<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

本日、荷物の発送が出来なくなりました。

ヤマト急便の営業所が閉鎖となり、本日、

発送業務が出来なくなりました。

 

すべて明日の発送となります。

 

 

大阪は、すでにいつもの、あわただしい月曜日。

 

地下鉄は復旧したものの、高速道路が通行止めで、

渋滞がひどいですね。

 

とはいえ、私の足元はリールだらけ。

後ろ側はサンプルや、オールドロッドが山崩れの後のような・・。

 

決して振り返らないのだ!

 

BAGDAD CAFE Calling You by Jevetta Steele

diary | permalink | - | -

まぁ、大したことありませんわ!

朝からコーヒーをこぼしちゃって大変だったのですが、

心配なのはブライトリバーの事務所です。

 

トラックが通るだけで揺れる事務所ですからねぇ。

 

 

覚悟して入ったのですが、

最悪はまぬがれました。

 

棚が倒れていることが心配だったのです。

 

 

あとは、藪漕ぎをするのと一緒。

いま、椅子の周りはリールと倒れたロッドだけけですが、

 

さすがは、ブライトリバーのロッドです。

1本も折れておりません!

 

 

工房も手入れのされていない竹藪のように

なっていますが、時間さえかければ大丈夫でしょう。

 

ルアーを塗っていなくて幸いでした。

 

 

さて、かたずけは後にして、みやこう整骨院です。

明日からは、北海道ですからねぇ〜。

 

 

Neil Young Like A Hurricane

diary | permalink | - | -

もう消えますので・・

明日は仕事をしますが、19日から23日まで

事務所を留守にします。

 

山奥に入ってしまうため連絡は取れないと思われます。

メールへの回答、通信販売への対応も出来なくなります。

 

 

全ての対応は24日以降となります。

 

 

渓流用のグラスロッドを作りましたので

タップリとテストをしたいと思います。

 

 

もちろんトラウトグリップに取り付けて使います。

テンカラ師の方たちと一緒ですで、こっそり一番後ろで

 

投げまくるつもり。

 

 

LIVER F-50A DELUXEにカメラを向けると

光り方がいつもと違うんですね。

 

そう、本金メッキを使っているからですね。

ブライトリバーとして本金メッキを使うことは

 

なかったものですから、金の深い輝きは

新鮮です。

 

 

だからと言って、ブライトリバーから本金メッキの

商品が出てくるか、といえば、まず出てこないでしょうから

 

非常に貴重な機会でしょうね。

その意味でもF-50A Deluxeは特別なのです。

 

松下誠 september rain 

diary | permalink | - | -

F-50A Deluxe 発送しました。

10周年記念のデラックスリールを発送しました。

明日には、SHOPさんに並ぶはずです。

 

 

実物を見ることができるのか、わからないのですが、

チャンスがあれば見ていただきたいですね。

 

ここまで手間をかけたリールを作ることは難しいと

思います。

 

携わる全員を盛り上げて作るリールです。

これは、大変なパワーがいるのです。

 

 

キャトルボロンの予約数が生産数を上回ってしまいました。

メーカーとしての予約受け付けは終了しています。

 

SHOPさんの予約状況は、わかりませんが、興味のある方は

確保に動いてくださいね。

 

いつものことですが、私は売れると思っていなかったのです。

そういうものが売れるんですね。

 

 

 

キャトルの5.6ftバージョンが全種、在庫完備です。

 

いま、話題がキャトルボロンに持っていかれてしまって、

ノーマルなキャトルは影が薄い気がしてしまいますね。

 

目新しさはないかもしれませんが、使った時の嬉しさは、古くなりません。

私が言っても説得力がないかもしれませんが、使うたび、

 

いい竿だなぁ、と思うロッドです。

 

Mai Yamane - Tasogare - 1980

もっと、売れていい人だと思いますね。

 

diary | permalink | - | -

LIVER F-50A DELUXE debut!

ようやく画像を発表することが出来ました。

 

画像を発表する前に予約で完売してしまい、

嬉しいのですが、申し訳ない気持でもあったのです。

 

 

ブライトリバーが10年生き残ることが出来た、という

喜びを表現するリールです。

 

 

特別なものでありたいし、

贅を尽くしたものにしたかったのです。

 

 

だからと言って、これでもか!という

暑苦しさは、避けたかったのです。

 

 

結局は、いつものやりかた。

ブライトリバー工房で磨けるものは、精一杯磨き上げ、

 

五十鈴工業に送る。メッキ業者に送るという方法でした。

 

メッキは、私たちの知らないところで作業されるわけです。

だから、メッキに出す前に、出来るだけ、きれいな状態にしてから、

 

送るのです。すると作業する方もプレッシャーを感じるのでしょうね。

藤原君が何度か、メッキ工場に飛んでいきました。

 

 

金メッキも配慮を利かせています。

いまは、技術でアルミの上にも金メッキが出来るようになりましたが、

 

長年の仕様を考えた場合、真鍮との組み合わせが最も安心できる方法なのです。

だから、サイドカップはアルミ製ですが金のリング部分は真鍮で作り、アルミのサイドカップに

 

はめ込んでいるのです。

本金メッキは、やわらかく、いずれ薄くなっていくものです。

 

その経年変化を自然なものにしたい。

そのために合わせる素材にまで気を使いました。

 

ブライトリバーが20周年、30周年と節目を迎えたときにも

メモリアルなものとして存在しているものでありたいのですね。

 

やり過ぎた現場の力みが製品に出ないように努力しました。

手にした方は、一度でいいからリールを撫ぜてあげてください。

 

Angus & Julia Stone - Heart Beats Slow 

diary | permalink | - | -

ブランドは好き嫌いが作るもの。

6月19日から23日まで北海道なのです。

 

Freddie!

