<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

遅咲きのロッドビルダーなのかしら?

サトリ3503が完売しました。

 

これはメーカー在庫の話ですから、SHOPさんには

まだ並んでいると思います。

 

 

何度もいいますが、売れると思っていませんでした。

流行など全く知らず、やりたいことを追求したロッドですし、

 

ほかの仕事を優先したため、発売が冬近くになってしまいました。

もっと売れると思っていないサトリ3603も、そこそこ引き合いがあり

 

驚いております。

もちろん、私は最高のロッドを作ったと思っているのですがね。

 

 

ブライトリバーブランドとしては初めて発売するトラウトロッドの

クレビス1501-3も完売しました。

(一部、まだお届けできていない数があります)

 

驚きです。

どこから見てもバスの顔をしている私が作るロッドです。

 

否定されるんじゃないか、と思っていました。

 

ただ、サトリで使ってきた白いグラスと4軸カーボンの

組み合わせは、トップウォーターロッドだけに、とどめておくのは

 

もったいないと思い続けてきました。

しかし、技術的に難しい部分があってティップを柔らかく出来るようになるまで

 

時間がかかってしまったのです。

昨年、ようやくめどが立ち、クレビスや#2番ライン用のフライロッドや

 

トローリングロッドを作ってテストを繰り返していたのです。 

ブライトリバーでしか手に入らない構造のブランクです。

 

単純に見た目がきれいだから好きなのです。

他の可能性も追求していくつもりです。

 

 

次のトラウトロッドとして発売するつもりなのが

5ピースのグラスロッドです。

 

グリップを数に加えれば6ピースと言うことになります。

継数が増えるということは手間賃が増えるということです。

 

高いものになるでしょうが、私がやらないと世間に出ることは

ないロッドです。

 

出しちゃえ!という感じですね。

 

 

上の写真は、アバークロンビー&フィッチのパスポートロッドです。

なんと10ピースのロッドなのです。

 

いつか作りたいと思うあこがれのロッドです。

 

実のところ10ピースロッドも作りましたが、作り手の天龍さんから、

やめてください、と言われてしまいました。

 

今回は半分ですからね。やってほしいな~、と何度もアプローチして

作ってもらえることになりました。

 

写真をよく見ないとわからないのですが、ジョイント部分が太くなっています。

この継かたがオーバーフェルールジョイントと呼ばれる方式です。

 

現代では、どうでしょう?日本では私が作るロッド以外に見たことがありません。

Fly Rodメーカーでは、オービス社が使っている程度でしょうか?

 

普通、トラウトロッドを作るならスピゴットフェルール(印籠継)方式が好まれます。

見た目がすっきりしているからです。

 

前述のクレビス1501-3では、スピゴットフェルール方式を採用しました。

綺麗なブランクですからジョイント部分が主張してほしくなかったのですね。

 

今回の5ピースロッドは、ジョイント部分を見せたかったのです。

見た目で小継ロッドだと分かったほうが持つ人も嬉しいと思うのです。

 

アバクロのパスポートロッドのようなイメージを持たせたかったこともあります。

最近は、渓流ロッドでも硬い調子がもてはやされるとか。

 

だったらジョイント部分を多く作って、しっかり感を出そうとも考えました。

 

最近は、安くても使えるロッドが増えたといわれます。

それはもう企業努力のたまもので凄いことだと思います。

 

私にはそちら方面の才能が全くない。興味もない。

ファクトリーの開発者と一緒になって、面白いものを作りたいのです。

 

見た目はオールドタックルのように見えて、最新の技術と品質が
実現されているロッドがいいですね。

 

私は、まだまだ自分で釣りをしたい人間なので、飾り物ではなく

使えるロッドがいいのです。

 

5ピースロッドの説明が、ジョイントばかりに集中してしまいましたが

普通に使える渓流ロッドに仕上げております。

 

基本的にはクレビス1501-3をお勧めします。

追加生産しているので、12月末から1月初頭あたりに出来上がります。

 

5ピースロッドは私の遊びです。

遊びに付き合っていただける方は、ご検討ください。

 

 

古い雑誌を読み漁っています。

インターネットも、フリースも登場しません。

アドビのイラストレーターもフォトショップもありません。

今では大家と呼ばれるような方たちが少ない情報をもとに

仮説を語っています。試行錯誤した途中の様子を書いています。

これが面白い。結果ありき、ではありません。

だれもが真剣に探していた時代。

とってもいい感じ。

 

