<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ウォーターレイヤリングは使えます。

留守が多すぎて、仕事がたっぷり。

メールもラインも返せていません。

 

ごめんなさいね。

さらにダイエットできるのではないか?と思える

 

ほど鼻水がでて大変なのです。

東京土産なのかな?

 

というわけでネタがなく、よその会社の製品を紹介。

神戸にあるファイントラックという会社があって、

 

特徴がハッキリした製品を作るので気に入っているのです。

なかでも下に紹介するアクティブスキンすごい。

 

ファイントラック アクティブスキンロングスリーブ DM FUM0511 アウトドアウエア トレッキング インナー 防寒 L

 

まぁ、実感しやすいのはパンツだと思います。

アクティブスキンだけではなく、フラッドラッシュタイツとの

 

組み合わせがすごいのです。

 

ファイントラック アクティブスキン タイツ DM FUM0513 アウトドアウェア スポーツ トレーニング 吸汗拡散 通気性 M

 

この2枚をはいて水に入っても水を感じない。

アクティブスキンが、肌にぴったりと張り付いているのですが

 

水をはじくため、濡れている気がしない。

そんなアホな・・という話なんですが、とにかく快適なのです。

 

7月に入れば北海道の源流に入ったりすることになるのですが、

沢を歩けば水に浸かり、岩を登って滝を下ったりする。

 

汗も、たっぷりかくことになるのですがウェーダーでは

大変すぎるのです。

 

ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュタイツ男性用 FWM0123 ブラック M

 

ファイントラックのウォーターレイヤードシステムに出会ってからは

手放せない組み合わせとなりました。

 

他のメーカーでも同様のものがあるのかもしれませんが、

私はこれしか試していません。

 

不満がないからこれでいいと思っています。

 

私と違い、ホンモノの渓流師さんも身に着けているので

効果に嘘はないんじゃないかな。

 

ファイントラックの製品は品質重視でMADE IN JAPANに

こだわっているそうです。

 

デザインが、ちょっと好みと違うので、これからに期待したいと

思っています。

 

パンツのサイズも小さめで、もうちょっと大きくして欲しいかな。

 

アキラとあきら (徳間文庫)

池井戸潤さんの作品は、全部読んでしまった、

と思っていたら、新しい作品が発売されました。

東京出張の暇つぶしと思って買ったんだけど、

1日で読んでしまいました。

池井戸さんは、完全に読み手をコントロールする

テクニックを獲得していますね。

中毒性、たっぷりです。

 

 

Johnny Guitar Watson - Ain't That A Bitch

日本公演中に立ったまま死んでしまったギターの名手ですね。

大好きな人なんですが、同じような曲ばかりで

うんざりすることも、しょっちゅうなのですが、時間が

開くと、また聞きたくなるんですね。

diary | permalink | - | -

ロッドにルアーウェイト表示がない訳。

今日は雨。

ふっ、ふっ、ふっ、釣り場は独り占めだね。

 

現場で驚きました。

前回も浅かったのですが、流れが激流です。

 

水質は土色・・・

先行者が少なくとも3人は見える・・

 

関西の場合、釣り人が一人でも先に入っていれば

十分、その場所をあきらめる理由になります。

 

ただ、カヤックも運んでしまったし、と釣りを始めます。

カヤックのポジションを維持するだけでも難しい状況。

 

でも私。そういう方が集中力がアップして楽しくなってくる。

キャストを一回で決めなければならない。

 

流されてしまうから、落とす場所も吟味しなければならない。

ラインの落とし方、落とす方向も考えてアクションに移る必要がある。

 

さらに言えば、釣れた場合の取り込む場所も頭に入れておく。

今日は、グラスロッドを手にしていました。

 

キャストが研ぎ澄まされていきます。

思いっきりバットまで使ったキャストになる。

 

ルアーは低弾道で伸びていき、落としたいところで音もなく落ちる。

グラスロッドでよかった。

 

カーボンでも同じことが出来るけど、飛びすぎるから扱いに神経を

使う。たぶん自分では気がつかなくても疲れてしまうのだ。

 

ブライトリバーが発売しているロッドには、ルアーウェイト表示がない。

ラインの表示もない。

 

これはブライトリバーのルアーを投げるロッドだから表示する

必要もないだろう、ということ。

 

具体的には、20グラムから28グラム程度のルアーを快適に

扱えるように作っている。

 

その範囲のルアーを投げたりアクションさせたりするとして、

釣り人側の好みが出る。

 

柔らかいロッドで扱いたい。

余裕を感じるロッドで扱いたい。

 

オーバーパワー気味がいい、とかの好みがある。

柔らかく扱いたい人は2パワー。

 

余裕が欲しい人は3パワー。

オーバーパワーは3プラスといった感じ。

 

当然、2パワーは5グラムのルアーでも飛ばせてしまう。

3プラスなら2オンスでも飛んでしまう。

 

