<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

自分のやってきたことを疑ってみる。

私のロッドつくりに大きく影響を与えたロッドは

吉田幸二さんが持っておられたフィリプソンでした。

 

はっきりとしたファーストテーパーであるのに、ペンシルベイトが動くし、

キャストも難しくない。

 

それまでは誰もが認めるスミスさんのFO-60やFenwickのFC-60や64が

いいな、と思っていたのです。

 

でも、みんながいいというので使っていた感じで、いいロッドなのは間違いないのですが

驚きを覚えるほどではなかったのです。

 

フィリプソンの素材が違うんだ、と考えた私は、その理由を追いともめ、ついには

アメリカのフィリプソンのファクトリーで働いていた人たちに会いに行くこともありました。

 

つまりは、反発力の弱いロッドこそ、トップウォーターロッドに適した素材である、と

考えたのです。

 

 

いまテストしているのは、高弾性のカーボン素材です。

私の関心がまったくなかった素材です。

 

昨年、ボロン素材とグラスファイバーの組み合わせで

いいロッドが出来上がりました。

 

実のところボロン素材も関心がなかったのです。

これはスポーツザウルスさんが、熱心に採用されていたので

 

私が使うこともないだろう、という理由でした。

しかし、スポーツザウルスさんが消滅し、お客様の関心も

 

高い素材であったので、テストをしてみると面白いところが

見えたのですね。

 

ボロン素材が使えなくなった今、次の展開として、高弾性カーボンと

グラスファイバーの組み合わせに挑戦しています。

 

この実験は実のところ、結構前からテストをしておりまして、いい感触を

得ているのですね。

 

前にも書きましたがロッドデザイナーはボロンを必要としていません。

その理由を知りたくて、ボロンロッドを作っている最中にもテストをしておりました。

 

これが面白いのですね。

ボロンの入ったものと高弾性カーボンの入ったもの。

 

どちらもアリ、なんですね。

振り比べると素材の性質が実によくわかる。

 

手にしたお客様はボロン派と高弾性カーボン派に分かれるでしょうね。

こういう結論の出ない議論は大好きでして、話のネタになるロッドを

 

作るのは喜びでもあるのです。

ラストボロンと同じラインナップを一気に出すのは難しいので、

 

2タイプほどを選んで発売していこうかな、と考えているところですね。

 

 

 

憂歌団 パチンコ

diary | permalink | - | -

キネヤさんのコネットシステムについて

キネヤさんのグリップのコネットは、ヘッドキャップの内側の

上端にセットするように作られています。

 

 

上の写真のようにヘッドキャップを下側にしても

コネットが落ちないようにセットしてください。

 

奥まで入れるとパチンとセットできます。

 

樹脂コネットでロッドフェルールをつかむシステムは

ロッドを差し込む際に、奥へ奥へという力が働き、

 

しばらく使わないでおくと、コネットの穴が狭い状態で

固まってしまうことがあります。

 

また、フェルールを差し込んで広げておけば使えるのですが、

その作業がいらないほうがいいのは確かです。

 

キネヤさんのシステムですとヘッドキャップを緩めれば、

コネットも抜けることになるため、奥へ差し込んでしまうことが

 

無くなるのです。

 

 

 

使わないときは、ヘッドキャップをいっぱいまで

締めこまないようにしてください。

 

上の写真が締めこんでしまった状態です。

5mm程度は、内側のネジが見える状態で保管してください。

 

キネヤさんのコネットは、非常に融通の利くシステムですから

ロッドフェルールが入らない、という状態にはなりにくいのですが、

 

ヘッドキャップをいっぱいまで締めこむということは、コネットの穴径が

最も細くなった状態で維持されることとなり、次に緩めようとしても、

 

緩みにくくなってしまうのです。

 

 

ロッドフェルールを差し込む際にはヘッドキャップの内側のネジが7~8mm程度

見る状態まで緩めてください。

 

するとフェルールがヌルっと入ります。

多少抵抗を感じても押し込めば入ります。

 

 

 

グリップをいろいろ取り換えて使える方が楽しいと考える

私たちは、グリップとロッドの接続方法を常に考えています。

 

理想は3本爪でつかむシステムです。

ただ、どうしてもヘッド部分を大きく作る必要がある。

 

バス用なら気にならない。

トラウト用だと細く軽く作りたい。

 