 

天龍の塩澤会長をリーダーにテンカラで

イワナを釣るのです。

 

もちろん、私もテンカラをするのです。

 

天龍会長釣行記

 

 

でも、ちょっとした隙間時間にルアーを

投げるんですね。

 

テンカラは、道具立てが決まってますから、道具選びで

力が入るのは当然、ルアーになります。

 

もう、5年ほど通っていると思うのですが、いろいろと

考え方が変わってきております。

 

 

ルアー釣りが好きな私。昨年までは、ミノーを引きまくっておりました。

ミノーの威力は爆発的で、ものすごく釣れるのです。

 

ブラックバスなら、1匹か、2匹で満足している私。

違和感があるのです。

 

ですので、今年はスプーンしか持っていかないことにしました。

次はタックルです。

 

ベイトを使おう、とナロースプールのFS-47Aを作りました。

 

 

ロッドはサトリで使っている製法で5ftの3ピースロッドを

作りました。グリップはKINEYAのトラウトグリップです。

 

今日、このタックルで実際にスプーンを投げてみましたが

3.7グラムの重量があれば、普通に投げられることがわかりました。

 

これなら北海道の渓流を攻めることが出来ます。

 

 

渓流に持っていくリールを作るために五十鈴工業から

使えそうなパーツを取り寄せました。

 

当社のリールに、五十鈴さんの軽量ルアーを投げるためのスプールなどを

組み合わせるのですが、どうも違和感がある。

 

機械としては、ぴったりとフィットして使えるのですよ。

でも、私の好き嫌いがこのままでは使えないなーと判断するのです。

 

誤解しないでほしいのですが、五十鈴さんは全く悪くない。

単に好みの問題なのです。

 

そして、これがブランドを作る、ということにつながるんだよな、と

勉強することになるのです。

 

質感の組み合わせ。色の組み合わせ。金属加工時における

エッジの取り方(デザイン)。

 

それらすべてがブランドが主張する個性になるのです。

私たちはリールのパーツでも、ブライトリバーの工房で

 

仕上げようとします。それは、自分の芸風で仕上げたいからです。

五十鈴工業さんに押し付けたくはないし、五十鈴さんのやり方に

 

文句もない。

ただ、わがままを通したいだけなんですね。

 

わがままを通すなら自分たちで加工するしかない、と考えるのです。

 

書いてめんどくさい人たちだなぁ、と思いますね。

ブライトリバーって、めんどくさい。

 

2018 QUATRE #2562、#2563、#2563Plus

 

ようやくキャトルの5.6ftのラインアップがそろいました。

2563T-KWSG仕様のみ明後日ぐらいに入荷するのですが、ほぼ

 

在庫がそろいました。

 

 

明日、LIVER F-50A DELUXEの画像を公開します。

 

キャトルボロンの問い合わせが続いております。

回答、遅れております。

 

いろいろな要望が来ておりまして、

何が何だか、わからない状況。

 

落ち着いてから回答したいと思っています。

 

Fast Car -  Jasmine Thompson

diary | permalink | - | -

eyespotがケーブルテレビに登場しました!

関西大学学生リポート「摂津ブランド取材後記」という番組が

J:COMというケーブルテレビで放送されました。

 

関西大学の学生さんがメインの番組だったのですが、紹介される

商品が当社のEYESPOTということで、私もちょっと出させていただきました。

 

EYESPOT

 

学生から見たブライトリバーという会社を

紹介してただいたのですが、驚きましたね。

 

よく理解いただいており、肯定的にとらえて

くださっている。

 

 

私は、ひねくれたところがありまして、自分がしていることは

自信があっても、ブライトリバーの商品を一般の人が目にしたり、

 

評価することはないと思っていました。

 

ガッ釣り33cm

 

ですので若い学生さんがブライトリバーの工房に

入ってきただけで驚きましたし、銘木を削っているところを

 

熱心に見ている姿を見て、さらに驚きました。

 

デイリーニュース〜北摂〜

 

テレビの収録中は、しゃべり過ぎないように

相当に頑張りました。

 

学生さんメインの番組なんだし、

ゾーンに入ると私、ヤバいですからね。

 

 

一般の方でもブライトリバーの商品に興味を持つことが

あるんだ!という発見は、これからの自分の活動に影響を与えそうな

 

気がします。

学生さんに教えていただきましたね。

 

眠りにつく前に / 崎山蒼志(13歳)

若いというだけで、羨ましく思うような

年齢になってしまった私がいます・・

これからは味わいで勝負!

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store