<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

かたずけたつもり・・・

視界良好。

久しぶりにリールの棚を見ました。

 

 

かたずけたと言っても、奥の倉庫に

いれただけ。

 

また、モノが見つからなくて

困るんでしょうね。

 

 

明日から28日まで留守にします。

29日は実家に行って、その後、ロッドの組み立て工房に入ります。

 

30日は接待の釣りです。

通信販売の対応は、隙間を見つけて行うつもりですが、

 

頑張ります。

 

 

しかし、モノが多すぎる。

本にCDにDVD。

 

試作でボツになったブランクいっぱい。

いつか売ろうと考えているブランクもいっぱい。

 

パドルもいっぱい。

参考にしようと手にれたヴィンテージタックルもいっぱい。

 

 

ときどき売らないのですか?と聞かれるのですが

藤原君か、私が病気になってモノつくりが出来なくなったら

 

売ろうと思っています。

 

Jackie Trent & Tony Hatch: I must know

diary | permalink | - | -

ブビンガを少しだけ。

岡山、旭川、Freddie!

 

ブライトリバーの事務所は大阪の摂津市という

ところにあります。

 

摂津市には、銘木団地があり事務所から10分ほどで

行くことができるのです。

 

 

その銘木団地でブビンガという銘木を手に入れました。

ブビンガはアフリカに育つ木です。

 

ブライトリバーのウッドガンは、ウォールナットで作られていますが、

ウォールナットより赤っぽく、心地いい重さを持つ素材です。

 

 

ウォールナットと同じく高級家具や、楽器などに使われる

素材です。

 

美しさと耐久性を求められるものに使われる素材であり、

グリップには、とても適した素材だと思っています。

 

 

ブビンガは、特別手に入りにくい素材というわけではありません。

今回、ブライトリバーがブビンガを製品化する面白さは

 

主に私たちが盛り上がって作ったところにあります。

銘木団地に行き、実際にブビンガの板を買い、素材の良さが

 

もっとも出るように気取りをしてガングリップに削ります。

そういう過程を経た商品を販売することは嬉しいものなのです。

 

 

たとえばコルクガングリップであれば、コルクを選んで作るような

ことは実際的には不可能です。

 

コルクガンを作るためには大きなコルク素材が必要であり、

そのような大きな素材は流通していませんし、手に入ったとしても

 

ガン形状は多くの素材を捨てる必要のある形状なのです。

銘木のウッドガングリップ以上の価格になってしまうでしょう。

 

いいものが出来る可能性はありますが売ることは難しいでしょう。

 

銘木なら私たちの目の届く範囲での、ものつくりが出来るのです。

何度か、書いていますが、ブライトリバーは人任せにしたくない

 

ブランドです。人任せにしたほうが楽ですが、おもしろい部分も

任せることになってしまいます。

 

おもしろい部分は、自分で作業をしたいじゃないですか。

効率が悪くなるのかもしれません。

 

でも、そんなにいっぱい作っても売れるもんじゃないし、

非効率を選んだ理由をお客さんに聞いてもらって、共感してもらえる

 

ようにした方が面白いと考えるんですね。

 

ブビンガのガングリップは、そのように考える私たちが楽しみながら

作ったガングリップです。

 

お値段はウォールナットのガングリップより¥1080円高くなるのですが、

非効率なやり方を続けた結果ですね。

 

私たちの買ってきた素材では10本もとれませんでした。

 

Tommy Coomes - Love Is The Key 

 

diary | permalink | - | -

楽しくなりそうな二人。

ストックの濱ちゃんに会いたいという彼は

サウンド9.5をチョイス。

 

 

私より一回り以上、若い人が熱意を込めて

トップウォーターを語る姿はとても嬉しいものでした。

 

サウンド9.5は17キロという軽さが魅力。

今シーズン、釣りまくってくれるのではないでしょうか?

 

 

大切なバイクを手放したので、とグラマンを

買ってくださったお客様。

 

なんと、自ら、グラマン純正の肩バッド(?名称がわかりません)を

持ってこられました。

 

 

実物を見るのが初めての私。

興奮してしまいました。

 

もう、嬉しくて実際にかついでもらいました。

本人いわく、楽であると。

 

 

カヤックであれ、カヤックであれ私たちにとっては

大きな釣り道具。

 

手に入れたお二人の笑顔が最高でした。

私まで嬉しくなりましたね。

 

 

さて、大きな問題が出ております。

 

事務所で取材が行われるため、かたずける

必要が出てきました。

 

みんなは、ぜったいに無理だと言います。

 

そうだよね。

無理ということにしとこうかなぁ・・・

 

 

Sarah Jarosz: NPR Music Tiny Desk Concert

diary | permalink | - | -

7月26日から28日まで留守にします。

取材のため、留守にします。

 

また古い話になります。

 

1997年に地球丸さんからロッド&リールが

発売されます。

 

それからの釣り業界は空前の釣りブームが

訪れます。

 

社会現象と思えるほど、一般の人が釣りを

楽しみ始めました。

 

インターネットは出たばかりで、まだまだ雑誌の

役割は大きく、発行部数はどんどん増えていったのです。

 

いま、その時代を知る編集者は、意外に少ないのです。

多くの人は別の仕事に変わっていきました。

 

1994年に釣り業界に就職した私は、丁稚状態から

キャリアを積む時代を釣りブームの中で過ごしました。

 

私の丁稚時代を知る編集者が、取材をしたい、と言ってくれました。

もう雑誌の取材はやめるつもりだったのですが、彼らが来るなら

 

次からやめようと思いました。

 

サカナはいらんよね?と聞いたのですが、

もちろんいります、と・・

 

 

 

António Jobim - Orfeu Negro - Samba de Orfeo

diary | permalink | - | -

パラダイスは危険な重労働!

