<< May 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

レイバンに気を付けて

FACEBOOKの中の私がレイバンの
バーゲン会場への招待状を送るという事件がありました。

いまだに事態が呑み込めていない私ですが、100人以上の
友達にメールを送っていたようです。

被害(?)にあわれた方、ごめんなさいね。
(レイバンが悪いわけではないようです)



最後のブライトキャスターグリップ、
出荷間近になりました。

不思議なものですね。
前にも書きましたが、イベント用に作ったもので

20本ぐらい売ったら終わりにするはずでした。



私の目は節穴ですね。
私が売れないだろうと判断したものが売れる。

これってどうなの?と思いますが、
お客さんが喜んでくださるなら我々は

幸せなのです。

  カーボン・アスリート 美しい義足に描く夢

前にも紹介しました。
もう一度、紹介します。
ものつくりをする人に読んでもらいたいですね。
絶対に役に立ちます。
ものつくりの難しさと喜びがわかりやすい
言葉で説明されています。
デザイナーですごい職業なんですね。
そして、素晴らしい職業なんですね。

私自身 いしだあゆみ

私の世代は、彼女を女優さんとして
覚えているのかもしれません。
若いころは演歌を歌っていたのですね。
その彼女をティンパンアレイの人たちが
盛り上げ、新しい彼女の最高を発掘した瞬間ですね。
 
diary | permalink | - | -

ラリーチョッパーは私たちのルアーの原点ですね。


いい写真ですよね。

ラリーチョッパーに変えたら、横からガバっときたそうです。

ラリーチョッパーはねぇー。チカラが入ったルアーなんですよ。
私はバズベイトのサウンドが欲しかったのです。

藤原君は、壊れないプロペラを作りたかったんですね。
壊れないことは、ありえないのですが、立体構造に

することによって、強度と粘りをアップさせたのです。
もう、ラリーチョッパーのことなら、いくらでも書くことが出来ますね。

ドラッグ(丸型)ABU用

好評の丸型ドラッグ。
ABU用ですが在庫をそろえました。

左用は作る機会が少なくなっています。
あるときが、手に入りませんからね。
(当たり前や!)



Brightcaster Grip、進んでおります。

JACK!

最近、新作ルアーのリリースが少なくなっているためか、
お客さんのタックルボックスを見ても私のものを

見てもルアーがボロボロなんですね。
だから隠し在庫を発売します。

そんなにないのですが、少しずつ。



このところウッド素材のグリップのご要望が
増えてきました。ストレートのものは、藤原くんが削ります。

今日は、そのための木取りをしていました。
私が言うのもなんですが、持つ価値のあるグリップだと思いますよ。

彼は、もともと家具職人ですからね。

hacerte feliz - beth

スペインの歌姫さんですね。
才能あると思うなぁ。
diary | permalink | - | -

夢があると思うのです。

まだ先になると思うのですが、子供用の
スピンキャストロッドを考えております。

よく量販店でミッキーマウスとかのセットが
売ってますよね。

子供用だから何でもいいのかもしれません。
でも、選ぶお父さんは、何でもいいと思っていないはず。



自分の美意識に、かなったものを子供に
渡したいですよね。

まぁ、勝手に私が盛り上がっているわけです。



ちょうど、岡田社長(ガイドの岡田製作所)と話していました。

社長、あのパンダみたいなガイド、無いですか?
子供用ロッドに使うんですよ。

あれは作らないと無いよー。作り方、忘れちゃったよー、と。
今日、荷物が届きました。

何かなぁ?とあけてみると、パンダみたいなガイドと、
カンザシみたいなトップガイドが入っていました。

きれいな色のクリスタルリング入りです。

子どもには、もったいないって?

子どもには、わからないから、やりたいこと、
やるんですよ。



同じ荷物にムーチンと書かれた、リングが大きく傾斜して
取り付けられたガイドが入っていました。

なにかに使えないだろうか?と。
岡田社長が作りだしたガイドのかたちは、本当に

たくさんあるのです。
ただ、そのときそのときで必要な分を作っただけであるため、

在庫がないことが多い。
たまにつくると、こうやってサンプルをくださるのです。

そのまま使うこともあるし、アイデアをさらに発展させて
新しいガイドを作ることもあります。

これは、あり得ないことなんですよ。
岡田社長と遊びながら作っているのですが、

普通は出来ないことなのです。

ジプシー・フォーク・テールズ

音源データーで持っているのですが、
とってもいいアルバムなもので買ってしまいました。
別に聞けるから買う必要もないのですが、
物欲オヤジは手元に置いておきたいのですね。
まぁ、今日ぐらいは、ジャケットを眺めたり
するのでしょうね。

