<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

なくてもいいけど、欲しいもの。

子供のころ、あこがれた高級ロッドはアルミケースに入っていました。

私の、おこずかいでは到底、買えるものではなかったのですが、

 

欲しくて、欲しくて。

そのころの自分を救ってあげたいのかな?

 

ロッドケースに執着しています。

 

パスポート用ロッドチューブ 

 

ブライトリバー事務所の天井には、ロッドの入ったアルミケースが

20本以上並んでいます。

 

そういうものを見て馬鹿だなぁ、思う瞬間は幸せな瞬間なのです。

 

D101105 Tapewriter メタル テープエンボス DYMO社 Black【並行輸入】

中身が見えないから、ロッドケースの外にはDYMOでモデル名を

書いたテープを貼り付けています。

 

テプラでもいいのです。

でも、DYMOのほうが厚みがあって雰囲気がいいんですよ。

 

奥の倉庫にも、そういうロッドケースが何十本とあります。

雑然と並んでいるのですが、いい眺めです。

 

ロッドケースは、無くてもいい人には、どうでもいいものです。

あれば嬉しい人には、とっても効果的なアイテムなのです。

 

うちのロッドケースの金具はKINEYAさんが作っていますからね。

特別ですよ。

 

 

 

 

無いものを作る、というのは、私たちにとって

喜びでもあるのです。

 

ただ、そこを求めてしまうと仕事になりません。

だから、無いものを作るのは特別なモノ。

 

お世話になったあの方へ。

プレゼントのために作りました。

 

ヴィンテージの金属製オフセットグリップをベースに

トローリングロッドを作りました。

 

1本だけの、ものつくり。

楽しかった。

 

 

午前中だけ仕事をして、午後から滋賀県水産課にご挨拶です。

担当者が配置転換で変わったのです。

 

本来、もっと早く挨拶すべきでしたがコロナの影響で

今日になりました。

 

タイムリーといって良いのかどうか、5月19日に水産課からの

アンケートが届いておりました。

 

以下のようなもの。

 

新たな制限案について

 

質問1 新たな制限案として良いと思われる案について、第3位まで順位をつけてください。

また、その理由を教えてください。

 

案1 (竿数、針数の現行制限を維持し、)遊漁期間を12月1日〜5月31日に短縮する

 

案2 (竿数、針数の現行制限を維持し、)遊漁期間を2月1日〜6月15日に短縮する

 

案3 (遊漁期間、針数の現行制限を維持し、)竿数を1承認につき1本とする

 

突然、届いたもので、全ての項目が今以上の制限を加える内容です。

 

挨拶。名刺交換の後は、我々の要望をお伝えしました。

 

ビワマスという貴重な資源を守るという目的において我々は

歩調を合わすことが出来るはず。

 

新しい担当者の方々に、我々のスタンスをお伝え出来て、

まずは1歩という感じ。

 

 

Kim Burrell - Falling in Love

キッツイ感じのおばさんが好きですね。

パティ・ラベル。メイヴィス・ステイプルズ。

サラ・ボーン。アレサ・フランクリン。

真直ぐなエネルギーを歌にぶつけるから

こちらに伝わってくるものもダイレクトなんですね。

 

diary | permalink | - | -

地味に売れ続けております。

私たちが、目指すものつくりというのは

一気に売れて無くなってしまうものではないのですね。

 

そりゃ、売れる方が嬉しいけれど、いつまでも

売れ続ける商品を作りたいと思うのです。

 

インサート・ヘッドキャップ

 

インサートヘッドキャップは、こういうものが

あればいいいな、と藤原君にデザインしてもらったもの。

 

本来はカスタムグリップを作る方のために作ったものです。

コルクをつけたり、木を削ってかぶせるためのもの、

 

として開発しました。

 

 

実際は、そのままの状態で使っている人が多いようですね。

確かに軽くなるし、デザイン的にもシンプルさが際立って

 

面白いと思います。

 

 

下の画像は、グリップ袋などにつける織ネイムと

呼ばれるもの。

 

 

服屋さんで働いていた時代があり、こういうもの、

好きなんですよね。

 

ブライトリバー用として、5種類ほどあります。

そんなにいらないのかもしれない。

 

でも、あれば嬉しいのですよ。

 

 

It Happens Every Day · Hubert Laws

若いころは、退屈で聞けなかった。

いまは、とてもいい。

若くなくなった、ということだろうか?

diary | permalink | - | -

小物も大切!

