<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

新しいフックは、ケンケン針を参考にしたものです。

20年以上前のことです。

高知県の海岸沿いを歩いていました。

 

オリジナルの釣り針を作りたかったのです。

釣り針と言えば兵庫県の東条が有名ですが、

 

歴史を調べると、土佐(高知)の技術を参考にした、という

記述があったのです。

 

調子、上がってきました!

 

さらに土佐は本職用の釣り針を作っている

イメージがありました。

 

漁師さん用

 

高知県の釣具屋さんにはいると、大阪では見たこともない

釣り針が並んでいます。

 

とくに目を引いたのがケンケン針でした。

Wフックやんけ!と叫んだほど。

 

漁師さん用ケンケン針。

 

しかし、シャンクは短いし、針金が太すぎる。

ちょっと変えればオリジナルになるやん、と考えたのです。

 

インターネットも発達していない時代、ぶっつけで高知県まで来たものの、

どこに行けばいいかわからない。

 

ようやく、それらしいところを見つけて飛び込んだのですが、

「兄ちゃん、楽しみやろ」と相手にしてもらえない。

 

通うには遠すぎるし、兵庫県で釣り針メーカーを飛び込みまくる作戦に変えたのでした。

私のルアーつくりは、ヘドンのヴィンテージルアーをべースに始まりました。

 

ヘドンにはマスタッドがついており、そのカッコよさに惹かれていましたので、

マスタッドをベースにWフックを開発してきました。

 

Wフックの開き加減が比較的、広いタイプを長く作ってきました。

同時にいつかは、土佐でみたケンケン針をやってみたい、という気持ちがあったのです。

 

 

今回、新しいフック作りの担当を譲ってもらったのです(藤原君からです)。

最後のチャンスかもしれないと、夢のケンケン針に挑戦することにしました。

 

Wフックの開き角度が狭いタイプですね。

日本のフィールドが作り上げたフック形状を踏襲しながら、針金を細くし(2Xストロング程度)、

 

ロングシャンクに調整しました。

 

 

2本のフックがバイトしてきた口にぐさりと刺さります。

バラシが減るのですね。

 

20年前には門前払いされた名門釣り針ファクトリーに製作を

お願いしました。

 

日本より海外で有名なメーカーですが、その針先の鋭さ、耐久性の高さで

釣り人の応援を受け続けてきたファクトリーです。

 

このファクトリーでオリジナルフックを作ることが夢でした。

息子さんの世代になっており、近くに私の親戚が住んでいたので紹介してもらうことで

 

つながりを作りました。

いわば、ノーズマウスセカンドが生まれるまで20年以上の歳月がかかっているわけです。

 

針なんて、大手メーカーのものが一番いいんじゃないの、という方が

多数意見なのかもしれません。

 

私たちのものつくりは、その時点での最高のものをお客様にお届けしたい、というもの。

フックだけ、知らない人が考えたものを取り付けるわけにはいかないのです。

 

正しいかどうかは、いずれお客さまによって判断されるものでしょう。

ただ、私は自分たちで考えた仮説をファクトリーにぶつけ、ファクトリーの

 

経験も受け入れながら新しいものを作っていきたい。

 

これまで開き角度の広いものを販売してきました。

狭くして大丈夫か?という葛藤は大きなものでした。

 

しかし、ファクトリーの方からのアドバイスやビルダー仲間からの意見なども

集約し、新たな挑戦することにしたのです。

 

藤原君に新しいパッケージデザインをしてもらいました。

いま、印刷中です。

 

そのパッケージ素材がそろった時点で発売です。

 

次のルアー発売時には新しいフックが取り付けられることになります。

 

 

Boz Scaggs - Freedom For The Stallion

彼はギタリストなんですね。

歌のほうが評価されるようになったのですが、

それば残念なことではなく、いいことだと思いますね。

diary | permalink | - | -

ロッド在庫が完備されています。

いま、ロッドの巻き作業をお願いしている女性チームが

本当によく働いてくださるのです。

 

おかげで在庫切れしていたロッドがどんどんと

在庫アリとなってります。

 

在庫といっても大した数ではないのですが、小さな会社です。

適正在庫かもしれません。

 

Satori Model 3603

 