Super Funky Sax - Super Groove

2分以上、サックスのユニゾン演奏が続きます。

それも飽きさせないのは、アレンジャーであるデビッド・マシューズの

仕事でしょうね。いい仕事をしています。

diary | permalink | - | -

Vintage2572と言うロッド。

このロッドは五十鈴工業さんの為に開発したロッドです。

私は黒子に徹して、表に出るつもりはなかったのです。

 

 Vintage2572

 

五十鈴工業の林社長に、できましたよ、とお伝えすると

ブライトリバーでも売ったら、とのお答え。

 

「ええ!そうなんですか!!」と

いきなりの方向転換です。

 

印籠継です。

 

長さ:5.7ft(グリップを取り付けた場合の長さ)

 

カラー:オリーブグリーン

 

継ぎ数:2(ワン&ハーフ)

 

ルアーウェイト:4〜24グラム

 

ライン:620lb

 

価格:¥36,000円(税抜き)

 

つなげた様子

 

つい、先ほどまで五十鈴工業さんの為に開発してきたわけです。

五十鈴工業のリールが対象魚や釣りスタイルを限定しないように、このロッドも

 

いろいろな釣りに使えることを目的に開発しました。

 

 

アクションのイメージとしては当社のチャンボです。

当社のチャンボは超ファーストテーパーのトップウォーターロッドとして

 

発売しましたが、インロッドフェルールを使うためにバットを細くするなど

高度な設計と組立技術が必要でした。

 

Vintageは、チャンボ系のアクションでありながら、バットの太さに制限を設けず

すなおな設計にしました。

 

結果、レギュラーテーパー(7.3調子)程度に抑えました。

おかげでスプーンでもミノーでもクランクベイトでも使っていただけますし、

 

エサ取りでも使いやすいアクションになりました。

 

ヴィンテージロッドで使用されていたトップガイド(SICリング入り)

 

もう一つ意識したのは、クラシカルなスタイルの2ピースにしたところです。

具体的にはジョイント方式をイギリスのハーディー社が開発したといわれている

 

スピゴットフェルール方式にしました(印籠継)。

さらにロッドの真ん中からつなぐのではなく、バット側から1/3の位置に

 

ジョイントを持ってきております。

この方式は、伝統的なもので、ロッドの一番曲がる部分にジョイントが来るのを

 

避ける方式で、高級なロッドに採用されていた方式です。

私たちの世代は車で釣りに行くのが常識ですが、若い人たちには

 

その常識がないようです。

だとすれば、公共交通機関を使っても目立たないロッドが必要だと考えました。

 

 

 

五十鈴工業の林社長の口癖は、MADE IN JAPANです。

ロッド袋は、知り合いである革 念の井上君に作ってもらいました。


ブランクは信頼の天龍さんです。

ガイドは今や、唯一の日本製であると思われる岡田製作所製。

 

これほど日本精純度の高いロッドはないのではないでしょうか?

 

黒子のはずなんですが、たっぷりと説明してしまいました。

 

ISUZU BC730SSS ALL BLACK(右ハンドル)

 

五十鈴工業さんがエッグシェイプリールを作ってくださったのです。

私としては一緒に楽しみたいんですね。

 

ちょっと隙間時間が出来たもので、軽く改造しました。

大したこともないのですが、出来るだけ真っ黒にしました。

 

私、結構、パーツ持ちでして、五十鈴さんも持っていない

五十鈴リールのパーツを持っていたりするんですね。

 

両サイドのキャスコンやリテーナースクリュー、ハンドルナットを

黒に変更しました。

 

ブライトリバーのサムレスト(黒)を取り付けていい感じです。

ここまでやって、五十鈴さんの価格にサムレストの価格を加えただけ。

 

私の働き賃はいれておりません。

一台限りです。

 

 

Kenny Burrell - Midnight Blue

箱ギターらしいサウンド。

彼のセンスは、いつ聞いても素晴らしいと

思います。

diary | permalink | - | -

53up,続けることが大切ですよね。

天気も良く、淀川53up、無事終了しました。

 

 

いつも思うのですが、始めることも難しいのですが

続けることも同じように難しい。

 

参加された方は、難しい顔ひとつせず、

ゴミをひらっておられて、いいな、と思いました。

 

 

 