そのようなブライトリバーのルアーはないので、お客さんの側で

可能性を見つけてもらえればいいと思っている。

 

 

Steve Cropper & Felix Cavaliere - 03 Without You

diary | permalink | - | -

いろいろ入荷しているんですよ。

グラマンは明日、日本に入ってきます。

まぁ、大阪までは少し後になりますが、

 

すでに残りわずかになっておりますよ。

純正エレキマウントもあります。

 

グラマンカヌー 13ft ダブルエンダー 直接引き取りのみ

 

メッシュキャップに使っているワッペンも

販売します。

 

40mm x 80mmのサイズで1枚¥864円です。

 

ブライトリバー・ワッペン

 

在庫切れしておりましたアイテムも入荷。

 

PEライン(BRIGHT) 40lb

高階救命器具のPFD ドラド 全サイズ、全カラーあり。

 

リストガードも補充しました。

丸型ドラッグのABU用28mm右用も補充しました。

 

 

キャトル2563Plusは完売です。

ただ、ブランクはあるので、手書きのロゴになっても

 

良ければ作ることが出来ます。納期1ヶ月。

 

いいものを作っても売れなければやっていけません。

オリジナル商品で勝負するということは、先に費用がかかり、

 

回収できるのは数か月あと。

効率よく売って行かねばなりません。

 

しかし、商品点数の多すぎるブライトリバー。

販売責任者をしても何が何だかわかりません。

 

ただ、止まることは許されず、はしり続けるだけなのですなぁ。

大丈夫か?おれ??

 

Art Farmer & Joe Henderson - Blue Montreux

diary | permalink | - | -

五十鈴工業へ。


今日は五十鈴工業です。
毎度、電話では会話を繰り返しているのです。

でも、現場に行くことが必要なのです。
ここで話し、スタッフの方々に顔をみせるのが
大切なんですね。


アナログなものつくりなのかも
しれません。

でも、ブラックバスは、どこまで行っても
アナログです。

アナログな魚を狙う道具は、アナログ的な
作られ方をした道具の方が似合うと思うのです。

性能だけで選ばれる道具を作りたいとは、
思わない。

釣り人の、肥大した思い入れを受け止めることの
出来る道具を作りたいと思うのです。

現場を訪れること。
実際に会うことを大切にしたいと

思うのです。

- | permalink | - | -

約束を果たしに。

今年に入ってから、岡田社長には、
会いに行きますからね、と言っていました。

この前の火曜日での電話でも、
ご気分はどうですか?とたずね、

最悪だよ、と。

その15時間後に居なくなるなんてね。

岡田社長は、90歳まで働くよ、と
言ってくれていたのです。

今日は、通夜でした。
川口で、ロベルソンの宇田さんと
合流し、会いにいきました。

蝋人形のような社長に、遅くなっちゃって、と
謝り、嘘つき!と文句を言い、

ありがとうね、と感謝の言葉をかけ、
自分を失いかけました。




宇田さんと、何度も交わした言葉は、
もう岡田社長のような人は現れない、と。

ガイドだけのことじゃないのです。

開発力がすごいのです。


ものを作る機械から作ってしまう。
なんとかしてしまう力が半端ではない。

ほんとに尊敬していました。
これから失ったものの大きさを感じる

日々が続いていくのでしょう。
- | permalink | - | -

6月18日と19日。留守にします。

岡田社長に会ってきます。

 

最後ですからね。

 

メールのお答え、出荷作業が出来ません。

 

ご了承ください。

 

Treme Brass Band - Red Beans and Rice Parade -

 

 

diary | permalink | - | -

夢のグラマンカヌー再び!

この前は、発表前に売れてしまい、だいぶ

叱られました。

 

Grumman Canoes - Made In Greater Binghamton

 

今回は、発表しますが少量入荷です。

ほしい方は、先にボタンを押してしまってください。

 

グラマンカヌー 13ft ダブルエンド 直接引き取りのみ

 

お値段は¥280,000円と消費税。

そして、横浜から当社までの送料¥16,000円と

 

その消費税が含まれています。

ブライトリバーの事務所まで取りに来る方のみに

 

販売します。

 

 

関東の方で、大阪までは絶対に無理とおっしゃる方は

ヘッドハンターズさんに相談してください。

 

または、神奈川県で受け取る方法もあります。

 

 

今月20日ごろに横浜に上陸します。

当事務所に来るのは月末ごろかと思われます。

 

グラマンカヌーは、アメリカのクラフトマンシップが

感じられるカヌーです。

 

いまだにアメリカで作られる素材を使い(ネジ類は不明)、

アメリカの工場で作られています。

 

人生の後半戦を迎えた方。

残りの人生、乗りたいものに乗ろうじゃないですか。

 

Grumman Canoes

 

Pictures and Memories - Marlena Shaw

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store