Jo Mama-Midnight Rider

ええわぁ・・・。
diary | permalink | - | -

brightcaster gripのセミダブルとコルクガンの組み立てを始めました。

私のミスですね。
Brightcaster Gripの組立は大変なのです。

といいますのも、Chucker ClassicとEyespotは
おなじパーツで組み立てられるようになっています。

そのパーツがBrightcaster Gripには適合しないのですね。
つまりは専用のパーツが必要となる。



理由は、グリップに差し込む部分となるシャフトの太さが
違うんですね。

どうしてこういうことになるかといいますと、このグリップのベースが
オールドロッドに使われていたグリップそのままで、当社が開発したものでは

ないからです。信じられないかもしれませんが、オールドロッドに使われていたグリップを
加工して、新しいグリップとして登場させているわけです。



冒頭の私のミスというのは、あまりにも藤原雄一の負担が
大きいこと。定番のグリップより手間がかかるのに、値段を

安く設定しまったことです。
藤原君には、申し訳ないのですが、お客さんには、喜んで

いただいているようですし、これで終わりですからね。
セミダブルとコルクガンのBrightcaster Gripをお待ちの

お客様、もうすぐですからね。



私の世代の物欲オヤジたちは、キャンプ用品でも
ヴィンテージを求めるようですね。

ビーパルの創刊号を借りたのです。
物欲オヤジたちは、このあたりの記憶をなぞるために

オークションを荒らしまくるんでしょうね。
私もその口ですが・・



初めてのニトログリセリン。
今日、病院でもらいました。

必要になるのかわかりませんが、ニトログリセリンという
言葉に興奮しますね!



アメリカで金槌を振り回して作品を作る人がいるのですが、
とうとう、ステンレスをたたき始めたようですね。

手に入れてみたのですが、普通の鉄のものより
オーバルが浅い。硬いんでしょうねぇ。

あほか!と思いますが手に入れた私は
嬉しいんですよ。

GQ - "Disco Nights" ( Rock Freak )
diary | permalink | - | -

折れたロッドは、元には戻りません・・

折ろうと思ってロッドを折る人は
いません。

折れてしまうのですね。
魚をかけて折れることは、まずありません。

車のドアにはさんだり、パワーウィンドウに
やられたり、珍しいところでは、怒った嫁さんに

ハサミで切られるという事件もありました。



折れると相談が来ます。
もとに戻りますか?っと。

正直な私は答えてしまいます。
もとには、戻りませんよ、と。

細心の注意を払って作ったロッドです。
5mm短くなってもアクションが変わってしまいます。

折れたところにガイドをつけてくれと言われても
無理なガイド配列になると、ロッド本来の性能を発揮することが

出来ないのです。
ロッドつくりは真剣なのです。真剣だけに冷たいような回答に

なってしまうのです。
ただ、何とか使えるようになりますか?と尋ねられたら

答えは変わってきます。
見た目は悪くなりますが、折れた部分にジョイントを作って

接着してしまうのです。
ただ、つないだ部分が硬くなり、全体のしなやかさが損なわれるから

結局は使わないロッドになってしまう。

私はロッドに対して適当な答えを用意することはないのです。
だから、ロッド修理は機械的に処理してくれる釣具屋さんを

探してもらった方が早いと思います。

私は、思い入れが強いだけにメンドクサイですよ。


Lee Fields - Honey Dove
diary | permalink | - | -

ウッドパドルは浮くのです!

オメデトウゴザイマス!

上の写真のお客様も、お持ちのウッドパドルなのですが、
浮くのです。

当たり前のことだと思いますよね?
そう、当たり前なのです。

でも、この浮くということがカヤックパドルの使い心地に
大きな違いを生むのです。



バルサ製のクランクベイトをいったん潜らせて
ポーズを置くとすぐに浮いてきますよね。

ウッドパドルも同じような動きになるのです。
つまり、足先のところで入水させたパドルを

体の横に来たところで抜きあげるのですが、
その抜きあげる力が木の浮力によって助けられるのです。

このブレード形状がいいのです。

この浮力があなどれないのです。
とっても楽ちんなのです。

これは初心者でもはっきりわかるほどのものです。
カーボン素材でこの効果を持たせるためにはブレード内部に

ウレタンを入れる必要があり、構造が複雑になります。
それだけに価格が高価になってしまいます。



木は素材自体に浮力を持ちますから、ブレードの先端が割れようと
ちびようと浮いてくれるのですね。

パドルで水底をつくことが多い釣り人には、丈夫なウッドパドルが
いいと思っています。



今日は岡山に行くつもりだったのです。
デカいバスを獲るためにね。

奥さんに休みを合わされてしまって、
苦笑いですな。

Shelby Lynne - Bend
diary | permalink | - | -

人生、逃げたらアカンね!

逃げると後が大変やね。
仕事、いっぱい。

Tony!!!

なのに、五十鈴工業からメールが来て
電話をかけちゃったものだから、さらに

時間が無くなってしまった。
焦るわ・・・。



SUPERLIVERのトルザイトモデルのサンプルが
出来上がってきました。

このロッドは、グラスロッドとは思えないほどの
シャープな振り抜け感が特徴です。

トルザイトにすれば、さらに気持ちよく振りぬけるのではないか?
いい感じに仕上がったと思いますね。



上の写真で左側がトルザイトリングのKガイドです。
右側がSICリング入りのKガイドです。

リングの厚さがトルザイトリングのほうが薄いことが
わかるでしょうか?

富士工業によれば、トラウトや海の世界ではトルザイトリングを
使うようになってきたがバスのメーカーはなかなか使ってもらえないとのこと。

なんでも、試してみないとね。


道誉なり〈上〉

北方謙三氏は南北朝時代をテーマにした作品を
多く残しているが、この作品が一番面白い。
主人公の佐々木道誉が魅力的なのはもちろんであるが
足利尊氏の描かれかたが素晴らしい。フィクションも
多くあるだろうけど、魅力的な人であったのだと思える。

JO MAMA the word is GOODBYE

このグループは知っておいてほしいですね。
まぁ、2枚のアルバムを発表しただけで解散してしまうのですが。
 
diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store