昨日、余裕がなくてキネヤさんのグリップの

話を書けませんでした。

 

遅れましたが、今から書こうと思います。

 

 

東京への緊急出張は、友人の奥様がお亡くなりに

なられたからでした。

 

久しぶりに会う友人は、別人のようにやつれていて、

かけるべき、言葉が見つからなかった。

 

奥様のお顔を拝見し、二人のお子さんと言葉を交わし、

最後に、ボードにピンでとめられた奥様の、たくさんの写真を見ました。

 

ただ悲しかったのですが、正しい家族の姿を見たような気がしました。

 

そして、不謹慎ですが、非常にパワーをもらった気がしたのです。

理由は、わかりません。

 

そう感じたのです。

 

Darlin'

あこがれのミュージシャンを集めてのコンサートを

実現した吉田美和さんの嬉しさが伝わって来ましよね。

diary | permalink | - | -

キネヤさんの新作、スピニンググリップ発表です!

 

一日遅れの18日に書いています。

キネヤさんから新しいスピニンググリップのサンプルが

 

届きました。

全長20cm。

 

ヘッドキャップ内部には、ロッドを脱着するための

チャッキングシステムを装着していています。

 

驚くべきは、その重量。

54グラムしかありません。

 

 

軽量化を実現した理由はいろいろあるのですが、

目に見える部分ではっきりとわかるのが、リールシート部分です。

 

シンプルな二つのリングでリールシートを留める、リング・ツー・リングと

呼ばれる方式です。

 

しかし、従来のこの方式は軽くできるものの、欠点がありました。

実際に使っていると、リールが回ってしまうのです。

 

気にならない人もいますし、テニスラケット用のグリップテープなどで

固定すれば使えるのです。

 

ただし、美しくない。

 

 

キネヤさんは、美しくないものを作りません。

キネヤさんの回答は、リングを丁寧に設計し、丁寧に

 

作り上げること。

具体的には、リールをセットすることによって、リングが

 

コルクを全面で受け止めるように締めこんでいくのです。

(常にリングとコルクの接地面が広く確保されます)

 

従来のリングであれば、リールをセットした場合、リングが傾くため、

コルクに接する部分が少なくなってしまうのです。

 

これが、リールが回る原因となっていました。

 

 

ロッドの脱着を担当するチャッキングシステムは、これ以上ないほど

コンパクトに設計されています。

 

この部分もキネヤさんの美学が生きています。

デザイン上、グリップの先端部分が金属になっていると思えるような

 

バランスのなかで、素晴らしいチャッキングシステムを内蔵させています。

お客様は知る必要のない部分で言えば、ロッドをつかむための樹脂パーツは、

 

私たちでは加工してくれる業者を見つけられないであろう、ほどの

複雑な加工が施されています。

 

私は、美意識とプライドの表現である、と思っています。

 

 

デザイン上の大きなインパクトを与えるバットエンドデザインは、

私が製作するクレビス(トラウト用グラスロッド)を見ていただいた結果、

 

導き出したものだとか。

金属部分と天然素材であるコルクのコントラストがきれいですよね。

 

金属部分が多く見えるのですが、重量が54グラムです。

どうしているんでしょうね?

 

画像を見た人は、リングがグリップから抜けてしまうんじゃないの?

と心配されるかもしれません。

 

その心配も想定済みです。

絶妙のサイズコントロールで、グリップからリングが外れることは

 

ありません。

 

 

いかがでしょうか?

 

クラシカルなイメージを持ちならがら、

いまだかつてないスピニンググリップです。

 

みなさん、キネヤさんから新しい可能性の提案です。

 

 

graham nash david crosby - Southbound Train

diary | permalink | - | -

11月18日は淀川53upです。

淀川53up お知らせ

 

 

ゲート開門時間は8時〜8時30分です。

この時間内にご入場お願いします🙇

8時30分でゲートを一旦閉門します。

9時からの通常開門では満車になり次第閉門になります(車での入場が出来なくなります)

 

雨天決行です(当日7時にて各警報発令時には中止です)

参加費:¥1,000円(子供¥500円)

 

 

オリジナルフックの見積を依頼しました。

新しいフックを作ります。

 

ノーズマウスは一目でブライトリバーとわかる

フックにするため、Wフックでありながらロウずけを

 

行いました。

この作業をする職人が国内にいなくなり、それとともに

 