すると3本爪と違う方法を見つける必要がある。

おかげで樹脂コネットを採用になったのです。

 

Screw Head BKHやBrightcaster Gripに使用したコネットシステムは

橋本製作所の橋本君が開発しました。

 

REEL LOCK GRIPのシステムは藤原雄一と関西金属の本山君が考えたもの。

 

キネヤのトラウトグリップはキネヤの奥居代表が考えたものです。

 

お客様のメリットを考えた場合、コネットを統一した方がいいのは間違いないのです。

ただ、まだ一つに決めるより、いろいろ開発してみて評価を集めている段階です。

 

誰もやらない実験ですから、もう少し時間をかけて研究することによって普遍性を

もつシステムが出来上がればいいかな、と。

 

 

脳が壊れた (新潮新書)

プロの物書きが脳梗塞になり、

その苦しい状況を言葉にした本である。

リアルな日々が言葉になっているのだ。

面白くないはずがない。

私のオヤジも頭が壊れたことがある。

血がつながるなら私も可能性があるのだ。

 

あっぷるぱい カルピスソーダの夏

シュガーベイブへのあこがれがこの曲を作らせたようです。

以前のスタイルも現代の人が演奏することによって

新しさを感じさせることができるんですね。

CDを1枚だけ発表して卒業していった学生バンドの名作だと思います。

diary | permalink | - | -

関西にも紅葉が来ました。

車検のため、釣りに行けない。

奥さんも休みを合わせてくれて、

 

早いかもしれないけれど紅葉を見に行くことにした。

 

 

私の傾向として人が少ないところ、マイナーな

場所に行きたがるのだ。

 

世間を知らない私。

兵庫県丹波市の高源寺と聞いてマイナーな

 

場所だと喜んだ。

 

 

現地はマイナーではなかった。

観光バスが次々と訪れ、高齢者の皆様が

 

これまた次々と降りてくる。

 

 

とはいえ、高源寺の静謐なイメージは壊されることなく

紅葉を楽しむことができたのです。

 

なにより苔と石垣の配分が素晴らしく、また、

石と石の間にコンクリートが入り込んでいない。

 

 

建物の配置が見事で、その途中の空間が広くとられ、

山の中であるのに視線を遠くに伸ばすことができる。

 

目線を上げれば太陽の光が紅葉を照らしていて、

日本人でよかった、と思うのですね。

 

 

全く期待してなかっただけに堪能できたのかも

しれません。

 

釣りのほうがいい、と言いたいところですが、

紅葉もいいもんですね。

 

Naoko Gushima (具島直子) - 12月の街

ちょっと早いですね。

でも、すぐですよね。

diary | permalink | - | -

なにかの啓示だろうか?

ヴィンテージロッドの、使えそうなブランクがあれば

買いまくる私ですが今日、届いた荷物は全く記憶のないものでした。

 

プラスティックの筒から見た感じは細かったので、

グラスのトラウトロッドだと思ったのです。

 

もっと引き出すと、とても太いバットが現れました。

 

 

ブランクにシールが貼られていました。

Fenwick CA-623FB。

 

どこかで見た感じのブランクだな、と。

古いカタログで調べるとFC-60のブランクでした。

 

 

昔、ずいぶんとあこがれたロッドです。

この偶然は、私にこのロッドを作れ、という啓示でしょうか?

 

作る場合、悩ましい問題が出てきます。

オリジナルのままのアクションを再現させるのか、

 

修正したものにするのか?ということ。

当時のガイドは富士工業の鉄塔ガイドです。

 

いま、このガイドがないので新しいものにするとして絶対的に軽くなります。

軽いガイドを取り付けた場合、ロッドは硬く感じるようになります。

 

FenwickのFC-60は、テーパーデザインの関係だと思うのですが、ジョイント下で

折れることがあるのです。

 

その部分を補強してしまうとアクションが違ってしまう。

根本的なことを言ってしまうと、この柔らな6ftモデルを欲しがる

 

お客様がいるのか?