一日中カヤックを漕ぎまくり、

ルアーを投げまくって、小物を得る。

 

 

この人たち、カッコいいですよ。

 

 

魚は小さくても大きなものを

得る人たちです。

 

 ISUZU・レンチ

 

小さなものつながりで商品紹介です。

リールのナットを緩めるためのレンチです。

 

何度もオリジナルで作ろうと考えた商品です。

ただ、デザイナーさんには不評でしてデザインしてもらえない。

 

 

なのでオリジナルは、後回しにして

五十鈴工業に連絡したのです。

 

持っているはずなのに、見つからないという方も

多いはずです。

 

私も無くしてばかり。

事務所のどこかにあるのですが探すより、新しいものを

 

出した方が早い。

おかげで事務所は、あらゆるものの貯金箱のようなもの。

 

 

 

MELISSA MANCHESTER - BAD WEATHER

スティーヴィー・ワンダーは素晴らしい曲を書く。

個人的な考えだが、本人が歌うより別の人が歌ったほうが

歌の良さが生きるように思っている。

 

 

diary | permalink | - | -

キネヤのスプリングネットが出来上がりました。

この種のネットの横綱はアメリカのHandy-Pak-Netさんです。

歴史、バリエーション、手に入れやすい価格、交換パーツまで

 

完備され、全くもって素晴らしいメーカーです。

私も持っています。

 

しかし、私は、特別なものが欲しくなるタイプの人間です。

Handy-Pak-Netを持っているのに、現場にはキネヤのスプリングネットを

 

持っていくのです。

だってカッコいいのですもん。

 

スプリングネット

使い方の動画です。

 

もっと言えば、ハンドメイドネットビルダーさんに

作っていただいたネットもたくさんあるのです。

 

しかし、岩場のフィールドには持っていけません。

だって、コケるんですよ。

 

もったいなくて持っていけない。

 

スプリングネット(タイガーメイプル)

 

キネヤさんのスプリングネットも、同じく

もったいないのですが、小さくなるし、フレームが

 

金属だから大丈夫な気がするのですね。

気持ち的に、ちょうどいいのです。

 

 

Handy-Pak-Netのような形のスプリングネットは

いろいろな方が作っておられますが、キネヤさんの

 

ネットのようなものは、まず見当たりません。

気分がいいのです。

 

 

人工的なものが一切見えなくなる源流部で釣りをすると、

売るための目的が前に出すぎたものは使いたくないですね。

 

ケースは奥さんが作ります。

 

ルアーを見たこともない無垢な魚が簡単に釣れてしまうと、

申し訳ない気持ちになってしまう。

 

一匹を大切に釣ろうと思います。

その大切な魚をどのような道具を使って釣るのか?

 

顔の見える人が作った道具で釣りたいと思うのです。

全ては無理ですが、できるだけそうしたいのです。

 

お勧めしているわけではないですよ。

 

私が、そう思った、という話。

 

いわば、ひとりごと。

 

ネットはキネヤのスプリングネットに決めています。

 

 

Ella Fitzgerald, Louis Armstrong - Love Is Here to Stay

時代に残る演奏というものは、どうやったら

出来るのでしょうね?

diary | permalink | - | -

EYESPOTのFLAT BLACK在庫完備しました。

グリップの在庫は切らさないようにしているのですが、

磨く人間が一人では限界があります。

 

EYESPOTのFLAT BLACKが在庫切れしておりました。

今日、補充完了です。

 

黒ラバーガン&SSラバー グリップ

 

そのかわり、今度はチャッカークラッシックのフラットブラックが

在庫切れしてしまいました。

 

すでに素材をメッキ屋さんに持ち込み済みです。

少しお待ちいただけたら、お届けできる予定です。

 

EYESPOTはブライトリバーを立ち上げて初めて作った

オフセットグリップです。

 

当時のロッドは6ftのサトリ1603。

リールはLIVER M-42です。

 

EYESPOTは、ある程度ボリューム感を持たせて

バランスを取りました。

 

20世紀の終わりごろからトップウォーター文化の再構築が

始まります。

 

ハンドメイドルアーによる、こだわりのトップウォータースタイルです。

それまでは、トップを投げて釣れなかったらワームを投げるという

 

やり方でした。

私たちは、トップウォータープラグだけを使った釣りスタイルを確立

 

させました。

その流れの延長線上にあるのがEYESPOTのデザインなのです。

 

で、サトリですが、今年は1604を製作中です。

今日、フェルールが出来上がりました。

黒のメッキをかけるのには、さらに時間がかかります。

まず、シルバーフェルールモデルから作り始めます。

 

 

富士NGH用保護シート( Fuji NYLON GLASS)

 

さて、このようなものが売れるのでしょうか?

