外れます。

するとスプールが見えます。

 

スプールとスプールシャフト(スプール軸)が接する部分に

十字に配置された細いシャフトが見えます。

 

この細いシャフトに遠心ブレーキを差し込むのです。

基本は、180度の位置に1個ずつ差し込みます。

 

付属品としてついている一番大きなものを取り付けます。

遠心ブレーキにはヒゲがついているものと、ハットのつばのようなものが

 

ついているタイプがあります。

これはスプールを外した時に、遠心ブレーキが落ちないためのものです。

 

細いシャフトに遠心ブレーキを根元まで差し込むと自然と落ちないように

なります。この際、ヒゲのタイプのみ、ヒゲがスプールに接するようにセットしてください。

 

私はゆっくりと投げるタイプですから大きな遠心ブレーキ、二つで十分です。

スナップをきかせて早くキャストする方は4つつけるのもいいでしょうね。

 

このあたりの正解は自分で見つけるものです。

いろいろ試して効果を比較するのも面白いですよ。

 

あと、キャストコントロールキャップの調整ですが、ハンドル側のキャップはいっぱいまで

締めこんでおいてください。こちら側は調整に使いません。

 

パーミングサイド(右ハンドルモデルなら左側)のキャップだけで調整します。

このキャップを緩めすぎると意味がありません。

 

スプールに指を置いて左右に動かして、動くようなら緩めすぎです。

スプールの軸がキャストコントロールの内部にあるリン青銅の板

 

当たっている状態が正常です。

フリーボタンを押してルアーがゆっくりと落ちる程度に調整します。

 

そのあとは好みです。

私は強めに調整します。

 

みやこう先生です。

 

今日は朝から母と病院です。

8年前に乳がんの手術をした後、検査のための

 

通院を続けていたのですが、今日が最後の検査です。

連休明けのためか、検査が終わると5時間かかっておりました。

 

彼女は、めでたく卒業しました。

 

年末より腰の調子が悪い私。

病院から帰ってもコメを運べ、野菜を収穫しろ、と働かされ、

 

腰が伸びなくなってみやこう整骨院に直行です。

20年以上の付き合いですから私の腰はすべて知っている

 

先生です。

ボキボキ、ギャー!を繰り返し、終わってみれば

 

腰はまっすぐ。痛さも消えておりました。

みやこうマジック!

 

17日は、横浜フィッシングショーですから、それまでに

完治させるべく毎日通うつもり。

 

吉田美奈子 - Monsters In Town 

名盤です。一曲目のTOWNが強烈です。

山下達郎のホーンアレンジが素晴らしい。

もちろん彼女は最高です。

バックミュージシャンが暴れまくる

バージョンもあります。

diary | permalink | - | -

1月14日。15日。17日。18日。事務所を留守にします。

朝8時、北井部員と事務所で集合し、

キネヤさんに向かいました。

 

 

トラウト競哀螢奪廚虜能打ち合わせです。

10年まえでは、キネヤさんにルアーのタックルを作って

 

いただけるなんて想像もつきませんでした。

トラウトグリップだけでも相当嬉しかったのです。

 

さらに発展したグリップが出来上がるなんて、

もう、どういう言葉で喜びを表現すればいいのでしょう?

 

 

とても多くのパーツを組み合わせて作られているのにも

関わらず、見た目はシンプルで、以前から存在していたような

 

安定感すら感じさせるのです。

キネヤマジックですね。

 

Large Headcap Polish Finish

 

ラージヘッドキャップはアルミニウムを削り出して

作ります。

 

設計図があればいつもで同じものが作ることができると

思いますよね。

 

藤原君に聞いたのですが、同じようなものに仕上がっているのは

作業を手掛ける職人さんの経験と配慮によるものなのだそうです。

 

金属であっても素材の状態が毎回違う。

機械の調子も毎回違う。

 

この違うは私では気がつかないレベルのものなのでしょう。

同じ商品を毎日、作り続けているなら安定もするのでしょうが、

 

小さな会社が注文できる数量は少ないし、そのタイミングも数か月の

間隔があいてしまいます。

 

すると作業をする際に、特別なセッティングをする必要がある。

その機械は、同じ出るかもしれないけれど違うかもしれない。

 

刃物は使い始めのものかもしれないし、使って時間の経ったものかもしれない。

実際に削ってみないとわからないそうなのですが、削った見たものを見て

 

その場その場で調整を入れていくのだとのこと。

同じように見える商品であっても裏側で職人さんは頑張ってくれているのです。

 

目新しいものばかりが注目されがちですが、いつも当たり前にある商品も

経験を尽くして作っているのですね。

 

PEライン BRIGHT 30lb, 40lb, 50lb

 

ネットショップの在庫が切れておりました。

PEラインはすべてのサイズの在庫をそろえております。

 

小さい会社のくせに、ネットショップの商品はたっぷりとあって、

在庫管理が追い付いておりません。

 

在庫切れになっていても在庫がある場合があります。

問い合わせていただければ直ちに確認して回答します。

 

冨田魚店 feat.コムアイ · 冨田 ラボ 

歌詞が面白いんですよ。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store