 

やはり、自分用に数本だけ作るか。

 

 

ブルー

 

主にサトリ用として開発したUDグラスと4軸カーボンを

組み合わせたブランクに色を塗ってみました。

 

ピンク

 

グラスファイバーというのはガラスを原料としています。

だから透明感が出るんですね。

 

そこに透明感のある色をのせると、きれいなんですね。

太陽の光にかざしたら見とれるほど美しいのです。

 

グリーン

 

もともとの白いグラスと黒い網目状の4軸カーボンの組み合わせが

きれいでだから、そのままの状態でロッドに仕上げていました。

 

そろそろ色展開を考えてもいいかな、と試作してみました。

具体的な使い道を考えているわけではありません。

 

でも、サンプルがあればアイデアは広がっていくのです。

楽しくなってきますね。

 

Esther Phillips - The Man Ain't Ready 

かわいい、とはストレートに言えない方ですが

歌はすごいのです。

録音技術が未熟であったころは、こういう硬い声が

求められたようですが、彼女の長いキャリアを考えた時、

そういう影響もあったのかもしれません。

やっている音楽が、渋すぎるところがあるので日本で

人気が出るとは思えませんが、私は大好きなのですね。

diary | permalink | - | -

ストレートすぎると面白くないのよね。

ラグビーのワールドカップで、にわかファンに

なった私。

 

しかし、おかしなスポーツです。

ボールが丸くない。

 

前に攻めるのにボールは前へ投げてはいけない。

何と不自由な!

 

でも、みんなが同じルールを戦うから面白い。

見ている方も燃えるのです。

 

寒くなってもフレディー!

 

私たちが楽しむトップウォーターも同じこと。

釣ろうと思えば小さなトップウォータープラグを使えばいいし、

 

大手メーカーの出すプラグなんて相当に釣らしてくれるはずなのだ。

でも、そっちへは行かない。

 

誰でも釣れるなんて嫌じゃないですか。

自分がこだわって釣るのが面白い。

 

釣れないと言われたルアーで釣るのがいい。

人と違ったルアーで釣りたい。

 

寒いからもう釣れないでしょ?

なんて言われると俄然、釣ってみたくなる。

 

自分を一番盛り上げるのがトップウォーターの釣りなんだな。

 

サムレスト 

 

ポリッシュフィニッシュのサムレストが在庫切れとなっております。

あるんですよ。

 

磨けばある。

北井部員が必死に磨いております。

 

明日には在庫補充が完了しているはずです。

サムレストはなくてもいいアイテムですが取り付けた人は

 

必ず良さに気がつく商品なんですね。

 

Satori1604-2 テストサンプル

 

サトリ1604の2ピースバージョンを発売します。

1本だけね。

 

 

もう送料が馬鹿にならないのです。

今日も、大阪府内に送るのに2500円ほどかかりました。

 

サトリの1ピースだと、ヤマト便という引っ越し便扱いに

なってしまい、送料が一気に高くなる。

 

この前は天龍さんに7ftのブランクを送って5000円!

無視できないレベルになっているのです。

 

 

サトリ1604は発売し続けたいロッドなのです。

だからワン&ハーフ デザインの2ピースにして2本作ってみたのです。

 

1本は私用ですから発売できるのは1本だけ。

 

このロッドはボロンも入っていないし、4軸カーボンも入っていない。

Sグラス100%だけで作られています。

 

そのSグラスの特性を100%以上に引き出すテーパーデザインを

何度も何度も修正して見つけ出したロッドなのです。

 

まぁ、控えめに言っても私にしか作れないロッドでしょう。

タフで、融通が利いて、かけた魚をばらさない使えるやつです。

 

重い、と言われればそれまでですから使うのをあきらめていただいて、

その先を見たい方のための特別なトップウォーターロッドなのです。

 

憂歌団 パチンコ

若いときにしか出来ないことがある。

みんな後から気がつくんですよね。

diary | permalink | - | -

遊んでいます。

ゲドさんがフロッグスキンカラーのウィーグリーで

釣ってくれました。

 

 

このカラー、カエル柄の一種なんですが、一歩、

進んでいます。

 

塗装をあえて立体的に塗り(凸凹させています)、カエル特有の柄模様を

よりリアルに感じられるようにしています。

 

写真のような色ではないのですが、リアルな感じがするのです。

柔らかくないのに、カエルの柔らかさを感じてしまう。

 

藤原雄一が開発した非常にユニークな仕上げ方法なのです。

 

KENCOR MOD SP56-2V Brightliverバージョン

 

私の願いというか、志向なのですが、

トラウトはヴィンテージのにおいがする釣り道具で

 