ただ、いっぱいありまして、また、富士工業さんからは

 

発売されることのない商品ですし、

欲しがる人もいらっしゃるかもしれません。

 

富士NGH用保護シート( Lew Fuji GRAPHITE)

 

FMCグリップを作っていた際に取りはずしたものです。

新品ですがヴィンテージ商品です。

 

貴重であることには間違いがありません。

お好きな方へ。

 

 

Tamara Weber-Fillion - Bottle To The Sea

この声でいいのだろうか?

妙に気になってしかたがない。

普通なら、もっと太く大きな声を

目指すと思うのだ。

でも、この方が独自性がでているし、

これでいいのか。

 

diary | permalink | - | -

釣りに行かせてください。大阪緊急事態宣言解除。

大阪府の「緊急事態宣言」解除 吉村知事

 

そろそろ限界でした。

もう、釣りに行かせていただきます。

 

2020年度は最初から緊張の連続でした。

まったく気を緩めることが出来ない。

 

コロナに感染したらどうしようという不安も

ありましたが、釣り道具の生産が出来るのか?

 

当社の商品は日本製ばかりですが、富士ガイドなどは

中国の影響を受けるため、ずいぶん早くから多すぎるほど

 

確保しておりました。

ほかにもそういうものがあって、つまり先に

 

お金だけが出ていくんですね。

 

同業者に、なんでブライトリバーはつぶれないの?

と聞かれます。

 

ルアーも出さないし、社長は好き勝手にサンプルロッドばかりを作っている・・。

さて、なんででしょうね?

 

自分が欲しいものを作れば、ほかの人も欲しくなるんじゃないか?

そんな感じでやっています。

 

 

Secondline Stage3

 

ナイロンラインを作ったのは、子供のころ、あこがれた

デュポンのストレーンが作りたかったのです。

 

だから、ラインの色は絶対にゴールド。

性能は良くなっちゃいましたけど、私の中では

 

ストレーンを作っているつもり。

 

#1+#51 FS用 Ni(銀色)キャストコントロールキャップセット 左右共通

 

FS用のキャスとコントロールキャップの内側のネジは複雑な加工が

ほどこされています。

 

想像ですが、ブライトリバーがなんでもパーツを作っちゃうもので、

これは作れないだろう!という五十鈴工業さんのメッセージではないか、と

 

思っています。

だから、今、販売しているFS用キャストコントロールキャップセットは

 

五十鈴工業さんにお願いして作ってもらっております。

ネジのかみ合わせ、というものは繊細なもので、ファクトリーが違えば

 

数値通り作っても、いいフィーリングで閉まらないことがあり得るのです。

 

幸運と不運には法則がある (講談社+α新書)

正直者が馬鹿を見る、という言葉が大嫌いな私。

正直者は馬鹿を見ないための行動が必要です。

不運にならないための行動や思考が必要です。

最悪の状況になってしまう前の行動が必要です。

この本は、私にぴったりな本。

柔軟な思考が大切、というようなことが書かれています。

 

Never Letting Go · Seri Ishikawa

石川セリが洋楽をカバーしたものなのですが、

とってもいいのですね。

日本の名だたるスタジオミュージシャンが集まれられた

ようですが、見事にボーカリストを支えて誰がが突出することが無い。

大人の余裕が感じられて、とても落ち着くのです。

diary | permalink | - | -

性能は欲しいと思う基準の一つに過ぎない。

おもわず手にしたくなるものがある。

触ったこともないのに惹きつけられるものがあるのだ。

 

 

ブライトリバーは、そういうものを作りたいと

日々、出口のない迷路を歩んでいるのです。

 

 

10歳年上のキネヤさんは、さすがに先を

歩んでおられて、心をくすぐるものを

 

作り出すんですね。

 

 

スモールトラウト用のスプリングネットです。

バス用ではありません。

 

でも、欲しい。

1つ、持っているけど、また欲しくなる。

 

 

トラウトグリップは藤原くんが組み立てております。

 

 

Dakota Staton - When Sunny Gets Blue 

日本での知名度はよくわかりませんが、

長く聞き続けているジャズ・ボーカリストさん。

とてもいい感じなのですよ。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store