新しいつくり手を探す必要に追い込まれました。

追い込まれましたが私にとってはチャンスでした。

 

ずっと前から、お付き合いしたかったメーカーさんと

話が出来るようになったのです。

 

今回、見積を取りますが価格にこだわらず、作るつもりです。

ここまで、藤原くんと、各社のフックを前に話し合いました。

 

ここがいい。ここの部分がかっこ悪い、等の会話です。

このカッコ悪いという部分は大切なのです。

 

また、大手メーカーのWフックは、私たちが作るボディーが

比較的太いルアーは想定されていないものがあるようにも思いました。

 

それでも、大手メーカーのフックの方が、品質の安定性と言う部分では

優れているはずです。

 

いまどき、小さなメーカーがオリジナルフックを作る意味があるのか?

と疑問に思われる方も多いでしょう。

 

私は、意味など考えません。

楽しいから作るのです。

 

釣り針メーカーの現場に行き、釣り針の作られ方を聞く。

難しさを聞く。

 

歴史を聞く。

そのうえで私たちの要望を聞いていただき、出来る部分と出来ない部分の

 

打ち合わせをする。

ここで私たちの希望をかなえられる範囲が固められます。

 

その範囲内では、何をしても自由なのです。

その自由の中で再度、自分の表現の可能性を探るわけです。

 

メンドクサイことも山ほど起こるわけですが、そこ過程を経ることによって

ルアーの説明に力が入ります。

 

説得力が生まれてくるのですね。

「悩むんなら買った方がいいよ」

 

この言葉を自信を持って言えるためにフックまでオリジナルで

作るのです。

 

ザ・キープキャスト 2019

来年度の名古屋キープキャストに参加します。

いつもの小さなブースを出します。

 

出し物はいまから考えるわけですが、

みなさんにわくわくしてもらえるような商品を

 

そろえるつもりです。

 

ASTRAL RONNY FISHER CAMO最後の入荷です。

 

ロニーフィッシャーのカモフラカラーは製造が中止されています。

世界中を探して在庫を見つけました。

 

大した数ではありません。

買い逃した方、おそらく最後のチャンスでしょう。

 

A TASTE OF HONEY ~ LET´S BEGIN 1979

diary | permalink | - | -

ロッドを一気に発売しています。

明日は緊急出張のため、事務所を留守にします。

明後日の昼過ぎには戻る予定です。

 

久しぶりのサトリを販売します。

クリア・ブラウンカラーで5ftの3503。

 

クリアカラーで6ftの3603です。

 

 

今回のサトリのもとになったブランクは2012年に開発したものです。

少し竿先が重く感じる(私は気になりません)もので、売れないだろうな、と

 

発売しませんでした。しかし、実際に使うと、いいのです。とってもいい。

このロッドでしか出来ないルアーアクションがあるのです。

 

私も52歳。あとロッドも20年も作れないでしょう。

もう、売れなくてもいいや、と発売を決めました。

 

ただ、使ってほしいですからね。

短くすれば重さも気にならないだろうと、5ftモデルを開発することにしたのです。

 

これが、アクションが出なかった。何度もやり直して発売が遅れてしまいました。

時間とお金をたっぷりと使って少しだけ発売するのがサトリシリーズです。


5ftモデルが今回の目玉アイテムですね。

ブライトリバーでしか作ることのないロッドです。

 

Clervis 1501-3 UDグラス+4軸

 

サトリで使う白いUDグラスと4軸カーボンの組合せは、

バスロッド以外にも可能性があるのは、知っていました。

 

どこまで細く出来るか?という技術的な問題があったのですが

天龍さんの開発者が頑張ってくださり、ウルトラライトロッドを

 

作るほど、細くする技術を開発していただきました。

クレビスはブライトリバーがトラウト関連商品を開発した際に使う

 

ブランド名です。

クレビス1501-3は、最初、自分が使うために開発しました。

 

毎年、北海道に行くのですが、自然渓流のなかで、景色に溶け込むロッドが

欲しかったのです。

 

SHOPやネットで探したのですが、そういうロッドは見つかりませんでした。

もちろん、イメージだけではなく実際に使えるロッドが必要です。

 

キネヤさんにトラウトグリップを開発していただいた流れもあり、トラウトグリップに

調和するイメージでまとめました。

 