釣ってほしいのです。

バスマンだから逆に思うのかもしれないのですが、

 

アブラびれのある魚は特別なのです。

 

 

特別な魚は特別なタックルで釣ってほしい。

特別とは時間の風化に耐える力を持った釣り道具、

 

または耐えてきた釣り道具と考えます。

私が提供できるのは新しいけれどヴィンテージフィーリングを

 

感じる釣り道具を作ること。

 

 

今回、3本だけケンコーのグラスロッドを作ってみました。

5.6ftで2ピースのもの。

 

ブランクは20年ほど前の天龍さんのオリジナルブランクです。

さすがに塗装がちょっとやつれていますが、未使用のブランクは

 

使うのには全く問題がありません。

当時のデーターとしては

 

ルアーウェイト:1~14グラム

ライン:2~10ポンド

 

100%のグラスファイバーロッドです。

 

昔のガルシアロッドによくあったアクションで、バットしっかり。

ティップ・ペナペナというもの。

 

このアクションはグラスファイバーロッドでしか実現できない

ものですね。

 

ワイヤーガイドもケンコーグラスロッドを作る際に天龍さんが作ったもの。

デッドストックのものを買い占めました。日本製。

 

今回はトップガイドのみ富士工業のSICガイドを使用しました。

リールシートはブライトリバーのスケルトンシート。

 

コルクはストレートシェイプでジュラコン製のヘッドキャップとバットキャップを

取り付けました。

 

この仕様で税抜き¥30,000円。

 

気が向いたらプラグ作り

私が釣り業界に入ったころの仕事はルアーつくりでした。

全く知識もなく作ることになり悩みました。

当時はインターネットもなく、作り方を調べようにも

情報が少ない時代だったのです。

知り合いを通じて見つけたのがこの本です。

何度も何度も読み返しました。

プラグの作り方も勉強になりましたが、各種プラグに対する

考え方に影響を受けました。

第二弾を期待していますが、さすがに難しいのかな?

羽鳥さんの文章が好きなのですね。

読むだけでイメージが浮かび上がってくる。

自分が水に浮かんで釣りをしているような気がしてくるのです。

もっと、読みたいなぁ。

 

Your Flow My Flow · Sakura

1990年代後半にJ-R&Bディーヴァ・ブームが起こります。

MISIAさんもこのくくりに入るのかな?

私はこのSAKURAさんが合うのですね。

なぜなのだろう?

ちなみにこの曲のギターはCharが弾いております。

 

diary | permalink | - | -

エサ釣りは簡単だと思っていました!

ついつい、エサなら簡単に釣れるよね。

ワームならだれでも釣れるよね、と

 

思ってしまうところがあります。

 

 

ご存知ですよね。

そんなことはないのです。

 

初めてのフカセ釣り。

エサのエビを針につけるところから

 

教えていただきます。

 

 

ゆっくり潮に乗せて流していけば

すぐに釣れるから、と言われて、4時間。

 

なんにも釣れません。

 

 

流しても流してもエサを取られるだけ。

アタリがわかりません。

 

先輩に聞いて聞いて試して試すのですが、うまくいきません。

 

先輩は真横ででっかいブリを釣り、スズキを釣り、

キビレを釣り、イシダイまで釣ってご機嫌です。

 

すみません、エサ釣りは簡単だと思っていました。

大いに反省します、という気持ちで流していると

 

小さなイシガキダイがかかってくれました。

 

峰丸さんです。

 

今回の釣りは峰丸さんにお世話になりました。

わからないこは船長さんに聞くのが一番ですね。

 

大変に勉強になりました。

 

 

半日ほどの釣りだったのですが、試行錯誤しながら

成長していく自分が感じられるのは楽しい経験でした。

 

最後の方ではアタリもようやくわかるようになり、

アタリがあっても待つ感覚を覚えました。

 

また忘れてしまうのでしょうが、今日一日

頑張って成長したことは覚えていようと思います。

 

 

エビをもらおうとカモメが寄ってきます。

楽を覚えたらアカンよ、と言いつつ

 

エビを与えてしまう私。

アキマセンね。

 

先輩より訂正指示がありました。

 

フカセ釣りではなく、「胴突ウタセ真鯛釣り」

いう釣り方だとのことです。

 

 

かもめはかもめ 畠山美由紀

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store