サトリの歴史の中で、もっとも個性的なモデルです。

ティップ(竿先部分)をあえて重くしています。

 

このロッドでしか実現できないアクションを求めてのことです。

ルアーの頭をその場で抑え込むようなアクションをさせたいのです。

 

パン、と頭をたたいて、あとはテンションフリーにする。

6ftのグラスロッドですから、古臭いイメージを持たれるかもしれません。

 

しかし、サトリは一番尖った部分を狙うロッドでもあるのです。

ロッドケースが間に合っておらず、後からお届けする形になるかもしれません。

 

 

QUATRE #2562、#2563,#2563plus ホワイトロゴ

キャトルの5.6ft。5.4ft。

5.2ftと全モデルの在庫がそろいました。

 

キャトルは最先端の素材を使いながら税込み4万円以内で

お届けしようと開発したロッドです。

 

業界でも珍しいロッド全体を4軸カーボンで覆うという構造を

取りながら(硬くなりがちな構造です)繊細なアクションを実現しました。

 

誰でも安心して使える汎用性の高さが魅了です。

 

The Chambo #2562

 

私はトップウォーター・オンリーになる前は

G・Loomisのロッドを使い込んでいました。

 

久しぶりに持ち出し、トップウォータープラグを投げると

使いやすかったのです。ファーストテーパーでも大丈夫なんだ、という

 

驚きをもちながら開発をすすめました。

サンプルを作りながら、どんどん先調子に調整していきました。

 

トップウォーターはスローテーパーというイメージを覆す1本です。

驚きを感じながら使っていただけると嬉しいですね。

 

Passport #2572 BLガイド仕様

 

1本だけ残っていました。

シルバーフェルールモデルです。

 

ワンピースにくらべ、ジョイントのあるロッドは

弱くなる、という常識を変えたくなって作ったロッドです。

 

1回だけ作るつもりでした。

お客様の応援を受け、何度、増産したでしょう?

 

本当にありがたいロッドなのです。

 

淳子のてっぺん

著者は唯川 恵さんです。

彼女を若い女性向けの恋愛小説を書く人、と

決めつけていました。よって読む必要のない人だと。

読み始めて驚いたのは文章がうまい、ということ。

普段、そんな風に思いながらよくことはないのですが

とにかく引き込まれます。

ストーリーはシンプルなもので地味ともいえるのですが、

読んでしまえるのですね。

知らずにいたことを悔いる作家さんに出会ってしまいました。

他の作品も読む必要が出てしまいましたね。

 

Rick Bowles - Fool Again

ロバート・バーンが全面協力したアルバムとのことで、

確かに彼の作風がプンプンとしています。

バーン&バーンズが大好きな私としては非常に好ましい

アルバムの中の1曲なのですね。

diary | permalink | - | -

断捨離を始めてみようと・・・

断捨離という言葉は関係のないもの、と

考えてきました。

 

何度もお話してきましたが、テストサンプルロッドが

山ほどあるのです。

 

Brightcaster Stick #1505

 

気に入らないから製品化しないのですが、

いいのに売らなかったものもたくさんあるのです。

 

いまですら、一つのブランドとしては種類が多すぎると

感じています。

 

お客さんが迷ってしまう。

だからいいロッドが生まれたとしても簡単には発売まで

 

行かないものがあるのです。

たっぷりとね。

 

 

私はすぐに忘れてしまうので、もったいないなぁ、と

思いました。

 

断捨離と称して売ってしまおうと。

 

 

1本しかないものばかりですが、

楽しんでくださる方が現れるといいなぁ、と。

 

時間を見つけて少しずつ紹介していくつもりです。

 

Brightcasterstick1505の商品解説は、↓こんな感じ。

 

かつて一世を風靡したスピードスティックのモデル6-16を
カットし、アクション調整したものである。

当時の素材はフェノールグラスであったが現代では、作られておらず。
近い性質のEグラスを使用して作り上げた1本である。

6ftでは硬すぎると感じるアクションも5ftになると
使えるのですね。

1oz程度のルアーをつけて、気軽に振り回せる
ロッドに仕上がっております。

 

 

リールロックグリップのパーツも長く保有してきました。

もちろん作るつもりでパーツを集めていました。

 

しかし、当社はブラックバスのルアーメーカーです。

優先順位が後回しになってしまうのですね。

 

 

でも、当社が作らないと世間にこういうグリップは

出てこないでしょう。

 

ルアーフィッシングの世界にリールロックグリップのような

モノがあったほうが楽しくなると思うのです。

 

今回は黒いモデルも出すつもり。

いつ出せるかなぁ?