デカい魚を見せられてジッとしていられるはずがない。

それが淀川であれば、さらに許し難く、その場所は私も

 

知っている場所なのである!

もう、行くしかないのだ。

 

 

しかし、流れを目の前にして戸惑う。

ハッキリと速い。

 

流れる水が唸るかのように渦を巻き、水面を

乱れさせている。

 

ここにカヤックを出す奴はバカだ!

そして今日、私はバカになる。

 

 

聞いていた場所は下流だと思っていた。

相当下って、大きな倒木、水面に出た根っこの前に

 

ガルボ靴鯏蠅欧襦

2アクションで消えた。

 

流れに乗るバスは重い。

サトリ1604でよかった。

 

ロッドを立てて浮いてくるのを待つ

ネットに納めたバスは54センチ。

 

 

これでも、見せてもらったバスには負けている。

まぁ、それでも写真を送る。

 

すると上流はパラダイスですよ、と。

ちょっと待って、もう一時間以上下っている。

 

元の場所に戻るだけでも不安が残る。

でも、今日はバカだから行くしかない。

 

 

はい、2時間以上漕ぎ続けて、急流をのぼりました。

カヤックを上流に向けた状態でピンポイントを攻める。

 

少しでもカヤックの方向がずれると流されてしまう。

切株が続くポイント、一番上流の切株にガルボ靴鯏蠅欧襦

 

引き続けて1m。ルアーが消えました。

デカい。何度も何度もアワセを加えました。

 

 

ネットに納めたバスは先ほどの54cmより、明らかにデカい。

ネットに入れた状態で写真を撮り、仲間に送る。

 

さて、いつものように記念写真を撮ろうとしたのだ。

iPhoneを用意し、バスを持ち上げようとした瞬間、

 

バスがカヤックの上に落ちた。そして、はねて淀川に帰って行きました。

カヤックを漕ぎ過ぎて握力が無くなっていたんですね。

 

初めての経験でした。

逃がした魚はデカい。

 

いや、キャッチはしたんですよ。

でも、サイズをはかる前に落としてしまった。

 

逃がした魚はデカい。

いや、確実にキャッチはしたんですよ!

 

あぁ、トラウマになりそう。

間違いなく通いますね。

 

(一般の方には、お勧めできない釣り方です。

 真似しないほうが身のためです)

 

 

 

Roger Smith - Fiesta .

 

 

diary | permalink | - | -

ウッドグリップ、充実しています。

メールが返ってこないとお怒りの

みなさま、忘れているわけではありません。

 

判断の必要なものは、遅れているだけです。

必ず回答しますので、しばしお待ちください。

 

 

このところの藤原君は、木の研究ばかりを

していました。

 

家具職人であった彼が今さら何を、と思うのですが、

家具は水につけたり、投げて岩にぶつけたりは、しませんよね。

 

同じコーティングという名前ですが、求められる性能は

大きく違うのです。

 

 

藤原君が考えているのは、買っていただいた後のこと。

どんなに手間をかけて仕上げたものでも、お客様が長く使うと

 

コーティングがはげたり、当社のものは樹脂を染み込ませているのですが、

表面が白っぽくなったりするのです。

 

もちろん送っていただければ、再仕上を施しております。

でも、お客様が自分で手入れできるようにした方がいいのではないか?

 

見ただけでは、わからないでしょう。

藤原君の側で、仕上げ方法をステップアップさせているのですね。

 

 

トルザイトガイドの#6リングでパイプ径が3.2mmのもの

たくさん仕入れました。

 

カタログには在庫限りと書かれていて、どうせないだろうと

多めに注文したら、その通りの数が入ってきました。

 

今考えている次の次の次のサトリに使おうと考えています。

こんなガイド、富士工業も作らないでしょうからね。

 

買い占めてもいいのですが、結構、残っていたりしてね・・

 

 

朝から実家で野菜を収穫し、ロッドを組み立ててもらっている

工房に持ち込みます。

 

その後、税理士さんと決算の打ち合わせ。

定休日明けのたまった通信販売を送り出すと

 

頭はフリーズします。

なのに、↓こういう写真が届くんですね!

 

 

淀川、釣れん、というブログを書いたばかりなのに

上流は釣れますよ、と。

 

いかん、体は疲れているのに、釣り人の私が反応しようと

している。

 

月末だというのに・・

 

Judee Sill - Lady-O

diary | permalink | - | -

寂しい人なの?

定休日、さて何をしようか?

と考えていたら会社にいました。

 

今度、取材があるのですが下調べに行くつもりだったのです。

でも、組み上げたいロッドがありました。

 

キャトルの2パワーと3パワーの間が空きすぎている、

という指摘は以前からありました。

 

これは私が意図的にそうしたわけですから、当たり前の

指摘なのですが、その間のパワーが欲しいと言われれば、

 

開発しないわけにはいかない。

正直、相当前からテストロッドは作り続けていました。

 

何をやってもいいロッドが出来ない。

あきらめかけていたんですが、新たに教えてもらった方法を

 

試してもらうことにしました。

そのブランクが出来上がっていました。

 

もう早く試したくて仕方がない。

でも、最近の私は日常業務に負けてしまい、開発が出来ない

 

状況が続いています。パートさんが欲しいところですが、

私しかいないんだから仕方がない。

 

それでも、夜、帰る時間を遅くして巻いていたのですが、

情けないことに、その時間になると細かなところが見えなくなっています。

 

午前中だけ、と決めて会社に入ったのですが、午前中はやはり日常業務に

さらわれてしまいました。

 

でも、気になっていたサンプルロッドを2本巻くことが出来ました!

 

よっしゃ!  次にロッドに取り掛かれるわ・・・

 

 

 

Opening Up To You - Laura Allan

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store