ロッドアクションはスピードスティックのイメージです。

グラスロッドで表現したファーストテーパー。実際にはレギュラーテーパー程度に

 

なっているか、と思います。

だるいグラスロッドではありません。

 

シャープでありながらバイトをはじかず、かけた魚を取り込むロッドです。

流行とか知らない私ですので、このロッドが受け入れられるのかは、

 

不明なのですが、イベントで手にしたお客様が、長く手にして、離そうとしない

様子からして、共感していただけレベルの商品になっているのではないか、と

 

感じています。

 

Hipster 1664 #7/8Line Eグラス

 

バスとの出会いを楽しむためのタックルを作るのがブライトリバーです。

 

フライロッドは、トップウォーターロッドを扱うのと同じ喜びを感じ取れる

アイテムです。

 

バス用のフライロッドを開発しようと考えたのは、電話での問い合わせが

すごく多かったからです。

 

みなさん、有名メーカーというだけで、古い使いにくそうなグラスロッドを

使っておられました。

 

 

今回発売するHipster1664は、4ピースのグラスロッドです。

経験のあるフライマンであれば、ずいぶんと太いロッドだなぁ、と

 

思われるでしょう。

でも、アクションを求めた結果ですので、今からバスフライをする方は

 

理由のある太さであると、頼もしく感じていただければ、と思います。

このロッドには目指したロッドがあります。

 

Fenwick社のヴィンテージロッドでVoyaguer SF74-4 と言うトラベル用の

フライ&スピンロッドです。

 

ティップが柔らかく、スピニングロッドよりに振ったアクションであると決めつけて

おりました。

 

フライラインを通してみてビックリしました。素晴らしくいいのです。

頭をガツン!とやられた私は、このアクションを現代によみがえらせたいと

 

考えました。

Fenwickのロッドをそのまま再現させればいいのですが、私のロッドつくりは

 

基本的に自分が使うために行うのです。

オリジナルは7ftなのですが、6.6ftで仕上げました。

 

ルアーマンである私は、長いロッドは、イメージ的に違和感を持ってしまうのです。

重さとか、使いにくい、といった理由ではなく、短くしたいのですね。

 

ただ、短すぎると濡れたフライラインを水面から持ち上げることが出来ません。

6ftまで作って比べた結果、6.6ftが短くする限度であると判断しました。

 

フライ&スピンロッドというものは中途半端なアクションのロッドと思われがちですが

Fenwickさんは、常識を覆すロッドを作っていた時代があるのですね。

 

そういう先輩たちが見つけた結果を現代に楽しめるロッドがHipster1664Eなのです。

 

私に大きく影響を与えた雑誌です。

久しぶりに見ているのですが、本当にダサく、

いとおしい写真がいっぱいです。

 

 

Charlie Puth - Losing My Mind

diary | permalink | - | -

ぼくらにサケは早かった!

おそらく11年目(?)の手取川サケ釣り

今年もダメでした。

 

 

状況が悪いとは聞いていました。

しかし、釣り人は前向きに考えるものです。

 

投げ続ければ何とかなるだろう、と。

初日、80人参加に対して4匹。

 

今日、60人参加に対して2匹。

うち一匹はスレです。

 

 

水温が低くならず、サケの遡上が遅れているとか。

確かにいつもなら遡上するサケが数多く見ることが出来たのです。

 

今年は、1匹か2匹。見ることが出来ただけでした。

 

11年目?

 

何とかスプーンで釣りたかった私。

タコベイトをつけてもアクションに影響を与えない

 

装着方法を生み出し、持ち込みました。

確かに素晴らしいアクションを維持してくれました。

 

しかし、反応がないもので、アクションが良すぎると

サケが喰いにくいのではないか?と不安になったりして

 

すっきりしないまま、終わってしまいました。

手取川に通い始めて、はじめて1匹もキャッチできなかったのです。

 

初参加の太田さん。

心、折れたかな?

 

 

 

 

とはいえ私たちはトップウォータープラッガー、ボウズには

慣れている。

 

そうそうと見切りをつけ観光名所めぐり。

おっさんばかりでしたが、これはこれで楽しいもの。

 

今年も気持ちのいい慰安旅行となりました。

 

「サケ漁」 南相馬・新田川で最盛期

 

帰りのニュースを見ていると福島県でサケ、豊漁だとか。

今年は太平洋だったのですね!

 

John Denver - Sunshine On My Shoulders

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store