 

作業は続けています。

 

 

Mr. Tambourine Man (Live at the Newport Folk Festival. 1964)

珍しい映像です。

彼がまだ歴史的人物と判断されていなかったころの

ものなのでしょう。

周辺の人たちの無関心ぶりが面白いですね。

のちに彼がノーベル賞に選ばれるなんて、だれも、

彼自身も考えられなかったころです。

diary | permalink | - | -

ご注意を!防水バッグは沈みます。

昨日の話になります。

定休日、何もしないつもりでした。

 

朝、目が覚めてしまいました。

車を淀川の上流部に走らせます。

 

現場で驚きました。

見たことがないほどの水量です。

 

カヤックは出しやすかったのですが、一瞬でも気を抜けば

一気に流されます。

 

2時間ほど漕ぎあがったころ、上流から二人のお客さんが

おりてきました。

 

 

お互い釣れてないだけに話がはずみます。

結構な時間をすごしたあと、別れたのです。

 

流されないため、植物をつかんでいたのですが、

離れる時、モスバッグに当たったのでしょう。

 

モスバッグが川に落ちました。

3人が何とかしなければとパドルでモスバッグを

 

ひっかけようとするのですが、冷静に見ればたたいているだけ。

モスバッグはどんどん沈んでいきます。

 

なるほど防水性のあるバッグは、入った水も出してくれないのですね。

 

moss bag

 

ターポリン素材のモスバッグは、相当に気に入っております。

カヤックで釣りをするときは必ず持っていきます。

 

単純に強いし、たっぷり入るし、街でも大丈夫なほど

おしゃればデザインですからね。

 

ものをたっぷり持って行ってしまう傾向の強い私は、

モスバッグに入るだけの荷物にする、という制限をかけて

 

シンプルな道具の釣りを心がけています。

 

 

どんどんモノが増えているブライトリバー事務所です。

なんだろう?とパッケージを開けるとキャトルのブランクが

 

いろいろと出てきました。

まとまった数はなくて、2562が6本、2523が4本といった感じ。

 

これはカスタム製作を受け付けようと考えています。

そんな時間が取れるのかは不安ですが、どうせいつもバタバタしていますからね。

 

スレッドは変えられませんがガイドやフェルールは選んでいただける状況を

整えるつもり。

 

 

日本盛さんから日本酒がいっぱい届きました。

モンベルさんの展示会でお会いした方からです。

 

「ご笑納ください」と。

送り状を見れば、社長室とあります。

 

名刺を取り出してみると課長さんですが、確かに

社長室とあります。

 

なるほど、真剣なんですね。

日本酒も楽しむ人が減っていると聞いています。

 

何もしないわけにはいかないですもんね。

私が提案したパウチ包装に入ったゼリータイプの日本酒も

 

検討していただきたいものです。

山奥で飲んだ後のゴミ処理を考えればパウチ包装が

 

望ましいです。

ま、会議は荒れるでしょうけど。

 

ノーズマウスセカンド

 

アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る

衝撃の内容です。

文字を追うたび、のけぞってしまいます。

冷や汗が出るというか・・・。

中国はまだまだ、と思いたい人はたくさんいるでしょう。

しかし、日本は取り残されつつあるのではないか?

知らないほうがいい?

知ったほうがいい?

まず、日本人は概念を変えなければならないようです。

 

Ornella Vanoni - L'appuntamento

diary | permalink | - | -

閉じたヒートンを開くには?

みんなが帰ってからラリーチョッパーのフックを

交換しようとしてパニックになった。

 

お腹のフックは簡単だ。

問題はリアフック。

 

ステンレス素材のヒートンは硬く、どうやっても開きそうにない。

結局、新しいヒートンを使うことになった。

 

フジ矢 電工名人強力ニッパ (VA線切断) 175mm 刃部鏡面仕上げで切れ味抜群 770-175

 

藤原君にどうしているのか聞いてみた。

ニッパーを使うのだとか。

 

そこまで聞いて思い出した。

私がルアービルダーであったころ、確かに

 

ニッパーを使っていた。

閉じたヒートンをよく見ると、わずかな隙間がある。

 

 

その隙間をニッパーで挟むようにして、ニッパーが閉じた状態で

起こすように動かすのだ。

 

 

作業は丁寧に行ってください。

無理に動かすとウッドボディーが割れたり、ヒビが

 

入ってしまいます。

 

 

 

今朝も釣りに行ってしまった。

新しいフックをテストするのだ、という

 

言い訳はあるのだけど、単に釣りをしたいだけ

かもしれない。

 

小さなバスを1匹釣って、まぁ、このへんに

しといたろ!と帰ろうとしたら足元に

 

アリ地獄の巣が3つも出来ていた。

 

 

まさしくアリが這い上がろうとしていた。

クリアできそうなことろで落ちてしまう。

 

何度もチャレンジするのだけれど落ちてしまう。

応援しながら自分を見ているような気がしてきた。

 

Lástima - María Cristina Plata

どこでも見ることが出来るクラッシックギターであるが、

地域が変わるとサウンドが変わるんですね。

面白いなぁ。

diary | permalink | - | -

よく刺さっています。

やばいですね〜。

昨日と同じ淀川です。

 

 

新しいフック、ノーズマウスセカンドを

使ってもらっているのですが、そんなことより

 

とにかく楽しそう。

 

 

連日、50アップが出ています。

 

 

でっかいバスは広島でも

釣ってくださいました。

 

 

デカいバスの写真が私の心に

グサリ、と刺さりました。

 

明日、釣りに行こうかなぁ〜。

 

淀川ブラック ヘクター&ラリーチョッパー

 

淀川ブラックが調子いいので、ヘクターと

ラリーチョッパーを少しだけ発売します。

 

買い逃した方、チャンスです。

 

Que Bonito / Nina Diaz (Acustico)

夏になると南のほうの音楽がいい感じに

なってきますね。

diary | permalink | - | -

私は、floating peopleかもしれない。

昨夜から落ち着かない。

 

デカいバスの写真を見せられて、

じっとしているほど我慢強くはないのだ。

 

 

淀川は、うそのように水が増えていた。

カヤックを浮かべると気持ちが落ち着く。

 

水上生活者じゃないけど、自分はフローティングピープルだと思う。

浮かべば嬉しいのだ。

 

カヤックの上でルアーにラインを結び、日焼け止めクリームを塗り、

朝食を食べる。

 

 

期待が強すぎたのか、バイトがない。

状況は、とてもいい。

 

ルアーが合わないのか、私が下手なのか?

出来ることは投げ続けるだけ。

 

 

垂直に伸びる鉄骨に水が当たって変化が

出来ている。

 

HECTORを少し上流側に落とし、プロペラを5回ほど

回した時、水柱が立った。

 

新しいフックは、がっちりとかかっている。

3回ジャンプしてネットに収まった。

 

写真を撮りインスタグラムにアップした後、

サイズを測ると50僂鯆兇┐討い拭

 

 

ようやく冷静になった。

仕事をしなければ、と下り始めた。

 

沖に伸びる倒木があって、根元にラリーチョッパーを投げた。

倒木の横をなぞるように引いてきて先端まで来たとき、ルアーが

 

ひったくられた。

さっきのバスより引く。

 

ランディングすると40センチ半ばぐらい。

フックは、しっかりとかかっている。

 

もうそれだけで満足である。

知り合いから電話があって、昨日釣れたのは、もっと上流だという。

 

同時に太田さんが上流から下っているという情報を得た。

大きなバスは太田さんに釣ってもらおう。

 

私の釣りを終えることにした。

 

Eyespot Plolish Finish 黒トラ(メイプル)

1本だけ。

 

Wayne Henderson dancin love affair

ジャズのトロボーンプレイヤーである彼であるが、

ダンスミュージックも演奏しちゃうんですね。

私は彼の軽さがいいと思っていまして、

大好きなんですが、CD音源が少ないのです。

再版してほしいなぁ。すぐに買いますから。

diary | permalink | - | -
home dealers blog products fish gallery online store